新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ、 モータースポーツのベース車 2 機種を発売 -マツダ ロードスター「NR-A」と、マツダ デミオ「15MB」を新たに設定- / navi

クルマニュース

マツダ、 モータースポーツのベース車 2 機種を発売 -マツダ ロードスター「NR-A」と、マツダ デミオ「15MB」を新たに設定- / navi

(2015/09/24)

マツダ株式会社(以下マツダ)は、小型オープンスポーツカー『マツダ ロードスター』と小型乗用車『マツダ デミオ』にモータースポーツのベース車両として最適な装備を備えた2機種を新たに追加しました。ロードスターは全国のマツダ系、マツダアンフィニ系を通じて 10 月 15 日より、デミオは全国のマツダ系、マツダアンフィニ系およびマツダオートザム系販売店を通じて 10 月 22 日より発売します。

マツダ ロードスター「NR-A」
マツダ デミオ 「15MB」



ロードスター「NR-A(エヌ・アール・エー)」は、パーティレース*2 への参加などサーキット走行を想定して、車高調整機能付きビルシュタイン社製ダンパーを採用するなど一部仕様を変更しました。大容量ラジエーター、大径ブレーキなどを採用して冷却性と耐久性を向上しています。

デミオ「15MB(イチゴー・エム・ビー)」は、ジムカーナやダートトライアルへの参加などを想定し、1.5Lガソリンエンジン「SKYACTIV-G1.5」を搭載。同エンジンには「4-2-1 排気システム」を採用するなどして力強いトルクと高効率を実現しました。さらに 6 速の SKYACTIV-MT や大径ブレーキの採用により、モータースポーツのシーンで意のままに操れる仕様としています。
「NR-A」「15MB」ともにナンバーを取得して公道走行が可能です。

マツダは、より多くのお客様にスポーツドライビングの体験機会を提供し、「走る歓び」を体感していただくとともに、運転技量の向上に貢献することを通して、お客様の人生を豊かにし、特別な絆を持つブランドになることを目指してまいります。

■デミオ 15MB に搭載した「SKYACTIV-G 1.5」の特徴

吸排気バルブの開閉を最適に制御するデュアル S-VT(シーケンシャル・バルブタイミング)、エンジンオイルの流量を状況に応じて 2 段階に切り替え、エネルギーロスを低減するオイル潤滑システム、そしてスムーズな排気の流れを実現し、力強いトルクと高い燃焼効率を支える 4-2-1 排気システムを採用。全域でトルクフルなエンジンセッティングと、ギア比を最適化した 6MT によって、モータースポーツの様々なシーンで、ストレスのない思い通りの走りを発揮できます

デミオ 15MB に搭載している SKYACTIV-G 1.5


■主要諸元

▼ロードスター NR-A
全長X全幅X全高 mm:3,915×1,735×1,235
ホイールベース mm:2,310
トレッド 前/後 mm:1,495/1,505
車両重量 kg:1,010
エンジン種類:直列4 気筒DOHC16 バルブ
総排気量 cc:1,496
最高出力 kW/rpm:96<131>/7,000
最大トルク N・m/rpm:150<15.3>/4,800
トランスミッション:6MT
JC08 モード燃費 * km/L:17.2
使用燃料*3:無鉛プレミアムガソリン

▼デミオ 15MB
全長X全幅X全高 mm:4,060×1,695×1,500
ホイールベース mm:2,570
トレッド 前/後 mm:1,495/1,480
車両重量 kg:1,000
エンジン種類:直列4 気筒DOHC16 バルブ
総排気量 cc:1,496
最高出力 kW/rpm:85<116>/6,000
最大トルク N・m/rpm:148<15.1>/4,000
トランスミッション:6MT
JC08 モード燃費 * km/L:19.2
使用燃料*3:無鉛プレミアムガソリン

<>内は旧単位の数値です。
*国土交通省審査値。

■メーカー希望小売価格(消費税込)は以下の通り

ロードスター:2,646,000 円

デミオ:1,501,200 円~1,566,000 円

- 上記メーカー希望小売価格に加えて、購入時にリサイクル料金としてデミオ 15MB では 9,510 円、ロードスターNR-A では 9,280円が別途必要。
- デミオ 15MB のボディカラーに「スノーフレイクホワイトパールマイカ」を選択した場合は、32,400 円高(消費税込)。
- ロードスターNR-A のボディカラーに「クリスタルホワイトパールマイカ」を選択した場合は、32,400 円高(消費税込)。
- ボディカラー「ソウルレッドプレミアムメタリック」を選択した場合、デミオ 15MB は 43,200 円高、ロードスターNR-A は 54,000 円高
(消費税込)。


*1 メーカーオプションのユーティリティパッケージ装着車:ユーティリティパッケージ(185/60R16 86H タイヤ&16×5 1 /2Jインチア ルミホイール、リアシート 6:4 分割可倒式シートバック、ダークティンテッドガラス(リアドア/リアゲート)、CD プレーヤー)
*2 ナンバー付車両を使用したロードスターのワンメイクレース(JAF 公認)
*3 無鉛プレミアムガソリンが給油できない場合、無鉛レギュラーガソリンも使用できますが、エンジン出力低下などの現象が発生し ます。
*4 195/55R16 87V タイヤ&16×5 1 /2J インチアルミホイールは、64,800 円高(消費税込) (2015 年 12 月よりメーカーオプションで設定予定)

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト(2020/03/28)
【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト(2020/03/25)
【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし(2020/03/24)
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
【試乗】スバル WRX STI タイプRA-R|最後のSTIコンプリートモデルだけあって納得の完成度の高さだ(2020/03/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
3
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
4
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
5
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
6
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
7
down
【試乗】スバル WRX STI タイプRA-R|最後のSTIコンプリートモデルだけあって納得の完成度の高さだ(2020/03/15)
8
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
10
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027