新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱、軽乗用車『eKスペース』特別仕様車「Style Edition」を発売 / navi

クルマニュース

三菱、軽乗用車『eKスペース』特別仕様車「Style Edition」を発売 / navi

(2015/12/15)

三菱自動車は、スーパーハイトワゴンタイプの軽乗用車『eKスペース』の標準モデル「G」とカスタムモデル「カスタムT」をベースに、予防安全技術「e-Assist*1」やIR*2(赤外線)カットガラスなどの機能装備を採用し、専用の2トーンボディカラーを設定した特別仕様車「Style Edition」を、全国の系列販売会社を通じて12月3日(木)から販売します。車両本体のメーカー希望小売価格は1,514,160~1,915,920円(消費税込)。

*1・・・『eKスペース』の予防安全技術「e-Assist」は、低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM-City]、及び誤発進抑制機能で構成しています。

*2・・・IR=Infrared Rays(赤外線)の略。

『eKスペース』は、標準モデルとカスタムモデルをラインアップして2014年2月に発売。「快適」「便利」「安心」をキーワードに、軽自動車の限られたスペースを有効活用し、広々とした居住空間を実現するとともに、使い勝手のよいリヤシートスライド(左右分割式)、空気を循環させ室内の温度を均一化するリヤサーキュレーター、リヤドアガラスのロールサンシェードなど、機能装備を充実させています。NA(自然吸気)エンジン車は低燃費とキビキビとした走り、ターボエンジン車は、よりレスポンスが良い力強い走りを実現しています。

▲『eKスペース G Style Edition』▲『eKスペース G Style Edition』
▲『eKスペース カスタムT Style Edition』 ▲『eKスペース カスタムT Style Edition』


1.商品特長


標準モデル「G」(NAエンジン、2WD/4WD)をベースとした「G Style Edition」、カスタムモデル「カスタムT」(ターボエンジン、2WD/4WD)をベースとした「カスタムT Style Edition」を設定しました。ベース車からの主な変更点は以下の通りです。

(1)エクステリア
・「G Style Edition」では、2トーンスタイル「ウォーターブルーメタリック/ホワイトパール」を専用色(新色)として設定し、全5色のボディカラー展開としました。

▼ボディカラー:有料色代(消費税込)
■2トーンスタイル(ボディ/ルーフ&ドアミラー)
ウォーターブルーメタリック/ホワイトパール <専用色>:54,000円
サクラピンクメタリック/ホワイトパール:54,000円
ショコラブラウンパール/ホワイトパール:75,600円
■モノトーン
ホワイトパール:21,600円
アンティークゴールドメタリック:なし

また、ベース車でメーカーオプション設定の14インチアルミホイールを標準装備し、スタイリッシュな外観としました。

・「カスタムT Style Edition」では、2トーンスタイル「ライトニングブルーマイカ/ブラックマイカ」を専用色(新色)として設定し、全5色のボディカラー展開としました。
▼ボディカラー:有料色代(消費税込)
■2トーンスタイル(ボディ/ルーフ&ドアミラー)
ライトニングブルーマイカ/ブラックマイカ <専用色>:70,200円*3
レッドメタリック/ブラックマイカ:70,200円*3
ホワイトパール/ブラックマイカ:91,800円*3
■モノトーン
ホワイトパール:21,600円
ブラックマイカ:なし

*3・・・2トーンスタイルの有料色代には、「アーバントーンスタイル」のメーカーオプション費16,200円(消費税込)が含まれます。
(2)インテリア
・「カスタムT Style Edition」では、メッキモールとピアノブラックの加飾により上質感を演出した、本革巻きステアリングホイールを採用しました。また、ドアアームレストにメッキ調ラインモールをあしらい、スポーティで洗練された室内空間としました。

(3)機能装備
・予防安全技術「e-Assist」(低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM-City]、及び誤発進抑制機能)を標準装備としました。
・フロントウィンドシールド(約100%UVカット)とフロントドア/フロントクォーターガラス(約99%UVカット)に、直射日光によるジリジリ*4感を和らげ、インストルメントパネル上面の温度上昇を抑制するIR(赤外線)カット機能を追加しました。
*4・・・ 感じ方には個人差があります。
・「G Style Edition」では、リヤ両側ワンタッチ電動スライドドア(イージークローザー付)を標準装備としました。(「カスタムT Style Edition」ではベース車に標準装備)
・「カスタムT Style Edition」では、ベース車でメーカーオプション設定のマルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)を標準装備としました。
・2WD車では、ベース車でメーカーオプション設定の寒冷地仕様を標準装備としました。(4WD車はベース車に標準装備)

2.メーカー希望小売価格


(消費税込)(リサイクル料金、保険料、消費税を除く税金、登録等に伴う費用は含まれません)
G Style Edition:1,514,160円~1,621,080円
カスタムT Style Edition:1,809,000円~1,915,920円

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 三菱 デリカD:5│悪路だけと思うなよ! 意外にもデリカD:5は峠最速ミニバンだった!?(2019/05/19)
【試乗】新型日産 デイズ|軽の進化が止まらない!一気に進化したデイズをテストコースで全開試乗!(2019/05/18)
【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV(2019/05/12)
【試乗】新型ボルボ V60クロスカントリー|V60本来の良さをクロスカントリーが引き出す(2019/05/06)
【試乗】トヨタ サクシードバン ハイブリッド|働く車、商用車をワインディングで試す!(2019/05/01)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV(2019/05/12)
2
up
【試乗】新型日産 デイズ|軽の進化が止まらない!一気に進化したデイズをテストコースで全開試乗!(2019/05/18)
3
down
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
4
up
【試乗】新型 三菱 デリカD:5│悪路だけと思うなよ! 意外にもデリカD:5は峠最速ミニバンだった!?(2019/05/19)
5
up
【試乗】新型ボルボ V60クロスカントリー|V60本来の良さをクロスカントリーが引き出す(2019/05/06)
6
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
7
keep
【試乗】新型 スズキ スペーシアギア|デザインだけじゃなく走りもちゃんと力強いアクティブな軽自動車(2019/03/27)
8
down
【試乗】新型マツダ3(アクセラ)|素晴らしくマニアックな進化をしている! はっきりいって期待大だ!(2019/03/09)
9
up
【試乗】フォルクスワーゲン ポロ Rライン|大衆車ながら高い質感で走りも良い実益を兼ねたモデル(2019/03/19)
10
down
【試乗】トヨタ サクシードバン ハイブリッド|働く車、商用車をワインディングで試す!(2019/05/01)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027