新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧TOYOTA、フランクフルトモーターショーに5ドア仕様の「TOYOTA C-HR Concept」を出展 / navi

クルマニュース

TOYOTA、フランクフルトモーターショーに5ドア仕様の「TOYOTA C-HR Concept」を出展 / navi

(2015/09/30)

TOYOTAは、ドイツ・フランクフルトで開催の第66回フランクフルト国際モーターショー*1に、コンパクトクロスオーバー「TOYOTA C-HR Concept」の5ドア仕様を出展した。

TOYOTA C-HR Concept(5ドア仕様) TOYOTA C-HR Concept(5ドア仕様)



TOYOTA C-HR Conceptは、TOYOTAが提案する新世代のコンパクトクロスオーバーとして、デザインでは、ダイヤモンドをモチーフにした軽快さと力強さが大胆に融合したスタイリングを実現。「キーンルック*2」や、その構成要素でもある「アンダープライオリティ*3」などのTOYOTA独自のデザイン表現にさらなる進化を与え個性を際立たせている。2014年9月に公開した同名のコンセプトカーから、より市販化に近づけたデザインスタディとして、外板色を変更(含むブラックルーフ化)するとともに5ドア仕様とした。

また、トヨタ自動車が推進する「もっといいクルマづくり」の思想にもとづいた「Toyota New Global Architecture(略称 : TNGA)」の取り組みにより高いボディ剛性を追求し、操縦安定性・乗り心地の向上を目指す。さらに、エンジンの最大熱効率40%以上を追求するとともに、モーター、電池などハイブリッドシステムのコンパクト化・軽量化を図り、一層の低燃費実現を目指す。

なお、今回発表した「TOYOTA C-HR Concept」の市販を想定したモデルは、2016年3月開催のジュネーブモーターショー*4において公開を予定している。


*1 正式名称 66. Internationale Automobil-Ausstellung
9月15日・16日プレスデー、9月17日・18日トレードデー、9月19日~27日一般公開日
*2 知的で明晰な印象を与えるTOYOTA独自のフロントの表情。
TOYOTAマークの立体的な強調と、ダイナミックなアンダープライオリティとの組み合わせで表現
*3 アンダーグリルを強調したTOYOTA独自のフロントデザイン
*4 正式名称 Le 86e Salon international de l'automobile Geneve

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
【試乗】ポルシェ 911 カレラ4S|高出力&ラグジュアリーに進む911に安定感をもたらす存在(2020/10/02)
【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化(2020/09/30)
【Car as Art !】BMW M550i xDrive Ultimate Edition(2020/09/25)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027