新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧大阪オートメッセ2016に『アウトランダーPHEV』と『デリカD:5』を出品 / navi

クルマニュース

大阪オートメッセ2016に『アウトランダーPHEV』と『デリカD:5』を出品 / navi

(2016/02/08)

三菱自動車は、2016年2月12日(金)から14日(日)までインテックス大阪(大阪府大阪市住之江区)で開催されるカスタムカーの祭典、大阪オートメッセ2016に、「自分らしく、アクティブに遊び尽くそう」をテーマとして、プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』とSUVテイストのミニバン『デリカD:5』のカスタムカーを各2台、『アウトランダーPHEV』のラリーカーを1台、合計5台を出品します

アクティブなカーライフを送るお客様にご愛用頂いている『アウトランダーPHEV』と『デリカD:5』を、アウトドアレジャーシ-ンに映えるカスタマイズを施した「OUTDOOR GEAR Concept」と、快適にオートキャンプを楽しめるカスタマイズを施した「ACTIVE CAMPER Concept」の2種類のカスタムカーに仕立てることにより、それぞれの個性をいっそう引き立てて新たな魅力を提案するとともに、カスタマイズによって広がるカーライフの楽しさを提案します。

さらに、大阪オートメッセ事務局が実施しているクルマプレゼント企画*1に、『アウトランダーPHEV』を提供します。

*1・・・公式ウェブサイト(http://www.automesse.jp/)をご確認下さい。

▲『アウトランダーPHEV OUTDOOR GEAR Concept』▲『アウトランダーPHEV OUTDOOR GEAR Concept』
▲『デリカD:5 OUTDOOR GEAR Concept』 ▲『デリカD:5 OUTDOOR GEAR Concept』
▲『アウトランダーPHEV ACTIVE CAMPER Concept』 ▲『アウトランダーPHEV ACTIVE CAMPER Concept』
▲『デリカD:5 ACTIVE CAMPER Concept』 ▲『デリカD:5 ACTIVE CAMPER Concept』


1.カスタムカー「OUTDOOR GEAR Concept」

SUVらしさをいっそう強調し、アウトドア用品のギア感(道具感)を表現したアウトドアレジャーシーンに映えるカスタマイズを施しました。

SUVらしさをいっそう強調し、アウトドア用品のギア感(道具感)を表現したアウトドアレジャーシーンに映えるカスタマイズを施しました。 (1)エクステリア ・ボディカラーはマット(艶消し)のパールホワイトとし、ドアミラーとSUVの機能性を象徴する部分(前後バンパー、サイドガーニッシュ、フォグランプベゼル、アルミホイールリム)にアクティブなイメージのオレンジを挿し色として配色することで、アウトドア用品のギア感(道具感)を表現しています。【共通】
・『アウトランダーPHEV』では、20インチのハイパフォーマンスタイヤと15フィンスポークタイプのアルミホイールを装着し、足元を引き締めています。また、自転車などを搭載できるルーフキャリアを装着しながらテールゲートスポイラーを装着し、アクティブかつスタイリッシュなイメージとしています。
・『デリカD:5』では、カーボン調フロントバンパーカバー(LEDデイライト付)、純正用品のアンダーガードバー(フロント、サイド、リヤ)、16インチのオールラウンドタイヤとタフなイメージのアルミホイールを装着し、ヘビィデューティでワイルドなイメージとしています。

(2)インテリア
・ブラック内装をベースとし、エクステリア同様にアクティブなイメージのオレンジを要所に挿し色として配色し、スポーツウェアのようなカジュアルでスポーティなインテリアとしています。【共通】
・機能性に優れたシートカバーを装着しました。センター部には通気性のよいメッシュ素材を採用し、サイド部には滑りにくいスエード調の生地を採用しています。【共通】

2.カスタムカー「ACTIVE CAMPER Concept」

SUVの遊び心を内外感で表現するとともに、それぞれの特長を活かしてオートキャンプにおける快適性と利便性を高めるカスタマイズを施しました。

(1)エクステリア
・ボディカラーはマット(艶消し)のシルバーとし、モノトーンのカモフラージュ柄をアクセントとしてあしらうことで遊び心を表現しています。【共通】
・『アウトランダーPHEV』では、純正用品のスタイリングパッケージ(フロントコーナーエアダム、サイドエアダム、リヤコーナーエアダム)、テールゲートスポイラーのほか、20インチのハイパフォーマンスタイヤとクロスメッシュタイプのアルミホイ-ル、ローフォルムと乗り心地を両立する車高調整式サスペンション、スタイリッシュなフォルムにマッチするルーフボックスなどを装着しています。
・『デリカD:5』では、スポーティさを高めるスポーティグリル、リヤディフレクター、20インチのハイパフォーマンスタイヤと15フィンスポークタイプのアルミホイールを装着。また、頼もしさとタフさを強調するアンダーガードバー(フロント、リヤ)、ヘビィデューティキャリアとリヤラダーを装着しています。

(2)インテリア
・ブラック内装をベースとして、エクステリア同様、遊び心を表現するカモフラージュ柄をアクセントとして要所に散りばめています。【共通】
・『アウトランダーPHEV』では、“最大出力1500Wの給電機能を有効活用した一人旅”をテーマとして、運転席背面テーブル、後席マルチタップコンセント付テーブル、後席ベッドを採用し、一人の時間を楽しむための家電製品を最適に配置することで、利便性に優れるパーソナルな居住空間を実現しています。
・『デリカD:5』では、“夫婦2人で楽しむ車中泊の旅”をテーマとして、後席格納式テーブル、後席ソファベッド、サイドカーテン、パーテーションカーテンなどを採用し、居心地のよい快適な居住空間を実現しています。

3.ラリーカー 『アウトランダーPHEV』 アジアクロスカントリーラリー2015参戦車

2015年8月8日(土)~14日(金)にタイで開催された国際自動車連盟(FIA)公認の「アジアクロスカントリーラリー2015」に参戦した『アウトランダーPHEV』のラリーカーです。
ラリーカーは、操縦安定性を向上させるため、前後トレッドを拡大して専用の前後フェンダーを採用。また、走破性を向上させるため、最低地上高をアップさせ、サスペンションストロークを延長し、ラリー専用の大径タイヤを装着することで、ラリーカーらしい迫力あるスタイリングを実現しています。
PHEVシステムの主要部品は量産品を採用していますが、ラリーの特性に合わせて制御を変更することで、前後モーターの高出力化、エンジンの高回転化、ジェネレーターの発電量アップによって高性能化を果たし、これらの高性能化に対しては駆動用バッテリーを容量アップさせることで対応しています。また、ツインモーター4WD/車両運動統合制御システムS-AWCの制御を変更してトラクション性能を強化し、拡幅及び車高アップと併せ、走破性を向上させています。

クリックでタグの選択
最新ニュース
全方位で進化した、BMW 5シリーズ(試乗レポート)(2017/06/21)
新型Audi RS 5 Coupe を発表、受注を開始(2017/06/21)
新型Audi RS 3 Sportbackを発表、受注開始(2017/06/21)
意識を後方に置き去りにするほどの加速、テスラ モデルS P100D(試乗レポート)(2017/06/16)
悪路走破性に加え現代性も! ランドローバー ディスカバリーは、道路も世代も選ばない1台(海外試乗レポート)(2017/06/14)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027