新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ダイハツ、新型軽乗用車「キャスト」を発売 ~世界観が異なる3つのバリエーションを同時開発~ / navi

クルマニュース

ダイハツ、新型軽乗用車「キャスト」を発売 ~世界観が異なる3つのバリエーションを同時開発~ / navi

(2015/09/17)

キャスト アクティバ G“SAⅡ”
キャスト スタイル G“SAⅡ”
キャスト スポーツ “SAⅡ” ※1



ダイハツ工業(株)は、新型軽乗用車「キャスト」を、9月9日(水)から全国一斉に発売※1する。

「CAST(キャスト)※2」は、個性を重視するユーザーニーズに対応すべく、「生活を彩る自分仕様の軽自動車」をコンセプトに開発し、愛着が湧く普遍的な魅力を持ったデザインと高い質感を両立したクルマとした。さらに、多様化するユーザーニーズに応えられる「アクティバ」「スタイル」「スポーツ」の3つのバリエーションを同時に開発することで、お求めやすい価格を実現した。

キャストの主な特長は、以下の通り
1.愛着が湧く普遍的な魅力を持ったデザインと高い質感
2.世界観が全く異なる3つのバリエーション
3.操縦安定性の良さや30km/L の低燃費を実現した高い基本性能

※1:キャスト スポーツは2015年10月末発売予定。最終仕様とは一部異なる場合がございます。
※2:配役(キャスト)から、「乗る人のライフスタイルを彩るキャストの一員」との思いを込めた。

*車両概要*

1.愛着が湧く普遍的な魅力を持ったデザインと高い質感

◇立体的な造形と上質さにこだわったエクステリア

・「ずっと乗り続けたい」「愛着が湧く」を追求することで、普遍的な魅力を持ったデザインを実現
・丸みのある豊かな面質のボディ断面で上質さを表現
・コンパクトなキャビンと丸みのあるドア断面で存在感を、水平基調によるサイドシルエットで凛としたたたずまいを表現
・安定感を与える台形フォルムを採用
・ダイハツ独自技術のDラッピングは「カーボン調/ブラック」に加え、新たに開発した「クリスタル調/ホワイト」をルーフ/ルーフサイド/スポイラーに採用。「デザインフィルムトップ」としてメーカーオプションで設定※3
・エクステリアの魅力を一層引き立てるシルバールーフレールをメーカーオプションで採用※4
※3:バリエーションによって選択可能なカラーが異なる
※4:2015年10月より選択可能

◇ひと手間加えた質感と機能美を両立したインテリア

・キャスト アクティバ/キャスト スポーツのインテリアは各乗員を囲み、パーソナル感を強調するインパネデザインを採用
・キャスト スタイルは室内全体を囲み、落ち着きのある水平基調のインパネデザイン

2.世界観が全く異なる3つのバリエーション

「キャスト アクティバ」
◇力強さと立体感のあるクロスオーバーテイストなエクステリア

・車両の下回りをプロテクトする力強い印象の樹脂ガーニッシュや、アクティブな印象の大径タイヤ(165/60R15)を採用
・ガンメタリック塗装のロアボディやサイドドアモール、専用グリルなどでアクティブさの中に上質感を付与

キャスト アクティバ


◇雪道でも安心の最低地上高180mmを実現

・クロスオーバーテイストのデザインに加え、大径タイヤの採用やサスペンションの変更などにより、最低地上高を他の2つのバリエーションに比べ、30mm高い180mm※5とすることで、雪道や山道での走破性を向上
・アクティバ専用装備のグリップサポート制御やDAC(ダウンヒルアシストコントロール)制御を4WD車に標準装備
「グリップサポート制御」
ぬかるみなどの滑りやすい路面でタイヤが空転した場合に作動し、空転した車輪に制動力、グリップ側の車輪に駆動力を与え、発進をサポート
「DAC制御」
滑りやすい下り坂などで、ドライバーがブレーキ操作をしなくても一定の車速を維持。フットブレーキによるタイヤのロックを防ぎ、安定した降板を実現
※5:4WD車の最低地上高は、175mm

◇黒基調のスポーティなインテリア

・黒を基調にしたインテリアに、アクティブな形状のインパネ加飾を施し上質感を表現
・オープントレイを採用したインパネデザインでスポーティさを付与
・光沢感のあるシルバーの生地と、スエード調の生地を組み合わせたフルファブリックシートを採用

