新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー・シトロエン・ジャポン、DSブランド60周年でブランド単独初出展 / navi

クルマニュース

プジョー・シトロエン・ジャポン、DSブランド60周年でブランド単独初出展 / navi

(2015/10/01)

NEW DS 4 CROSSBACK



プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社(本社:東京都渋谷区、社 長:クリストフ・プレヴォ)は、10 月 29 日(木)から 11 月 8 日 (日)まで東京ビッグサイト(東京都江東区)にて開催される 第 44 回東京モーターショーにおいて、今年 60 周年を迎 えるフランスのプレミアムブランド「DS」のスタンドを初出展 することを発表いたします。
ブランド最新モデル「NEW DS 4 CROSSBACK」をはじめ 全 5 台の日本初公開モデルを展示、DS の世界観を表現 し、ブランドのデビューにふさわしいスタンドで皆様をお迎 えします。

1955 年のパリモーターショーでのセンセーショナルなデビュー以来、DS は今もなお 20 世紀のフラン ス自動車業界を最も象徴するクルマとして人々に親しまれています。ビジネスの成功はもちろん、シャ ルル・ド・ゴール大統領をはじめ多くの政治家や著名人、セレブリティらが愛し、映画シーンでの起用や スポーツシーンでの活躍など DS はフランスの人々の生活に彩りを添え、パリ発祥のスタイルを全世界 にアピールしてきました。

この伝統をバックグラウンドに、2014 年 6 月 1 日にシトロエンから独立し、立ち上げられた DS ブランド。 その目指すところは伝統のクルマが身にまとうアヴァンギャルドの精神 「SPIRIT OF AVANTGARDE」 を受け継ぎ、「ラグジュアリー」をキーワードとしたフランスの自動車文化を復活させることで す。DS は、ひときわスタイリッシュなデザインやテクノノロジー、ニーズに合わせてダイナミックに変化 する快適性と、ディテールや素材にこだわったデザインを提案していきます。

そして今年、誕生60周年目にしてDSは初めてフランス・パリ生まれの一ブランドとして東京モーターショ ーへの出展を実現させます。展示される全5台はすべて日本初公開。どのモデルも独自性にあふれ、 DSならではの個性とアイデンティティを主張しています。スタンドテーマはエレガンス、テクノロジー、そし てアヴァンギャルド。パリ発のフレンチプレミアムブランド、DSの世界観を体現したDSスタンドに是非お 立ち寄りください。

DSスタンドは東京ビッグサイト西ホールに位置します。
プレスカンファレンスは10月28日(水)10:15-10:30に開催、
登壇者としてPSAプジョー・シトロエン・グループ DSブランドCEOのYves BONNEFONT(イヴ・ボネフォン) を予定しています。


DSスタンドにおける展示車両は以下の通りです。

■ NEW DS 4/NEW DS 4 CROSSBACK(参考展示/日本初公開)

2011 年の発表以来、唯一無二のデザインで他とは一線を画してきた DS 4 は、インターナショナル自 動車フェスティバルで「Most Beautiful Car Of The Year」そして「Most Beautiful Interior」に輝きました。 そして今回、DS はそれぞれの魅力を引き立てる 2 バージョンの新しい DS 4 を発表します。一方はダ イナミックかつ洗練されたプレミアムハッチバックの NEW DS 4、そしてもう一方はスタイリッシュな SUV スタイルの NEW DS 4 CROSSBACK で、DS 4 よりも 30mm 高い着座位置と大きなブラックホ イール、アーチトリム、スポイラー、ルーフバーといった特徴的なボディコンポーネントを装備しています。

DS 4 のフロントグリル中央には DS ロゴが鎮座し、新ブランドとしてその存在感を示しています。コンセ プトカーNuméro 9 からヒントを得た DS ウインググリルと DS LED VISON ヘッドライトもまた強いアイ デンティティを主張しています。

NEW DS 4(欧州仕様車)


NEW DS 4(欧州仕様車)
1.6ℓターボチャージャー付き
直列 4 気筒 DOHC エンジン
6 速オートマチック
最大出力:121kW(165ps)/6,000rpm
最大トルク:240Nm/1,400-3,500rpm
価格未定(参考展示・日本初公開)
日本導入予定:2016 年

NEW DS 4 CROSSBACK(欧州仕様車)


NEW DS 4 CROSSBACK(欧州仕様車)
1.6ℓ ターボチャージャー付き
直列 4 気筒 DOHC エンジン
6 速オートマチック
最大出力:121kW(165ps)/6,000rpm
最大トルク:240Nm/1,400-3,500rpm
価格未定(参考展示・日本初公開)
日本導入予定:2016 年


■ DS 5 Edition 1955(限定車/日本初公開)

DS 5 Edition 1955は、DS誕生60周年を記念してデザインされた特別限定車です。新しいDSフロン トグリル、DS LED VISIONに加え、60周年記念のロゴがフロントドアとリアに配されています。また シリアルナンバープレートやゴールドのセンターホイールキャップ、フロントエンブレムなど、今年にし か手に入らないアイテムを装備し、30台限定で発売されます。ボディカラーは1955年当時のDSを再 現したブルーアンクル(ブルーインク)です。

DS 5 Edition 1955


DS 5 Edition 1955
1.6ℓターボチャージャー付き直列 4 気筒 DOHC エンジン
6 速オートマチックトランスミッション
最高出力:115kW(156ps)/6,000rpm
最大トルク:240Nm/1,400-3,500rpm
税込車両本体価格:10 月 6 日発表予定

■ DS 3/DS 3 CABRIO “So Parisienne“(限定車/日本初公開)

東京モーターショーで展示される 2 台のコンパクトハッチバックモデル DS 3 は、“So Parisienne (ソー・パリジェンヌ)“とネーミングされた特別限定車で、パワートレインも一新されています。
エンジン・オブ・ザ・イヤー受賞の1.2ℓターボ付き3気筒PureTechエンジンに、新たに6速オートマチッ クが搭載され欧州の排ガス基準Euro6を達成、よりパワフルで軽快なドライブフィールを実現しました。 限定デザインとしてパリ生まれのブランドを主張するSo Parisiennneのステッカーがシャークフィンデ ザインのBピラーとリアに配されています。また、ヘッドランプ周辺にはジュエリーのような煌めきを放 つ3つのLEDを縁取るようにナイトライトLEDとDSモノグラムをデザインし、大胆に個性を主張してい ます。“So Parisienne“は電動ソフトトップ搭載のオープンモデルDS 3 CABRIOも同仕様で発売され ます。

DS 3/DS 3 CABRIO “So Parisienne“(限定車)


DS 3/DS 3 CABRIO “So Parisienne“(限定車)
1.2ℓ ターボチャージャー付き直列 3 気筒 PureTech エンジン
6 速オートマチックトランスミッション
最高出力:81kW(110ps)/5,500rpm
最大トルク:205Nm/1 ,500rpm
税込車両本体価格:10 月 6 日発表予定

クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.1 】1991年 日産 シルビア/180SX|ハイパワー2Lエンジンの搭載で走りが変わった(2020/01/23)
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
5
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
6
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
8
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027