新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ パレット 【新型車】 / navi

クルマニュース

スズキ パレット 【新型車】 / navi

(2008/01/25)

新プラットフォームの採用により広々とした室内を確保
リア両側スライドドアなどにより乗降性の良さが追求された

(Photo/篠原晃一)
スズキ パレット|ニューモデル速報
↑全長3395㎜に対しホイールベースは長めの2400㎜。写真はスズキ車としては初のボディカラー、クラッシーレッドパールの「X」
コンセプト
大人4人が快適に過ごせる空間と
乗降性と積載性の向上が図られた
軽自動車としては最大級の居住スペースを作り出すことで大ヒットしたダイハツ・タント。その対抗馬としてスズキが登場させたのが新型車パレットである。Aピラーが立ったロングルーフスタイルや、2400㎜のホイールベースと1735㎜の車高(FF)で、2025㎜の室内長と1365㎜の室内高が確保されている。またボンネット型軽自動車としてクラス初となる、リア両側スライドドアが採用されたほか、340㎜(2WD)という低いステップ地上高で乗り降りのしやすさも追求されている。同時に1160㎜の荷室高やバックドアのヒンジレイアウトの工夫により、ラゲッジスペースの容量や使い勝手が考えられている。
バリエーション
防音・防振対策が推し進められたボディと
操安性と乗り心地が両立した足まわり
モデル構成は標準タイプ(G,X)とエアロタイプ(XS,T,TS)の2種類が用意された。エンジンは54psのNA(自然吸気)と、60psのターボ。トランスミッションはすべてインパネシフトの4速ATとなる。駆動方式はFFと4WD。またボディカラーはスズキの軽自動車として新採用になるクラッシーレッドパールを含む全9色。価格は111万3000円から169万3650円に設定されている。
エンジンルームに吸音処理が施されるなどノイズ対策が進められたほか、エンジンマウントに工夫が加えられ振動対策も施されている。加えて側面衝突時に乗員の頭部を守るSRSカーテンエアバッグが、スズキの軽として初めてTSに装備された点や、盗難に対して効果があると考えられるイモビライザーが全車に装備された点などが注目される。
走りに関しては、フロントに全車スタビライザーが装備され、乗り心地を損なわずにロールを抑えるよう図られている。また新開発されたリアサスペンションはラゲージ面を下げ、かつ操縦安定性と乗り心地を確保する。
内外装
ゆとりある居住空間を作り出すロングルーフと
質感のあるベージュとブラック2トーンインテリア
全長に対して極力長く取られたホイールベースや、室内空間を確保するために採用されたロングルーフが特徴のエクステリア。またブラック処理されたAピラーや、斜めにカットされたリアガラス形状も特徴的。インテリアは、ベージュを基調にブラックが使われた2トーンデザインとなる。またピアノブラック調ペイントとクローム加工仕上げが施され質感を演出する。
シートアレンジも豊富で、リアは左右分割式スライド機構に加え、独立してリクライニングさせることも可能だ。
そのほかスズキ初採用の装備も多い。たとえばキーレスプッシュ式スタートシステム(Gを除く)や、室内の空気を浄化するエアフィルター、航続距離が表示されるメーターなどだ。さらにエアコンの冷気を活用したグローブボックスは軽初、合計10個のスピーカーは軽最多である。
POINT

[1]リア両側スライドドアの開口部は
    幅580㎜×高さ1230㎜
スズキ パレット スライドドア|ニューモデル速報
[2]2トーンデザインのインテリア
    センターはピアノブラック調塗装
スズキ パレット インパネ|ニューモデル速報
[3]低床プラットフォーム採用で
   最大級の居住空間と荷室を確保
スズキ パレット シート|ニューモデル速報
[4] リアステップ高は340㎜と
    軽トップクラスで乗降性良好
スズキ パレット ステップ|ニューモデル速報


グレード GXXSTTS
駆動方式 2WD(FF) 4WD 2WD(FF) 4WD2WD(FF)2WD(FF) 4WD 2WD(FF) 4WD
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 3395×1475×1735/1745(4WD)
ホイールベース(mm) 2400
車両重量(kg) 900 950 910 980 910 940 990 940 990
乗車定員(人) 4
エンジン種類 直3DOHC 直3DOHCターボ 直3DOHC 直3DOHCターボ
総排気量(cc) 658
最高出力[kW(ps)rpm] 40(54)/6500 44(60)/6000 40(54)/6500 44(60)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 63(6.4)/3500 83(8.5)/3000 63(6.4)/3500 83(8.5)/3000
10・15モード燃費(km/L) 20.0 18.8 20.0 18.0 20.0 18.6 18.0 18.6 18.0
ガソリン種類/容量(L) レギュラー/30
車両本体価格(万円) 111.3 123.165 123.9 138.915 136.5 147.0 158.865 157.5 169.365
発表日:平成20年1月24日 取り扱い:スズキ店、アリーナ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)
【試乗】新型 三菱 eKクロススペース|外観とは裏腹な、しなやかな乗り心地に好感(2020/08/20)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
2
keep
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
3
keep
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
4
up
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
5
keep
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
6
up
【試乗】新型 日産 ルークス|競合スーパートールワゴンより確実に高い「質」を用意した1台(2020/08/17)
7
down
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
8
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
10
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027