新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧クライスラー グランドボイジャー 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

クライスラー グランドボイジャー 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2008/05/08)

インテリア&エクステリアデザインが一新された新型グランドボイジャー登場

クライスラー グランドボイジャー|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のブライトシルバーメタリック クリアコート(リミテッド)を含む全7色が揃う
ミニバンの元祖として、1983年のデビュー以来、5代目となるグランドボイジャーにフルモデルチェンジした。
ンテリア&エクステリアデザインが一新されるとともに、新規&改良装備が30点以上導入された。ラインナップはスタンダードモデルとなるツーリングとラグジュアリーなリミテッドの2グレードが用意されている。いずれも3列シート・7人乗りだ。

エクステリアの特徴としては、ボディとガラスの比率やシンプルなホイールアーチ、スマートなピラー、クロームアクセント、精細なオーナメントなど、300Cとのデザイン的共通性が多く採用されている。加えてリミテッドには、ベントモールディング、前後のバンパーモール、ルーフラックサイドレール、ドアミラー、ドアハンドルなどのクロームアクセントが採用された。ちなみにボディサイズは、先代モデルよりも全長が35mm、全幅で10mm延長。

一方、インテリアには住宅照明のトレンドが取り入れられ、オーバーヘッドアンビエントランプ(間接照明)が標準装備されるとともに2列目パワーウインドーや2/3列目サンシェード(リミテッド)、充電式脱着懐中電灯、新開発Dピラー内蔵パワーリフトゲートスイッチなどが備わった。またトリムはサテン仕上げに加え、エムルバールまたはマドローナバールウッドが用意されている。
シートはツーリングがYES Essentials®プレミアムファブリックシート、リミテッドはプリファード付ロイヤル本革シート。なおリミテッドには、7型WVGAタッチパネルモニターを備えたHDDナビや、ワンタッチで電動格納できたり向きをテールゲート側に出来る3列シートが標準装備されている。

ツーリング、リミテッドとも搭載されるエンジンは最高出力193ps、最大トルク31.1kgmを発生する新型3.8L V6エンジン。これに6ATが初めて組み合わされている。
ボディカラーはブライトシルバーメタリック クリアコートの他、全7色が用意され、価格はツーリングが460万9500円、リミテッドが546万円。
グレード リミテッド
駆動方式 2WD(FF)
トランスミッション 6AT
全長×全幅×全高(mm) 5145×2005×1755
ホイールベース(mm) 3080
車両重量(kg) 2090
乗車定員(人) 7
エンジン種類 V6OHV
総排気量(cc) 3782
最高出力[kW(ps)rpm] 142(193)/5200
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 305(31.1)/4000
10・15モード燃費(km/L) 6.8
ガソリン種類/容量(L) プレミアム/75
車両本体価格(万円) 546.0
■発表日:平成20年5月8日 ■取り扱い:クライスラー販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ボルボ 新型XC40リチャージプラグインハイブリッド T5 インスクリプション|電動化戦略第1弾における最後の1台が登場(2020/11/29)
美力を上げたモダンスポーツ JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE【Car as Art !】(2020/11/21)
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
【試乗】アウディ 新型e-tronスポーツバック|満を持して日本のプレミアム電気自動車市場に登場したアウディのピュアEV(2020/11/17)
【試乗】新型 メルセデスベンツ GLS|長距離、大雨で真価を発揮したフラグシップSUV(2020/11/12)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027