新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ SLクラス 【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ SLクラス 【マイナーチェンジ】 / navi

(2008/05/29)

7年ぶりとなる大幅改良でダイナミックなエクステリアに変更

メルセデス・ベンツ SL 550|ニューモデル速報
↑ボディカラーは全12色が揃う。写真はイリジウムシルバーとなるSL550
メルセデス・ベンツの最高級ロードスター、SLクラスに約7年ぶりとなる大幅な改良が施された。
エクステリアでは、20mmワイドになったフロントグリルの他、300 SLから継承されている1本ルーバーのフロントグリルとサイドエアアウトレットを採用。また、精悍さが増したヘッドライトやボンネットに伸びる2本のパワードームにより、ダイナミックさと伝統を感じさせるフェイスマスクが実現されている。
インテリアでは、日本仕様初となるキーレスゴーを搭載。これによりリモコン操作することなくドアの開錠、施錠ができるだけでなく、エンジンスタート/ストップボタンを押すだけでエンジン始動も可能となった。
また、シート内部にはセラミックヒーターが備わり、乗員の首回りに温風を吹き出すエアスカーフが標準装備。さらにHDDナビや地デジ対応テレビなど、オーディオ/ビジュアルシステムが統合されたCOMANDシステムが装着され、実用性と快適性の向上が図られている。
メカニカルな部分では、ヘッドライトの照射をコントロールするインテリジェントライトシステムや後続車に緊急性を伝えるアダプティブブレーキライトが装備され、安全性が向上。さらにSL 350はエンジンチューニングが施され、最高出力は44psアップの316psを実現。組み合わされるミッションには自動スロットルブリッピング機能が採用され、スポーティなドライビングが楽しめるモデルとなった。
ボディカラーは全部で12色。価格はSL 350の1190万円から、SL 600の1930万円まで。従来モデルに較べ、SL 350とSL 600は37万円高となっているが、SL 550は逆に13万円減となっている。
グレード SL 350 SL 550 SL 600
駆動方式 2WD(FR)
トランスミッション 7AT 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4565×1820×1315 4565×1820×1300
ホイールベース(mm) 2560
車両重量(kg) 1780 1880 1980
乗車定員(人) 2
エンジン種類 V6DOHC V8DOHC V12SOHCターボ
総排気量(cc) 3497 5461 5513
最高出力[kW(ps)rpm] 232(316)/6500 285(387)/6000 380(517)/5000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 360(36.7)/4900 530(54.0)/2800-4800 830(84.6)/1900-3500
10・15モード燃費(km/L) 8.6 7.1 5.8
ガソリン種類/容量(L) プレミアム/80
車両本体価格(万円) 1190.0 1510.0 1930.0
■発表日:平成20年5月26日 ■取り扱い:メルセデス・ベンツ正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト(2020/03/28)
【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト(2020/03/25)
【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし(2020/03/24)
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027