新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧LEXUS、第44回東京モーターショー2015に、日本初公開の高性能スポーツセダン「GS F」などを出展 / navi

クルマニュース

LEXUS、第44回東京モーターショー2015に、日本初公開の高性能スポーツセダン「GS F」などを出展 / navi

(2015/10/26)

LEXUSは、10月28日(水)から11月8日(日)までの12日間*1、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される第44回東京モーターショー2015に、2015年内に日本で発売を予定している、新たな“F”モデルの高性能スポーツセダン「GS F」と、今夏米国で発表した「GS」のマイナーチェンジモデルを日本初公開する*2。近日発売予定のプレミアムクロスオーバー「RX」なども含め、全11車種を出展する。

加えて、世界初公開のコンセプトカーを出展。詳細は、10月28日(水)13:30に東京モーターショー会場で公開する。

*1 10月28日~29日 : プレスデー、10月30日 : 特別招待日、10月30日~11月8日 : 一般公開日
*2 GS Fは、2015年デトロイトモーターショー(正式名称「North American International Auto Show 2015」/1月12~25日開催)に出展。GSマイナーチェンジモデルは、8月13日(太平洋時間)、米国トヨタが「The Pebble Beach Concours d'Elegance, the premier concours event」にて米国仕様を披露

主な出展車

1.「GS F」(日本初公開)
▽“F”モデルが追求する、走るたびに心が躍り、笑顔になるクルマの基本要素である
サウンド、レスポンス、伸び感を大切にした高性能スポーツセダン

<GS Fの主な特長>
・直噴機構D-4S*1を搭載したV型8気筒5.0Lエンジンは、高出力と自然吸気エンジンならではのリニア感やレスポンスの良さを実現すると共に、定常走行域ではアトキンソンサイクルとすることで燃費・環境性能も向上。また、ダイレクトな加速を感じることができるトランスミッション8-Speed SPDS*2や専用設計サスペンションなどが本格的なスポーツ走行と一般道での快適な乗り心地を両立
・低重心フォルム、大型スピンドルグリル、大型エアダクトなどでスポーツマインドの高揚感を表現したエクステリアと、表皮一体発泡工法により高いホールド性を実現した専用シートなど機能性を重視したインテリアが“F”モデルであることを強調
・日本市場において2015年内に発売予定

*1 D-4S:Direct injection 4stroke gasoline engine Superior version
*2 8-Speed SPDS:8-Speed Sport Direct Shift

GS F GS F



車名:全長(mm):全幅(mm):全高(mm):ホイールベース(mm):乗車定員(人)
GS F:4,915:1,855:1,440:2,850:5

ご参考:デトロイトモーターショー出展時リリース  http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/4938577/

2.「GS」(日本初公開)
▽アグレッシブかつ存在感あるデザインと、トップレベルの走行性能を兼ね備えた高級ミッドサイズセダン

<GSの主な特長>
・スポーティーな低重心フォルムや、グリルサイドを大きく立体的に造形したスピンドルグリルがGSの個性を強調
・全車にLEDヘッドランプを採用すると共に、高性能な三眼フルLEDヘッドランプにアダプティブハイビームシステムをオプション設定。また、フロントバンパー、ロッカーモール、さらにはリヤコンビネーションランプなどのデザインを一新し、GSの力強い存在感を表現
・V型6気筒3.5Lエンジンは、シリンダーブロックなどを全面的に刷新し、新世代D-4Sシステムとアトキンソンサイクルの組み合わせで、高い燃費性能を確保
・金属加飾やサテンメッキの採用、およびレーザーカット本杢のオーナメントパネルなどを新規設定することで、高級感と先進性が融合したインテリアを実現
・ボディ剛性の強化やサスペンションのチューニング最適化により、フラットかつマイルドな乗り心地を実現すると共に、加えてステアリング部品の剛性を強化し、優れた応答性を確保
・日本市場において2015年内に発売予定

GS450h GS450h



車名:全長(mm):全幅(mm):全高(mm):ホイールベース(mm):乗車定員(人)
GS:4,880:1,840:1,455:2,850:5

3.「RX」
▽「RXでありながら、RXであることを超えていく」を命題に開発された新型プレミアムクロスオーバー

<RXの主な特長>
・SUVらしい「力強さ」と知的な「大人の色気」を兼ね備えたエクステリアや、新技術と融合したエレガントなインテリアが、新しいRXの魅力を表現
・ボディ構造やサスペンションの改良により、快適な乗り心地とドライバーの意思に忠実に応える応答性を両立した走りを実現
・低燃費とCO2排出量の低減を実現したハイブリッドと、直列4気筒DOHCインタークーラー付き2.0L直噴ターボエンジンをパワートレーンに採用し、走りの楽しさと環境への配慮を両立
・日本市場において、近日発売予定

RX450h RX450h



車名:全長(mm):全幅(mm):全高(mm):ホイールベース(mm):乗車定員(人)
RX:4,890:1,895:1,710:2,790:5

ご参考:ニューヨーク国際オートショー出展時リリース  http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/7452982/

クリックでタグの選択
最新ニュース
メガーヌR.S.は抜群の旋回性能を誇るFF超速ホットハッチ(2018/09/19)
ホンダ レジェンドのマイナーチェンジから半年。ところで、スポーツサルーンはどう進化していたのか(2018/09/12)
買うなら断然こっちだ! こだわりしか感じないノート/セレナ「オーテックモデル」(2018/09/10)
S660 モデューロXは動きがいまいちだったサスペンションがランクアップ!(2018/09/06)
深みある乗り心地に感服である。日本最高峰の高級車『トヨタ センチュリー』に乗る(2018/09/05)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027