新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧サーブ ターボ X 【特別仕様車】 / navi

クルマニュース

サーブ ターボ X 【特別仕様車】 / navi

(2008/03/11)

サーブ製ターボモデルの販売30周年を記念した特別限定車

サーブ ターボX|ニューモデル速報
↑限定モデル専用ボディカラーである、ジェットブラックのターボX(スポーツ セダン)
一般量産車初のターボモデルとして、1977年のフランクフルトショーで発表されたサーブ900ターボ。そのモデルの販売から30周年を記念して、世界限定生産モデル「Saab Turbo X(サーブ ターボ X)」が発表された。バリエーションはセダンとエステート。
エクステリアの特徴は専用エアロパーツ、19インチアルミホイール、専用スポーツサス(リアは車高調)、専用大径Vディスクなど。加えてフロントグリルやアルミホイール、テールパイプがチタニウムカラー仕上げになっているほか、キセノンコーナリングヘッドランプ、チルトアップ機構付きガラスサンルーフが標準装備される。
インテリアはブラックで統一され、ナチュラルレザー/セミアニリンレザーのスポーツシート、ドア/グローブボックス/シフト部のカーボンパネル、ワンセグ対応HDDナビシステムなどが装備される。
そしてXWD(クロスホイールドライブ)と呼ばれる、サーブ独自のフルタイム4WDが搭載されることに加え、リアデフにはe-LSD(電子制御リミテッドスリップデフ)も装備されている。
エンジンは排気量2792ccのV型6気筒DOHCターボ。最高出力は206kW(280ps)/5500rpm、最大トルクは400Nm(40.8kgm)/2150-4500rpm。セダンの6MT仕様では、0-100km/h加速は5.7秒だ。
ボディカラーは限定車専用のジェットブラック。価格はセダンが670万円、エステートが690万円。限定数は全世界2000台で、日本市場には前者が20台、後者が10台が導入される。販売開始は6月7日から。
※日本仕様のスペックは未定 発表日:平成20年3月10日 取り扱い:サーブ正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【雪上試乗】日産 人気現行モデル|雪上で感じる人気現行各モデルの安定性や楽しさ!(2019/03/26)
【試乗】新型 BMW 3シリーズ│ドライバーの心も濡れた路面もがっちりつかむ次世代スポーツセダン(2019/03/24)
【試乗】キャデラック XT5 クロスオーバー|欧州車に引けを取らない繊細なアメ車だった(2019/03/21)
【試乗】アウディ A5カブリオレ|優雅に風を流す美しい幌。随所にこだわりを感じる唯一無二のA5 カブリオレを試乗(2019/03/19)
【試乗】フォルクスワーゲン ポロ Rライン|大衆車ながら高い質感で走りも良い実益を兼ねたモデル(2019/03/19)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
2
keep
【試乗】新型マツダ3(アクセラ)|素晴らしくマニアックな進化をしている! はっきりいって期待大だ!(2019/03/09)
3
up
【試乗】フォルクスワーゲン ポロ Rライン|大衆車ながら高い質感で走りも良い実益を兼ねたモデル(2019/03/19)
4
down
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
5
keep
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)
6
up
【雪上試乗】新型 三菱 デリカD:5|もはやミニバンということを忘れる走破性の高さだ!(2019/03/18)
7
keep
【試乗】新型 トヨタ マークX “GRMN”|2019年モデルは限定350台! 国産最高峰のFR 4ドアスポーツセダンだ!(2019/02/22)
8
up
8ATとなったプジョー 3008 GT BlueHDiは、ディーゼルSUV市場の隠れた優等生だ(2019/01/06)
9
up
ホンダ 新型インサイトに試乗。スポーティセダンに生まれ変わり、走りも見た目もゆとりを手に入れた(2019/02/19)
10
keep
満を持してトヨタ スープラが復活!! 抜群の走行安定性と乗り心地に魅了される(2019/01/15)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027