新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ エアウェイブ 【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

ホンダ エアウェイブ 【マイナーチェンジ】 / navi

(2008/04/25)

フロントグリルなどのデザインが変更され、新グレードSTが追加

ホンダ エアウェイブ|ニューモデル速報
↑写真はST専用色であるブリリアントオレンジメタリックとなる
多彩なシートアレンジなどで好評のホンダのコンパクトステーションワゴン、エアウェイブがマイナーチェンジされた。
今回のマイナーチェンジではグレードが変更され、スカイルーフが標準装備されたSKYがラインナップから外されるとともに新たにSTが追加。従来からのMと、そのMにドアミラーウインカーやカラードテールゲートスポイラーなどが装備されたM Sパッケージと合わせ3グレートとなった。
主な変更点としては、スカイルーフが全グレートともメーカーオプションとなり、フロントグリルやバンパーに新デザインが採用。さらに装備面では、テザー付フューエルキャップ、イルミネーションコントロール付自発光メーター、イグニッションキー照明、新デザイン15インチアルミホイール(FFはメーカーオプション設定)が装備された。
また、新たにラインナップに加わったSTは、カラードロアスカートやサイドシルガーニッシュ、フォグライトなどが装着されたエアログレード。外観のみならずインテリアも本革巻きステアリング、パドルシフト、赤のダブルステッチが施されたブラックレザーシート表皮などが採用され、スポーティなモデルとなっている。
ボディカラーはST専用色のブリリアントオレンジメタリックと全グレードで選択可能なディープサファイアブルーパールなど4色の新色を含む全8色が設定されている。
価格はM(FF)の155万4000円から、ST(4WD)の190万500円まで。
グレード M
駆動方式 2WD(FF)
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 4350×1695×1530
ホイールベース(mm) 2550
車両重量(kg) 1160
乗車定員(人) 5
エンジン種類 直4SOHC
総排気量(cc) 1496
最高出力[kW(ps)rpm] 81(110)/5800
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 143(14.6)/4800
10・15モード燃費(km/L) 18.0
ガソリン種類/容量(L) レギュラー/42
車両本体価格(万円) 155.4
■発表日:平成20年4月24日 ■取り扱い:ホンダカーズ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027