新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧サーブ ターボ X 【特別仕様車】 / navi

クルマニュース

サーブ ターボ X 【特別仕様車】 / navi

(2008/03/11)

サーブ製ターボモデルの販売30周年を記念した特別限定車

サーブ ターボX|ニューモデル速報
↑限定モデル専用ボディカラーである、ジェットブラックのターボX(スポーツ セダン)
一般量産車初のターボモデルとして、1977年のフランクフルトショーで発表されたサーブ900ターボ。そのモデルの販売から30周年を記念して、世界限定生産モデル「Saab Turbo X(サーブ ターボ X)」が発表された。バリエーションはセダンとエステート。
エクステリアの特徴は専用エアロパーツ、19インチアルミホイール、専用スポーツサス(リアは車高調)、専用大径Vディスクなど。加えてフロントグリルやアルミホイール、テールパイプがチタニウムカラー仕上げになっているほか、キセノンコーナリングヘッドランプ、チルトアップ機構付きガラスサンルーフが標準装備される。
インテリアはブラックで統一され、ナチュラルレザー/セミアニリンレザーのスポーツシート、ドア/グローブボックス/シフト部のカーボンパネル、ワンセグ対応HDDナビシステムなどが装備される。
そしてXWD(クロスホイールドライブ)と呼ばれる、サーブ独自のフルタイム4WDが搭載されることに加え、リアデフにはe-LSD(電子制御リミテッドスリップデフ)も装備されている。
エンジンは排気量2792ccのV型6気筒DOHCターボ。最高出力は206kW(280ps)/5500rpm、最大トルクは400Nm(40.8kgm)/2150-4500rpm。セダンの6MT仕様では、0-100km/h加速は5.7秒だ。
ボディカラーは限定車専用のジェットブラック。価格はセダンが670万円、エステートが690万円。限定数は全世界2000台で、日本市場には前者が20台、後者が10台が導入される。販売開始は6月7日から。
※日本仕様のスペックは未定 発表日:平成20年3月10日 取り扱い:サーブ正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
ぶつかるー! と心で叫んでもジェントルに停止するトヨタの先進安全機能『Toyota Safety Sense』第2世代(2018/06/18)
新型カローラハッチバック(プロトタイプ)がすごい!走りもデザインもスポーティに磨かれた!(2018/06/17)
クラウン(プロトタイプ)がお披露目されました! 先進装備はもちろん優れた走りと洗練されたデザインへと進化しました!!(2018/06/17)
ロードスターRF(プロトタイプ)は、見た目は変わらずも中身は全く違う車になった!(2018/06/16)
間違いなく史上最強! キープコンセプトながら中身は刷新された3代目カイエン(2018/05/11)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027