新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ、「VEZEL(ヴェゼル)」に特別仕様車「STYLE EDITION(スタイルエディション)」を設定し発売 / navi

クルマニュース

ホンダ、「VEZEL(ヴェゼル)」に特別仕様車「STYLE EDITION(スタイルエディション)」を設定し発売 / navi

(2015/09/24)

Hondaは、SUVの力強さ、クーペのあでやかさなど、ジャンルの枠を超えた多面的価値を高次元で融合したクルマとして好評をいただき、2014年度および2015年上半期SUV※1新車登録販売台数で第1位※2を獲得した「VEZEL(ヴェゼル)」の「HYBRID Z」FF車、「HYBRID X」4WD車に、特別仕様車「STYLE EDITION(スタイルエディション)」を設定し、9月18日(金)に発売します。

<主な特別装備の内容>
○HYBRID Z(FF車)/HYBRID X(4WD車) 特別仕様車 スタイルエディション共通

・専用ボディーカラーとしてプレミアムクリスタルレッド・メタリックを設定
・ブルーとブラックのコンビシート(本革×プライムスムース)に、アイボリーのソフトパッド、ダークグレールーフライニング、ダーククロームメッキ加飾※3、専用ステッチカラー※4本革巻ステアリングホイール(スムースレザー)などを組み合わせた専用インテリアを採用
・アイボリーのインテリアカラーに合わせたアイボリーレザーの専用本革シートをメーカーオプション設定
・Honda純正ナビ「Gathers(ギャザズ)」に対応したナビ装着用スペシャルパッケージ※5とETC車載器を標準装備

○HYBRID X(4WD車) 特別仕様車 スタイルエディション

・HYBRID X・Lパッケージに採用している17インチアルミホイール、エキパイフィニッシャー、トノカバー、アクセサリーソケット(DC12V ラゲッジルーム内)を採用

※1SUVとは、自販連区分でオフロード4WD(一部2WDを含む)に分類される国産車を指します
※2社団法人日本自動車販売協会連合会(自販連)調べ
※3インナードアハンドルリング、セレクトレバーエスカッションリング、エアコンアウトレットリング/アウトレットノブ、エアコンディスプレイ(HYBRID Z/HYBRID X特別仕様車スタイルエディション)、スピーカーリング(HYBRID Z特別仕様車スタイルエディションのみ)
※4ステッチカラーは、ボディーカラーがプレミアムクリスタルレッド・メタリックの場合はレッド、モルフォブルー・パールはブルー、ホワイトオーキッド・パールとクリスタルブラック・パールはグレー
※5リアワイドカメラ、オーディオリモートコントロールスイッチ、デジタルTV用プリントアンテナ<12セグ/ワンセグ>、専用ワイヤーハーネス、USBジャック<1ヵ所>、HDMI®入力端子

VEZEL HYBRID Z 特別仕様車 スタイルエディション


●全国メーカー希望小売価格

(消費税8%込み)
HYBRID Z 特別仕様車 スタイルエディション:2,590,000円
HYBRID X 特別仕様車 スタイルエディション:2,750,000円

※価格には、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う費用は含まれません
※自動車リサイクル法の施行によりリサイクル料金が別途必要。リサイクル料金は、リサイクル預託金(シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類のリサイクルなどに必要な費用、情報管理料金)および資金管理料金の合計金額
※プレミアムクリスタルレッド・メタリックは59,400円(消費税8%抜き55,000円)高、モルフォブルー・パール、ホワイトオーキッド・パールは37,800円(消費税8%抜き35,000円)高

○ボディーカラー(専用色1色を含む全4色)
プレミアムクリスタルレッド・メタリック〔特別仕様車専用色〕
モルフォブルー・パール
ホワイトオーキッド・パール
クリスタルブラック・パール
○インテリアカラー(全2色)
クールアイボリー(コンビシート:ブルー×ブラック、ソフトパッド:アイボリー)
アイボリーレザー(本革シート)<メーカーオプション>

クリックでタグの選択
最新ニュース
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
【試乗】ポルシェ 911 カレラ4S|高出力&ラグジュアリーに進む911に安定感をもたらす存在(2020/10/02)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
2
keep
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
3
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
4
keep
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
5
keep
【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化(2020/09/30)
6
keep
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
7
keep
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
8
up
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
9
keep
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
10
up
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027