新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ アルファード&ヴェルファイア 【発表会】 / navi

クルマニュース

トヨタ アルファード&ヴェルファイア 【発表会】 / navi

(2008/05/14)

「ミニバンの頂点を目指した」というだけあるスタイル、内装、動力性能

  • トヨタ アルファード フロントスタイル|ニューモデル速報
  • トヨタ ヴェルファイア フロントスタイル|ニューモデル速報
アルファードとその兄弟車ヴェルファイアの発表会へ行ってきました。
2代目となったアルファード。今回からトヨペット店はアルファード、ネッツ店はフロントマスクなどが異なる兄弟車ヴェルファイアを販売することになります。
事前の憶測ではアルファードが落ち着き払っていて、ヴェルファイアが多少やんちゃな感じかなと思っていたのですが、実際見てみると、アルファードも結構若々しい迫力があります。開発テーマは「威風堂々、ミニバンの頂点」。見た目では、このテーマを見事に表現している2台です。

新しいプラットフォームによって旧型に比べ55mm低床化。それに伴い全高も45mm低くなり、室内高が10mmプラスの1400mmとなりました。また全幅も25mm拡大されています。ホイールベースは50mm伸びました。
エンジンは2種類。
従来の2.4LエンジンはVVT-iが採用されました。組み合わされるミッションが、従来の4ATから、CVTになったこともあり、旧型に比べると10・15モード燃費で9.7→11.6km/Lへと劇的に改善されています。
また旧型の3Lモデルの代わりに3.5Lモデルが用意されました。このエンジンはエスティマやヴァンガードにも搭載されており、これに6ATが組み合わされます。結果、なんとこちらも、従来の3Lモデルよりも、10・15モード燃費が良くなっています(8.9→9.5km/L)。

  • トヨタ ヴェルファイア リアスタイル|ニューモデル速報
  • トヨタ アルファード&ヴェルファイア インパネ|ニューモデル速報
  • トヨタ アルファード&ヴェルファイア フロントシート|ニューモデル速報

インテリアも当然豪華です。金属分子を付着させるスパッタリング工法なるものが用いられたセンタークラスターや、LEDを使った天井の間接照明もありますが、一番の注目はセカンドシートに用意された「エグゼクティブパワーシート」。前後800mmのロングスライド、電動オットマンに、新幹線のグリーン車(でしか私は見たことがない)のような大型フットレスト、サイドテーブルとは別に左右それぞれにあるアームレスト(カップホルダー付き)、そしてヘッドレストはうたた寝をしても頭がずれて首が痛くならないように、ヘッド部とその左右を囲む感じのもの(周りの数少ない経験者によると、飛行機のファーストクラスはこうなっているそうです)。

また3列目シートの収納方法は、ヴォクシー/ノアと同じになりました。シート下のレバーを引くだけで、ポンと下の右側の写真のように(もちろんベルトでの固定はその後に)。ただし、その際のスプリングのアシスト量は小さくなりました。すべての動作をスプリングだけでやれるほどスプリングを強くしてしまうと、今度はシートを出す時に力が必要になるからだそうです。それでも男性の私なら片手でラクラク。女性でも十分収納できるはずです。
3列目シートに実際座ってみましたが、背もたれが肩まで届くなど座り心地は良さそうでした。背もたれ部分は旧型より70mmも高くなっています。
  • トヨタ アルファード&ヴェルファイア 2列目シート|ニューモデル速報
  • トヨタ アルファード&ヴェルファイア 3列目シート|ニューモデル速報
  • トヨタ アルファード&ヴェルファイア 3列目シート収納時|ニューモデル速報

また、発表会では新型と旧型のスラローム走行の映像が流れましたが、明らかに新型のほうがロールは少ないのです。これだけ大きくて背の高いミニバンが、映像ではありますが、こんなに安定した走りを見せるなんて。サスペンション形式は前マクファーソン後トーションビームと変わりませんが、フロントショックアブソーバーのシリンダーサイズが拡大されるなど、各所で改良が行われている成果だと思います。

後ろに座っても良し、運転してもよしを狙ったアルファード&ヴェルファイア。かなりの人気になりそうです。
<カーセンサーnetデスク・ぴえいる>
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027