新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧LEXUS、フラッグシップセダンLSを一部改良 / navi

クルマニュース

LEXUS、フラッグシップセダンLSを一部改良 / navi

(2015/09/30)

LEXUSは、LS600h、LS600hL、LS460ならびにLS460Lを一部改良し、全国のレクサス販売店を通じて9月25日に発売した。

LS600h “version L”<オプション装着車> LS600h “version L”<オプション装着車>



今回の一部改良では、12.3インチワイドディスプレイの大画面を生かし、地図の全画面表示を可能にしたほか、画面の右側に簡易操作画面を設定し、利用頻度の高い地図、オーディオ、電話、燃費、エアコンの各機能をワンタッチで呼び出せるなど、優れた操作性を実現した。

ナビゲーションシステムには、LTE*1方式の通信モジュールを採用。通信の高速化に加えて、音声とデータの同時通信を実現した。G-Link機能の一つである「レクサスオーナーズデスク」のオペレーターサービスにおいて、お客様のご要望に応じてオペレーターと会話しながらナビの目的地設定が行えるなど、利便性を向上している。また、VICS WIDE*2対応となり、FM多重放送による渋滞情報の提供拡大や精度向上に伴い、より正確な探索ルートを提供するほか、新たに緊急情報(特別警報)や気象・災害情報などを提供することで、快適な運転を支援する。

リモートタッチについては、新たに操作ボタンを追加し、優れた操作性を確保した。

このほか、従来のスポット溶接よりも溶接打点間の間隔を詰めることができるレーザースクリューウェルディングの範囲を拡げ、また、ボディを面で結合し、たわみを抑える構造用接着剤の採用範囲を拡大することでボディ剛性を高め、優れた操縦安定性を実現している。

なお、外板色には、ソニッククォーツ*3を新たに加えた全11色を設定した。


*1 LTE:Long Term Evolution
*2 VICS WIDE:2015年4月より開始したVehicle Information and Communication System(道路交通情報通信システム)の新たな情報サービス
*3 “F SPORT”は選択不可

【メーカー希望小売価格】

(単位 : 円)(消費税込み)
LS600h:10,811,000~12,868,000

LS600hL:14,102,000~15,954,000

LS460:8,548,000~11,120,000

LS460L:11,634,000~13,485,000

* 北海道地区のみ価格が異なる。価格にはリサイクル料金は含まれない


車両情報はこちら:http://lexus.jp/models/ls/

クリックでタグの選択
最新ニュース
スズキ、新型「スペーシア」、「スペーシア カスタム」を発売(2017/12/14)
デビュー時とは別物! 新グレード「1.4ターボ」にスズキ エスクードの成熟を見た(2017/12/08)
新型リーフは先代に比べて良くなったし、航続距離もそこそこ延びた。しかし、アームレストは微妙だ(2017/12/02)
マイチェンで安心感がアップ。スズキ SX4 S-CROSSは乗れば乗るほど味が出る車である(2017/11/25)
新型ステップワゴンは、スポーツハイブリッド導入で速くて快適なミニバンへと進化した(2017/11/19)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027