新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ ビアンテ 【事前公開】 / navi

クルマニュース

マツダ ビアンテ 【事前公開】 / navi

(2008/05/13)

マツダから2L・1BOXのミニバンがこの夏デビュー

  • マツダ ビアンテ フロントスタイル|ニューモデル速報
  • マツダ ビアンテ リアスタイル|ニューモデル速報
マツダからいよいよこの夏、2L・1BOXタイプの8人乗りミニバンが登場する。

5月9日に公開されたのは、新型ミニバンの車名と広告キャラクター。車名は「ビアンテ」、キャラクターは劇団ひとりと広告オリジナルの「最広(さいこう)ファミリー」だ。

詳細なスペックは公開されていないが、同社のプレマシーとMPVの間を埋める2L・1BOXであることは間違いなく、トヨタ・ヴォクシー/ノアや日産セレナなどとガチンコ勝負の一台となる。そんな激戦区に、広報資料によれば「クラストップの室内空間」と「躍動感ある個性的なスタイリング」、さらに同社のZoom-Zoomを体現する「優れたハンドリング・動力性能」を持って挑む。

ちなみに「ビアンテ」はBIANTEと表記し、「周囲を取り巻く」、「環境」といった意味の英語“Ambient(アンビエント)”から発想された造語。
  • マツダ ビアンテ 室内|ニューモデル速報
  • マツダ ビアンテ 両側スライドドア|ニューモデル速報
同社では以前、このクラスに「ボンゴフレンディ」があった。ルーフにちょっとしたテント空間を作れる「オートフリートップ」という装備を持ち、発売当時はかなりの人気を博した。1995年6月から約10年間販売されていたが、2005年11月に生産中止となった。以来このクラスへのミニバン投入は噂はあったものの見送られてきただけに、ようやく姿を現したこのビアンテはかなり注目に値する。

見た目はライバル車よりもハッキリとスポーティだ。またキャラクターが「最広」と名づけられたように、ウリは「クラストップの室内空間」。もちろんマツダらしい走りも期待できそうだ。

なお、下記の専用サイトではビアンテが当たるキャンペーンを実施中。「スポーティだけど室内も広々」なミニバンが欲しい人は、応募してみては?

ビアンテ専用サイト:http://www.biante.mazda.co.jp/pre/
<カーセンサーnetデスク・ぴえいる>
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027