◇多彩な内外装のカラーバリエーション

・カラーバリエーションは、新色のスプラッシュブルーメタリックとフレッシュグリーンメタリックやデザインフィルムトップ(クリスタル調/ホワイト)※6を採用した2トーンカラーを含む全13色
・内装色はアクセントカラー(シルバー)をベースとしながら、アクセントカラー(ブルー)※6やアクセントカラー(オレンジ)※6など3色を設定※7
・プライムインテリア(ブラック)※6は、レザー調シート表皮(ブラック/レッドステッチ)とレザー調ドアトリム(ブラック)を採用した高級感の漂うブラックインテリア

「キャスト スタイル」
◇ディテールにこだわった都会的なテイストのエクステリア

・バンパーモール(フロント/リヤ)やサイドロッカーモールに効果的にメッキ加飾を施すことで、都会的な上質感を演出
・台形フォルムのフロントグリルや15インチタイヤの採用で重心の低さをイメージさせ、安定感のある走りを表現

キャスト スタイル


◇質感の高い空間を演出したインテリア

・落ち着き感と安心感を与える水平基調のインパネ加飾と黒とベージュの2トーンカラーを基調とした内装色によりハイセンス&エレガントなインテリアを表現
・フタ付のインパネトレイを採用し、上質感と落ち着きを付与
・室内が華やぐ、こだわり抜いたスエード調の明るい生地を重ね合わせた、肌触りの良いフルファブリックシートを採用

◇多彩な内外装カラーバリエーション

・デザインフィルムトップ(クリスタル調/ホワイト)※6を採用した2トーンカラーを含め、全13色の多彩なカラーバリエーション
・内装色はアクセントカラー(シルバー)をベースとしながら、アクセントカラー(バーガンディ)※6やアクセントカラー(ライトブラウン)※6など3色を設定※7
・プライムインテリア(ホワイト)※6は、ホワイトのインパネガーニッシュやレザー調シート表皮が印象的なホワイトインテリア
・シックな印象を演出できる黒基調にシルバー加飾を施したブラックインテリアパック※6も選択可能

※6:メーカーオプション。グレードによって選択可能なオプションに違いがあり
※7:一部カラーの組み合わせで選択不可な組み合わせもあり

「キャスト スポーツ」(2015年10月末発売予定。数値は全て社内測定値)

◇コペンで培った技術を採用した
スポーツ専用サスペンションチューニング

・コイルスプリング(フロント/リヤ)のばね定数やショックアブソーバー(フロント/リヤ)の減衰力の最適チューニング※8により、高い操縦安定性を実現
・7速マニュアルモードのパドルシフトを搭載したMOMO製革巻ステアリングホイール(レッドステッチ・メッキオーナメント・シルバー加飾付)を採用し、スムーズなシフトチェンジとスポーティなドライビングフィールを実現
・16インチタイヤの採用※8で、操縦安定性の向上とともに、ダイレクトな操舵感を実現
・メーカーオプションでは、16インチハイグリップタイヤを選択可能
※8:2WD車のみ

キャスト スポーツ


◇専用アイテムを施したスポーティテイスト

・レッドピンストライプ付エアロバンパー(フロント/リヤ)やスポーツ専用エンブレム(グリル)などの専用パーツを採用し、走りへの期待感を醸成
・先進感があり、常時点灯のフロントLEDイルミネーションランプ(オールデイ)を採用し、走りと都会的で精悍なスタイルを表現

◇黒に映える赤のアクセントで上質なスポーティ感を演出したインテリア

・洗練された黒基調の内装に、走りを感じさせる赤色のインパネガーニッシュ(つや消し)や自発光式2眼メーターを採用し、上質で精悍なインテリアを表現
・ブラックのレザー調シート表皮にレッドステッチのアクセントを効かせ、ワンランク上のスポーティ感を演出
・メーカーオプションで選択可能なプライムインテリア(ブラック&ホワイト)では、インパネガーニッシュをピアノブラックの加飾としてシックな印象を演出し、ホワイトのレザー調シートによるコントラストで大人の上質感を演出

1車種から3つのバリエーションを実現するクルマづくり

◇パーツを大胆に変更し、世界観の違いを表現

<バリエーション>
・リヤクォーターピラーパネルは外板部分を樹脂パーツの取り付け構造とすることで、様々なカラーに対応可能
・キャスト スタイルとキャスト スポーツのバンパーは上下2パーツとして、下部パーツのデザインのみ変更することで、世界観の違いを表現
・ドア側面下部のサイドドアモールや、ロッカー部分はそれぞれの世界観により、ガンメタリック塗装やメッキ加飾などを使い分けることで、デザインを差別化
・内装は、インパネ構造を共通化しながら、それぞれのバリエーションに合わせて、オープンタイプとクローズタイプの2パターンを設定
<低コスト化>
・ルーフはDラッピングを採用することで、低価格で2トーンカラーを実現
・ランプ※9やバンパー上部※10は共通部品とすることで開発コストを抑制

