新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧TOYOTA、ウェルキャブに助手席回転チルトシート車を新設定 / navi

クルマニュース

TOYOTA、ウェルキャブに助手席回転チルトシート車を新設定 / navi

(2015/09/24)

TOYOTAは、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)に、簡単操作で助手席を回転させ、座面を傾けることで乗降をよりスムーズにサポートする助手席回転チルトシート車を開発し、シエンタ、ポルテ、スペイドに新たに設定した。シエンタは全トヨタ販売店*1、ポルテは全国のトヨタ店とトヨペット店、スペイドはトヨタカローラ店とネッツ店を通じて、12月下旬から発売する。

ポルテ ウェルキャブ 助手席回転チルトシート車 F “Aタイプ”〈オプション装着車〉 ポルテ ウェルキャブ 助手席回転チルトシート車 F “Aタイプ”〈オプション装着車〉
シエンタ ウェルキャブ 助手席回転チルトシート車 X “Bタイプ”〈オプション装着車〉 シエンタ ウェルキャブ 助手席回転チルトシート車 X “Bタイプ”〈オプション装着車〉



助手席回転チルトシート車は乗降性を向上するとともに、乗降に必要なスペースを縮小し、一般の駐車場での乗り降りを容易としただけでなく、ベース車と同等の乗り心地を追求するなど、さまざまなお客様にご利用いただけるよう、「普通のクルマ化」をキーワードとして開発した。

【主な特長】

▽座面チルト機構による乗降サポート
乗降時に座面の前側を下げることにより、足の着地をサポート。また、乗降時のヒップポイントを高い位置にすることで、座る・立つの動作を容易にするとともに、介助者の負担も軽減
▽乗降スペースの縮小
座面のチルト機構によりシートが車外に出る部分を最小とし、駐車場などでの乗降時に必要なスペースを縮小。具体的には、車両の横に45センチ*2のスペースがあれば乗降が可能となり、障がい者用などの特別なスペースがない場所でも利用可能。さらに、車外に出る部分が少ないので、雨天時などでも、シートが濡れにくい
▽手動式の簡単操作で乗降時間を短縮
シート左下の側面に回転スライドレバー、シート左肩にチルトボタン&グリップを配置。シートの回転とチルトに関する操作をこの2つの機構で行うことで、操作も簡単にでき、かかる時間も大幅に短縮*3
▽ベース車に近い快適性
ベース車と同等の座面角の実現により長時間での乗車でも疲れにくく、体への負担も軽減。さらに乗車時の目線はドライバーとほぼ同じ高さを確保するなど、快適性を向上させるとともに、よりベース車に近い乗り心地を実現


あわせて、シエンタには「車いす仕様車」にタイプⅢを追加設定。従来の車いす仕様車タイプⅠの仕様に新開発の助手席回転チルトシートを標準装備している。

*1 全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店
*2 ポルテ、スペイドの場合。シエンタの場合は助手席側ドア全開での乗降となるため、約94センチ
*3 同車の助手席リフトアップシート車と比較した場合

【ウェルキャブ(メーカー完成特装車)メーカー希望小売価格】

<シエンタ>
(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)(消費税込み)
助手席回転チルトシート車 “Aタイプ”:1,986,218~2,499,709
助手席回転チルトシート車 “Bタイプ”:1,909,000~2,385,000
車いす仕様車(タイプⅢ) “助手席側セカンドシート無”:2,108,000
車いす仕様車(タイプⅢ) “助手席側セカンドシート付”:2,288,000~2,438,000

*1 価格にはリサイクル料金は含まれない
*2 助手席回転チルトシート車“Bタイプ”および車いす仕様車は非課税
*3 車いすの方が乗車する場合は4名

<ポルテ・スペイド>
(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)(消費税込み)
助手席回転チルトシート車 “Aタイプ”:1,880,182~2,040,218
助手席回転チルトシート車 “Bタイプ”:1,810,000~1,959,000
*1 価格にはリサイクル料金は含まれない
*2 助手席回転チルトシート車“Bタイプ”は非課税


シエンタ 車両情報はこちら: http://toyota.jp/sienta/
シエンタ ウェルキャブ車両情報はこちら:http://toyota.jp/sienta/welcab/
ポルテ 車両情報はこちら: http://toyota.jp/porte/
ポルテ ウェルキャブ車両情報はこちら http://toyota.jp/porte/welcab/
スペイド 車両情報はこちら:http://toyota.jp/spade/
スペイド ウェルキャブ車両情報はこちら: http://toyota.jp/spade/welcab/

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027