新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ、軽乗用車 新型「アルト ワークス」を発売 / navi

クルマニュース

スズキ、軽乗用車 新型「アルト ワークス」を発売 / navi

(2015/12/24)

▲アルト ワークス▲アルト ワークス



スズキ株式会社は、5速マニュアルトランスミッションを設定し、専用のチューニングを施した軽乗用車 新型「アルト ワークス」を、12月24日より発売する。

新型「アルト ワークス」は、2016年次 RJC カー オブ ザ イヤー、2015‐2016日本カー・オブ・ザ・イヤー スモールモビリティ部門賞を獲得した「アルト」の派生モデルである。
気持ちの良い本格的な走りで好評な「アルト ターボRS」をベースに、「クルマを操る楽しさを追求し、さらに走りを磨き上げた軽ホットハッチ」を目指し、さらなる走行性能の向上を図った。

新たに専用開発したショートストロークの5速マニュアルトランスミッションと専用チューニングの5速オートギヤシフト(5AGS)を設定。最大トルクを向上させたターボエンジンと組み合わせ、より力強く胸のすく加速性能を実現した。「アルト ターボRS」に採用した補強を加えた高剛性の車体はそのままに、引き締まったセッティングの足回りと、高いホールド性を発揮する専用レカロ製フロントシートにより、クルマを操る楽しさ、走りを追求した。
さらに、WORKSロゴをあしらったフロントバンパーアッパーガーニッシュやボディーサイドデカール、足元を引き締める黒のホイール、赤のフロントブレーキキャリパーなどを備えた外観に、シルバーと赤を効果的に配した黒基調のスポーティーな内装を採用し、走りへの期待を高めるデザインとした。

新型「アルト ワークス」の主な特長

(1)ワークス専用チューニング
(2)走りへの期待を高めるデザイン

販売目標台数(月間)

アルト、アルト ターボRS、アルト ワークス 合計7,500台

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)

アルト ワークス:1,509,840円~1,617,840円

* 価格には、リサイクル料金、保険料、税金(除く消費税)、届出等に伴う費用は含まれない。
* スチールシルバーメタリック、パールホワイト塗装車は21,600円高。

新型「アルト ワークス」の特長

(1)ワークス専用チューニング

専用開発のショートストローク 5速マニュアルトランスミッション
・1速から4速をクロスレシオ化し、エンジンのトルクの厚い回転域でつながりの良いギヤ比とすることで、スポーティーな走りとシフトチェンジすることの楽しさを追求。
・ショートストロークシフトとシフトノブ位置の最適設計により、軽快なシフト操作を実現。
・操作荷重を専用設計してダイレクトで節度感のあるフィーリングを実現。

よりダイレクトな走りを実現する専用チューニングのAGS
・スポーティーな走行に適した専用の変速制御を採用し、よりダイレクトな加速を実現。
・スポーツドライビングがより楽しめる5速マニュアルモード付パドルシフトを装備。

・最大トルクを向上し、力強く胸のすく加速性能を実現するターボエンジン
・最大トルクを「アルト ターボRS」の98N・mから100N・mへ高め、より力強いトルクを実現。
*最大トルク(ネット):100N・m<10.2kg・m>/3,000rpm
・アクセルレスポンスを高め、アクセル操作にダイレクトに反応する加速フィーリング。
・ターボ過給圧の高さに応じて色が白から赤に変化するブーストインジケーターをメーター内に装備。

スポーティーなハンドリングを実現する、専用チューニングを施したサスペンション
・ステアリング操作に対しさらにキビキビとリニアに応答する操作性、ロールスピードを低減しコーナリング時の挙動変化をさらに抑えた安定性、より手応えのあるダイレクトな操舵感を目指した専用チューニングの足まわり。
・ホイールリム幅を拡大し、曲がり易さを向上させた15インチアルミホイール。
・より高い操縦安定性、接地感、応答性を実現する専用チューニングのKYB製ショックアブソーバー。

高いホールド性を発揮する専用レカロ製フロントシート
・スポーティーな走行時に体をしっかり支える専用レカロ製フロントシート。

(2)走りへの期待を高めるデザイン

エクステリア
・ブラックメッキヘッドランプ
・カーボン調フロントバンパーアッパーガーニッシュ「WORKS」
・フロントバンパーロアガーニッシュ[ガンメタ]、リヤバンパーロアガーニッシュ[ガンメタ]
・ボディーサイドデカール「WORKS」
・15インチアルミホイール[ブラック塗装]
・フロントブレーキキャリパー[レッド塗装]
・車体色は、力強い印象の「スチールシルバーメタリック」をはじめ、全4色を設定。
インテリア
・本革巻ステアリングホイール[レッドステッチ]
・エアコンサイドルーバーリング[サテンメッキ調]、エアコンセンタールーバー[サテンメッキ調]
・シフトブーツ[レッドステッチ]
・ステンレス製ペダルプレート
・レカロシート(フロント)

「アルト ワークス」WEBカタログ

クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027