新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン、燃費 23.4km/L*1の「Polo BlueMotion」を 300 台限定発売 / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン、燃費 23.4km/L*1の「Polo BlueMotion」を 300 台限定発売 / navi

(2015/10/01)

bluemotion


▽ 「Polo BlueMotion」、フォルクスワーゲンの「BlueMotion」シリーズでは日本初導入
▽ 限定販売台数:300 台
▽ フォルクスワーゲン製ガソリンエンジン初の 1 リッター、3 気筒ターボエンジン(TSI)を搭載
▽ 空気抵抗を削減したスポーティな専用エアロパーツ、アルミホイールなどを標準装備
▽ アダプティブクルーズコントロール"ACC"(全車速追従機能付)など上級車種の装備を標準採用


フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社(代表取締役:スヴェン シュタイン、本社:愛知県 豊橋市、略称:VGJ)は、コンパクトハッチバックの人気モデル「Polo(ポロ)」シリーズに、同シリーズ では史上最高の燃費を実現した「Polo BlueMotion(ポロ ブルーモーション)」を 300 台限定導入し、 本日から全国のフォルクスワーゲン正規販売店で発売いたします。全国希望小売価格(税込)は、 ?2,699,000 です。

「Polo BlueMotion」は、燃費向上に有効な技術を総合的に採用して誕生したフォルクスワーゲンの 低燃費シリーズの一つで、日本市場には、この「Polo BlueMotion」が初めての導入となります。その 大きな特徴の一つであるエンジンは、新開発の 1 リッター、3 気筒、直噴ガソリンターボエンジン (TSI)を搭載しています。わずか 999cc の排気量でありながら、これまでの 1.5 リッター自然吸気 ガソリンエンジンに相当する最高出力 95ps(70kW)と最大トルク 160Nm(16.3kgm)を発生。軽量、 コンパクトなエンジンにダイレクトな走りを提供する 7 速 DSG トランスミッションを組み合わせ、さらに、 高速域で燃費に悪影響を及ぼす原因のひとつである空気の乱れを抑制し、空気抵抗値の最適化を 図った専用バンパー(前後)、サイドスカート(左右)、専用の 15 インチアルミホイールなどを標準 装備することで、「Polo」史上最高となる 23.4km/L*1の低燃費性能を実現しました。
*1 国土交通省審査値 JC08 モード

さらに「Polo BlueMotion」は、現行販売モデルの「Polo」シリーズに標準装備する先進的な安全、 快適装備に加え、上級グレードの装備の一部を採用したことで、このクラスのハッチバックの購入を 検討されているお客様に、燃費だけでなく、最高水準の安全性と快適性も同時にご提供します。 安全性については、「Polo」の上級グレードである「アップグレードパッケージ」に標準装備している アダプティブクルーズコントロール"ACC"(全車速追従機能付)を標準装着しました。この機能は、 先行車に合わせて自動追従走行ができるオートクルーズ機能です。また、インテリアも個性的に 仕上げられており、専用のファブリックシートの縁取りにはイメージカラーのブルーの飾りステッチが 施されています。そして、親指一本で“ACC”やオーディオ操作ができるレザーマルチファンクション ステアリング(アップグレードパッケージに標準)、バイキセノンヘッドライトを標準装備する他、純正 ナビゲーションシステム(シートヒーター付)のオプションもお選び戴けます。

「Polo」シリーズは、フォルクスワーゲン コンパクト ハッチバック シリーズの中でも、「Golf」の次に 販売台数が多い人気モデルで、今年も 8 月末までに約 9,000 台をお客様にお届けしてきました。 現在のラインアップは、標準モデルの「Polo」から、SUV テイストの「Cross Polo」、優れた燃費と 走行性能を兼ね備えた「Polo BlueGT」、スポーツモデルの「Polo GTI」と幅広く取り揃えています。 「Polo GTI」は、6 年ぶりのマニュアル仕様の導入もあって、「Polo」全体の注目度を高めています。

◇ 新開発の1リッター、3気筒TSIエンジンとBlueMotionシリーズ

「Polo BlueMotion」に搭載するエンジンは、「up!」で初めて採用した999ccの3気筒自然吸気 (マルチポイントインジェクション)ガソリンエンジンをベースにしています。軽量かつコンパクト、 高効率なこのエンジンに、長年、フォルクスワーゲンが蓄積してきた直噴+過給(ターボ)技術を 採用したことで、1リッターに満たない小さな排気量でありながら、従来の1.5リッター自然吸気 ガソリンエンジンに相当する最高出力95ps(70kW)と最大トルク160Nm(16.3kgm)が得られる エンジンが完成しました。「BlueMotion」シリーズは、MQB生産モジュールや同時に開発を進め てきた様々な低排出ガスエンジン及びDSGに代表される高効率なトランスミッションなどに加え、 軽量化やエアロダイナミクスなど、燃費改善に有効な数多くの技術を総合的に採用することで 実現した、フォルクスワーゲン量販モデルの中でもとくにユニークなモデルシリーズです。

◇ Polo BlueMotionの専用装備など

▽アダプティブクルーズコントロール"ACC"(全車速追従機能付)
▽BlueMotion専用エクステリア(フロントグリル、フロント&リヤバンパー、リヤスポイラー、サイドスカート)
▽BlueMotion専用ファブリックシート
▽バイキセノンヘッドライト(オートハイトコントロール機能)
▽レザー3本スポークマルチファンクションステアリングホイール(オーディオコントロール付)
▽185/60R15タイヤ/5.5Jx15インチアルミホイール(10スポーク)
▽フルオートエアコンディショナー

◇ その他の主要標準装備

▽プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”(シティエマージェンシーブレーキ機能付)
▽ドライバー疲労検知システム“Fatigue Detection System”
▽ポストコリジョンブレーキシステム
▽フロントエアバッグ(運転席/助手席)、サイドエアバッグ(前席)、カーテンエアバッグ
▽リヤビューカメラ“Rear Assist”
▽フォグランプ(フロント/リヤ)
▽ Volkswagen純正インフォテイメントシステム“Composition Media”
CDプレーヤー、MP3/WMA再生、AM/FM、Bluetoothオーディオ/ハンズフリーフォン/App-Connect
▽BlueMotion Technology(Start/Stopシステム+ブレーキエネルギー回生システム)
▽パドルシフト
▽レザーハンドブレーキグリップ&レザーシフトノブ

◇ ボディカラー

▽ ピュアホワイト

◇ オプション装備と価格(税込)

▽ 純正インフォテイメントシステム“714SDCW”パッケージ(シートヒーター付)
¥241,000
・Volkswagen純正ナビゲーションシステム“714SDCW”
FM-VICS内蔵、CDダイレクト録音、CD/DVDプレーヤー、MP3/WMA/AAC再生、MP4/WMV動画再生、
AM/FM、地デジTV受信、iPod接続対応、Bluetoothオーディオ/ハンズフリーフォン、スマホ接続対応
iPhone/Android、Intelligent VOICE、Smart Access 4Car、NaviCon対応、地図差分更新、フリック
オペレーション
・シートヒーター(運転席/助手席)

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027