※9:キャスト アクティバ、キャスト スタイル、キャスト スポーツで共通
※10:キャスト スタイル、キャスト スポーツで共通

3.操縦安定性の良さや30km/L の低燃費を実現した高い基本性能

ムーヴで培った高い基本性能を採用

◇フォースコントロール

・軽量高剛性ボディ「Dモノコック」や「Dサスペンション」「Dアシスト」を採用することで、高い基本性能を実現。しっかりとしたハンドリングで、ロールや走行時のふらつきが少なく高い操縦安定性を確保

◇パッケージング

・デザイン性と実用性を両立した、大人4人がゆったりと座れるボディサイズを実現
・キャスト アクティバは最低地上高を180mmとして、雪道や山道を走行時の安心感を確保

◇静粛性

・ステアリングのパッド取付部にゴム材を使用することで、ダンパーとしての機能を加え、振動を吸収
・ボディパネルの隙や穴を減らし、音の侵入経路を低減

◇低燃費

・「クールドi-EGR」や「CVTサーモコントローラー」、「樹脂化ボディ」など最新のe:Sテクノロジーを採用
・2WDのNA※11車で、30km/L※12の低燃費を実現し、エコカー減税「免税」対象。その他のグレードも全車エコカー減税対象車となる優れた低燃費性能を実現※13
※11:naturally aspirated engine(自然吸気エンジン)

※12:JC08モード
※13:キャスト スポーツの燃費値や減税比率は発売時に確定

◇安心・安全装備

・衝突回避支援システム「スマートアシストⅡ」を採用。カメラとレーザーレーダー、ソナーセンサーの組み合わせによって、前方の車両との衝突の危険が高まった場合に緊急ブレーキによる危険の回避を支援。さらに歩行者の検知や車線の逸脱も警報などでお知らせし、前方や後方へのアクセルとブレーキの踏み間違えによる飛び出しも抑制

4.選ぶ楽しさを増幅させる用品設定や3Dシミュレーターの採用

自分好みの1台を完成させる様々なアイテムや販売方法

◇ワードローブ8の設定

・より自分好みの1台を完成させるため、様々な用品を開発し、おすすめコーディネイトとして「ワードローブ8(エイト)」をお買い得な価格で設定
・キャスト アクティバには、メッキを施し上質感をプラスする「シャイニークローム」やボトムラインを強調する「ダイナミック」、様々なデカールでパーソナル感を演出する「スタイリッシュカジュアル」を用意
・キャスト スタイルには、メッキ加飾でさらなる煌きを演出した「クラシック」、エレガントさを引き出した「アンティーク」、ワンポイントのデカール加飾でかわいさをプラスする「シルバーチャーム」を設定
・キャスト スポーツでは、メッキをワンポイントで活用し、気品溢れる印象とした「クールスポーツ」や、デカール類を効果的に施し、さらなるスポーティ感を演出した「レーシング」を採用

◇高音質の車内サウンドシステム

・ハイエンドオーディオに匹敵する高音質サウンドナビに、独自の振動板素材を用いたスピーカーと吸音材や遮音用クッションなどを用いたデッドニングキットをセットにした「プレミアムダイヤトーンサウンドシステムプラン」を設定。感動的な音響空間を提供

◇3Dシミュレーターの採用

・3つのバリエーションや、それぞれの内外装オプションの組み合わせを、自宅のパソコンや手持ちのタブレット、スマートフォンから3Dシミュレーターを活用し、選択可能。自分好みの一台を見つける楽しさを提供

*販売概要*

月間販売目標台数:5,000台(キャスト アクティバ、キャスト スタイル、キャスト スポーツを含む)
展示会:9月19日(土)~9月23日(水)

*メーカー希望小売価格*

【キャスト アクティバ(消費税込み)】(単位:円)
X:1,220,400~1,350,000
X“SAⅡ”:1,285,200~1,414,800
G“SAⅡ”:1,414,800~1,544,400
Gターボ“SAⅡ”:1,517,400~1,647,000


【キャスト スタイル(消費税込み)】(単位:円)
X:1,220,400~1,344,600
X“SAⅡ”:1,285,200~1,409,400
G“SAⅡ”:1,414,800~1,539,000
Gターボ“SAⅡ”:1,517,400~1,641,600

◎価格にリサイクル料金含まず


クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027