新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー308 【発表会】 / navi

クルマニュース

プジョー308 【発表会】 / navi

(2008/05/12)

色気のあるスタイル&インテリアが魅力のプレミアムコンパクト

  • プジョー308 フロントスタイル|ニューモデル速報
  • プジョー308 リアスタイル|ニューモデル速報
プジョー308の発表会へ行ってきました。
日本でも、世界でも308は主力製品になるだけあり、わざわざフランスからデザインを担当したプジョー・スタイルセンターのディレクター、ジェロム・ガリック氏を招いてプレゼンテーションする熱の入れようでした。
上の写真の左側がガリック氏、後ろがプジョー・シトロエンジャポンの社長であるポワラ氏です。

さて、307の後継たる308。307より全長は80mm長く、全幅は60mm広がり、全高は15mm低い、伸びやかなフォルムです。Aピラーは明らかに最大のライバルたるVWゴルフより寝ています。かといって、実際に座ってみたのですが、前席は狭いどころかダッシュボードが奥まで広がっていて、明るく広い印象です。後席は前席よりも座面が少し高いのですが、それでも頭上は余裕。
ホイールベースも同じ、サスペンション形式も同じですから、おそらく307のシャーシを流用していると思われます。307は目立ちませんでしたが、いい車でした。
その点この308は、特に斜め後ろから見た佇まいがなんともキレイだと思います。
  • プジョー308 インパネ|ニューモデル速報
  • プジョー308 後席|ニューモデル速報
  • プジョー308 トランク|ニューモデル速報

ラインナップはスタンダードのプレミアム、ラグジュアリーのシエロ、スポーティモデルのGTiという3種類。キャラクターははっきり差別化されていて、GTiは3ドアで6MTのみ。シエロは本革シートとなります。といってもスタンダードであるプレミアムでもESPや7つのエアバッグ、ブレーキアシストなどの安全装備やiPodなどの音楽プレーヤーに対応したオーディオ、左右独立エアコン、バックソナー、クルーズコントロール…とかなりの数の快適装備が標準です。

装備で注目はシエロとGTiに標準装備となるパノラミックガラスルーフでしょう。先日ホンダのエアウェイブは、ついに同車の特徴であったスカイルーフを標準装備するモデルを廃し、全車にオプション装備としました。日本人にはこの魅力があまり伝わらないのでしょうか?
ちなみに308のパノラミックガラスルーフは、かなりデカいです(5ドアで4.86平方メートル)。ハッチバックなのに、先代のステーションワゴンである307SWに装備されていたものに匹敵する大きさを誇ります。また紫外線を99%、赤外線は86%カットします。

インテリアも随分と質感がアップしました。フランス車=プラスチッキーなのはもはや昔の話。VWゴルフ並みと言ったら言い過ぎかもしれませんが、VWゴルフより色気があるのは確かです。
またダッシュボードもレザーで覆うインテグラル・レザー仕様(下の写真、真ん中)もシエロとGTiには用意されています。
  • プジョー308 パノラミックガラスルーフ|ニューモデル速報
  • プジョー308 インテグラル・レザー|ニューモデル速報
  • プジョー308SW|ニューモデル速報

どのグレードも搭載されるエンジンは、BMWと共同開発した1.6L直4ターボ。チューニングはプジョー独自のもののようです。
またプレミアムとシエロは最高出力140ps&最大トルク24.5rpmですが、GTiは専用チューンが施され175ps&24.5rpm。プレミアム&シエロは1400~3500rpm、GTiは1600~4500rpmで最大トルクを発揮します。

なお発表会場には、先日のジュネーブショーで発表されたばかりの308SWも、外観だけ見ることができました。こちらの日本導入は秋頃になりそうです。
<カーセンサーnetデスク・ぴえいる>
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027