新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー 308 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

プジョー 308 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2008/05/09)

マッシブなスタイリングと質感の高いインテリアが与えられた新型308

プジョー 308|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のバビロンレッドを含む全11色(標準設定色6色/受注生産色5色)が設定されている
プジョーのミディアムモデルである307が約7年振りとなるフルモデルチェンジして、308へと進化を遂げた。
308の最大のポイントは、フェリーヌ(猫科の動物の意)スタイリングが踏襲された躍動感溢れるフォルム。ボディサイズは全長4290×全幅1820×全高1515mm(Premium)と、307に対し全長と全幅をそれぞれ80mm、60mm拡大しつつ逆に全高を15mm低くすることで、よりワイド&ローなスタイリングが実現されている。
一方インテリアは、厳選された素材を使用するなど質感の向上が追求され、ボンネットのV字形デザインを彷彿とさせるエレガントなデザインがインテリアにも採用されている点が特徴だ。
今回、日本に導入されるモデルは、Premium、Cielo、GTiの3モデル。スタンダードなPremiumに対しCieloは、パノラミックガラスルーフやフルレザーシートが標準装備されるなど、ラグジュアリーな位置づけだ。一方、GTiはスポーティグレードで、搭載されるエンジンこそ全モデル1.6L直4DOHC直噴ターボだが、Premium、Cieloが最高出力140psなのに対しGTiは175psに高められている。また、組み合わされるミッションも差別化が図られ、PremiumとCieloは4ATだが、GTiは6MTのみの設定。
ボディカラーは標準設定色6色、受注生産色5色の全11色が用意。また、全モデルがインテリアカラーの受注生産システムに対応し、CieloとGTiは特別内装のインテグラル・レザーを選ぶことも可能だ。
価格はPremiumが299万円、Cieloが345万円、GTiが355万円。ちなみにインテグラル・レザーをチョイスすると、Cieloが19万円高の364万円、GTiが29万円高の384万円となる。
        
グレード Premium CieloGTi
駆動方式 2WD(FF)
トランスミッション 4AT6MT
全長×全幅×全高(mm) 4290×1820×15154315×1820×1515
ホイールベース(mm) 2610
車両重量(kg) 1360 14101390
乗車定員(人) 5
エンジン種類 直4DOHCターボ
総排気量(cc) 1598
最高出力[kW(ps)rpm] 103(140)/5800128(175)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 240(24.5)/1400-3500240(24.5)/1600-4500
10・15モード燃費(km/L) 10.8
ガソリン種類/容量(L) プレミアム/60
車両本体価格(万円) 299.0 345.0355.0
■発表日:平成20年5月8日 ■取り扱い:プジョー ディーラー ネットワーク
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027