新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ クラウン 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

トヨタ クラウン 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2008/02/18)

トヨタのトップブランドらしく世界初や日本初の最新技術を満載
4.5Lの動力性能で2L並みの燃費をうたう ハイブリッドモデルも投入された

トヨタ クラウン|ニューモデル速報
↑13代目となる新型クラウンは、ハイブリッド/ロイヤルサルーン/アスリートの3モデルが用意される
コンセプト
操縦安定性や乗り心地の向上に加え
環境性能や安全性が格段に進歩
1955年に初代モデルがデビューして以来、今回のフルモデルチェンジで13代目となるクラウン。ご存じ、トヨタブランドの最上級モデルである。
今回のニューモデルでのトピックスは、LSやGSなどに搭載済みの「THSII」と呼ばれるハイブリッドシステムを搭載するモデルが設定されたこと。またドライバーの目の開閉状態を感知して警告を促す(世界初)セーフティシステムや、ドライバーが急ブレーキを踏むとすべてのストップランプが自動的に点滅して後続車に危険を知らせるシステム(日本初)、LSなどに搭載されているギア可変ステアリング(VGRS)など、ドライバーをサポートする多種多様な電子制御システムの充実が図られたことである。
バリエーション
ハイブリッドはV6&モーター
ロイヤルとアスリートは2.5L/3.5LのV6
ラインナップはハイブリッド、ロイヤルサルーン、アスリートの3種類。ハイブリッドには296psの3.5L・V6エンジン+200psのモーターが搭載され、低高回転域でトルクを増大させる2段変速式リダクション機構や、モーターのみで走行可能なEVモード機能が装備される。
ロイヤルサルーンには215psの2.5L・V6エンジンと256psの3.0L・V6エンジン、アスリートには215psの2.5L・V6と315psの3.5L・V6エンジンが搭載される。ロイヤルサルーンとアスリートに組み合わされるのはシーケンシャル式6速AT。またロイヤル・アスリートには2WD(FR)と4WDの2種類の駆動方式が用意される。
ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャインをはじめ全8色。ライトブルーマイカメタリックはハイブリッド専用、ダークグリーンマイカとブラッキッシュレッドマイカはロイヤルサルーン/アスリート専用だ。
価格はハイブリッドが595万円から619万円。ロイヤルサルーンが368万円から564万8000円。アスリートが374万円から567万円。従来モデルとの比較では、たとえば2.5ロイヤルサルーンの場合は4万7000円のアップ、3.5アスリートの場合は19万7500円のアップになる。
なおハイブリッドの発売は5月6日となっている。
内外装
ワイドトレッド化されたエクステリアと
使い勝手が追求されたインテリア
1470mmの全高や2850mmのホイールベースは従来モデルから変わらないものの、前後オーバーハングが30mm伸ばされ全長は4870mmに。また全幅は15mm、トレッドは10mm拡大されている。
ホイール&タイヤは、ハイブリッドが太さの異なるスポークが特徴の専用18インチ&225/45R18の組合わせ。ロイヤルサルーンは10本スポークの専用17インチ&215/55R17、アスリートは8本スポークの専用18インチ&225/45R18の組合わせだ。
そのほかの注目すべき装備は、ダンパーを最適に制御して操安性と乗り心地を両立させたAVS(従来はアスリートのみ)、NAVI・AI-SHIFTの新機能として、ナビと連動して高速の料金所などで自動的に加減速をアシストするシステム(世界初)、一時停止線に気づかない時に警告するシステム(世界初/東京23区などエリア限定)、急ブレーキ時にすべてのストップランプが自動点灯する緊急ブレーキシグナル(日本初)など。
インテリア関係では、カラーTFT液晶画面で表示されるファイングラフィックメーター(世界初/ハイブリッド車)、制御音を発生させることでノイズを打ち消すアクティブノイズコントロール(トヨタ初/ハイブリッド車)、エコドライブがグラフ表示されるエコゾーン表示などだ。
POINT

[1]メッシュグリルや丸形リアランプ
    スポーティなアスリートの外観
トヨタ クラウン エクステリア|ニューモデル速報
[2]ハイブリッドユニットの燃費は
    リッター当たり15.8kmをマーク
トヨタ クラウン エンジン|ニューモデル速報
[3]インテリアには木目調パネルや
   幾何学調パネルが設定される
トヨタ クラウン インテリア|ニューモデル速報
[4] ベンチレーション機能や
    ヒーターが備わる本革シート
トヨタ クラウン シート|ニューモデル速報


グレード ハイブリッド 2.5ロイヤルサルーン 3.5アスリート
駆動方式 2WD(FR)
トランスミッション CVT 6AT
全長×全幅×全高(mm) 4870×1795×1470
ホイールベース(mm) 2850
車両重量(kg) 1840 1590 1650
乗車定員(人) 5
エンジン種類 V6DOHC+モーター V6DOHC
総排気量(cc) 3456 2499 3456
最高出力[kW(ps)rpm] 218(296)/6400 158(215)/6400 232(315)/6400
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 368(37.5)/4800 260(26.5)/3800 377(38.4)/4800
10・15モード燃費(km/L) 15.8 12.0 10.0
ガソリン種類/容量(L) プレミアム/65 プレミアム/71
車両本体価格(万円) 619.0 368.0 487.0
発表日:平成20年2月18日 取り扱い:トヨタ店(東京地区のみトヨタ店、トヨペット店)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 マツダ MAZDA3|新型プラットフォームが素晴らしい! これからどんなふうに進化していくのか楽しみなモデルだ(2019/07/18)
【試乗】新型ボルボ V60 PHEV|ガソリンモデルより乗り心地が向上!さらに大人なワゴンに(2019/07/18)
【試乗】新型 アルファロメオ ジュリア/ステルヴィオ|アルファロメオらしい走りを実現させたスポーツディーゼル(2019/07/04)
【試乗】新型 トヨタ スープラ|3グレード一気乗りで分かったオススメは「SZ-R」(2019/07/04)
【試乗】新型アウディ A6 アバント/セダン|優雅なキャビンと乗り心地はアウディ流のおもてなし(2019/07/01)

アクセスランキング

1
up
【試乗】新型日産 デイズ|軽の進化が止まらない!一気に進化したデイズをテストコースで全開試乗!(2019/05/18)
2
down
【試乗】新型 トヨタ スープラ|3グレード一気乗りで分かったオススメは「SZ-R」(2019/07/04)
3
up
【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV(2019/05/12)
4
up
【試乗】新型 スズキ スペーシアギア|デザインだけじゃなく走りもちゃんと力強いアクティブな軽自動車(2019/03/27)
5
down
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)
6
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン ティグアン|4MOTIONの超安定性に驚く! 最適なシステム介入で雪上ドライブも怖くない!(2019/03/03)
7
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3|新型プラットフォームが素晴らしい! これからどんなふうに進化していくのか楽しみなモデルだ(2019/07/18)
8
down
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
9
keep
【試乗】新型ボルボ V60クロスカントリー|V60本来の良さをクロスカントリーが引き出す(2019/05/06)
10
up
【試乗】新型マツダ3(アクセラ)|素晴らしくマニアックな進化をしている! はっきりいって期待大だ!(2019/03/09)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027