新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱、軽乗用車『eKスペース』特別仕様車「Style Edition」を発売 / navi

クルマニュース

三菱、軽乗用車『eKスペース』特別仕様車「Style Edition」を発売 / navi

(2015/12/15)

三菱自動車は、スーパーハイトワゴンタイプの軽乗用車『eKスペース』の標準モデル「G」とカスタムモデル「カスタムT」をベースに、予防安全技術「e-Assist*1」やIR*2(赤外線)カットガラスなどの機能装備を採用し、専用の2トーンボディカラーを設定した特別仕様車「Style Edition」を、全国の系列販売会社を通じて12月3日(木)から販売します。車両本体のメーカー希望小売価格は1,514,160~1,915,920円(消費税込)。

*1・・・『eKスペース』の予防安全技術「e-Assist」は、低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM-City]、及び誤発進抑制機能で構成しています。

*2・・・IR=Infrared Rays(赤外線)の略。

『eKスペース』は、標準モデルとカスタムモデルをラインアップして2014年2月に発売。「快適」「便利」「安心」をキーワードに、軽自動車の限られたスペースを有効活用し、広々とした居住空間を実現するとともに、使い勝手のよいリヤシートスライド(左右分割式)、空気を循環させ室内の温度を均一化するリヤサーキュレーター、リヤドアガラスのロールサンシェードなど、機能装備を充実させています。NA(自然吸気)エンジン車は低燃費とキビキビとした走り、ターボエンジン車は、よりレスポンスが良い力強い走りを実現しています。

▲『eKスペース G Style Edition』▲『eKスペース G Style Edition』
▲『eKスペース カスタムT Style Edition』 ▲『eKスペース カスタムT Style Edition』


1.商品特長


標準モデル「G」(NAエンジン、2WD/4WD)をベースとした「G Style Edition」、カスタムモデル「カスタムT」(ターボエンジン、2WD/4WD)をベースとした「カスタムT Style Edition」を設定しました。ベース車からの主な変更点は以下の通りです。

(1)エクステリア
・「G Style Edition」では、2トーンスタイル「ウォーターブルーメタリック/ホワイトパール」を専用色(新色)として設定し、全5色のボディカラー展開としました。

▼ボディカラー:有料色代(消費税込)
■2トーンスタイル(ボディ/ルーフ&ドアミラー)
ウォーターブルーメタリック/ホワイトパール <専用色>:54,000円
サクラピンクメタリック/ホワイトパール:54,000円
ショコラブラウンパール/ホワイトパール:75,600円
■モノトーン
ホワイトパール:21,600円
アンティークゴールドメタリック:なし

また、ベース車でメーカーオプション設定の14インチアルミホイールを標準装備し、スタイリッシュな外観としました。

・「カスタムT Style Edition」では、2トーンスタイル「ライトニングブルーマイカ/ブラックマイカ」を専用色(新色)として設定し、全5色のボディカラー展開としました。
▼ボディカラー:有料色代(消費税込)
■2トーンスタイル(ボディ/ルーフ&ドアミラー)
ライトニングブルーマイカ/ブラックマイカ <専用色>:70,200円*3
レッドメタリック/ブラックマイカ:70,200円*3
ホワイトパール/ブラックマイカ:91,800円*3
■モノトーン
ホワイトパール:21,600円
ブラックマイカ:なし

*3・・・2トーンスタイルの有料色代には、「アーバントーンスタイル」のメーカーオプション費16,200円(消費税込)が含まれます。
(2)インテリア
・「カスタムT Style Edition」では、メッキモールとピアノブラックの加飾により上質感を演出した、本革巻きステアリングホイールを採用しました。また、ドアアームレストにメッキ調ラインモールをあしらい、スポーティで洗練された室内空間としました。

(3)機能装備
・予防安全技術「e-Assist」(低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM-City]、及び誤発進抑制機能)を標準装備としました。
・フロントウィンドシールド(約100%UVカット)とフロントドア/フロントクォーターガラス(約99%UVカット)に、直射日光によるジリジリ*4感を和らげ、インストルメントパネル上面の温度上昇を抑制するIR(赤外線)カット機能を追加しました。
*4・・・ 感じ方には個人差があります。
・「G Style Edition」では、リヤ両側ワンタッチ電動スライドドア(イージークローザー付)を標準装備としました。(「カスタムT Style Edition」ではベース車に標準装備)
・「カスタムT Style Edition」では、ベース車でメーカーオプション設定のマルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)を標準装備としました。
・2WD車では、ベース車でメーカーオプション設定の寒冷地仕様を標準装備としました。(4WD車はベース車に標準装備)

2.メーカー希望小売価格


(消費税込)(リサイクル料金、保険料、消費税を除く税金、登録等に伴う費用は含まれません)
G Style Edition:1,514,160円~1,621,080円
カスタムT Style Edition:1,809,000円~1,915,920円

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027