新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ フリード 【新型車】 / navi

クルマニュース

ホンダ フリード 【新型車】 / navi

(2008/05/30)

コンパクトなボディながら最大8人乗車が可能
低床・低重心技術が採用され室内は広々、走りも期待

ホンダ フリード|ニューモデル速報
↑クラス初となる2列目キャプテンシートが採用された7人乗り仕様や、8人乗り仕様に加え、トップレベルの荷室空間が与えられた5人乗り仕様も用意される
コンセプト
様々なライフスタイルに合わせ
自在に使いこなせるコンパクトミニバン
コンパクトなボディサイズながら、ゆとりある室内空間とスタイリッシュなデザインが融合されたホンダ フリード。
フリーライフ・クリエーションをコンセプトに、小さいながらも中はゆったりでき、ライフスタイルに合わせて5・7・8人乗りを選ぶことができる車が目指された。
ボディサイズは同社のストリームと比べ全長で-355mm、全幅は同じ、全高は+170mmという同社で最小サイズのミニバンだ。実質的にモビリオやモビリオスパイクの後継車となる。
同社独自の低床・低重心技術によりフロア高は390mm(FF/2列目)に抑えられた。また全高が高いミニバンにありがちなふらつきなど、走りの性能への不安が抑えられている点にも注目したい。
後席のドアは大開口600mmの両側スライドドアで、優れた乗降性が確保されている。
バリエーション
エンジンは低燃費1.5L 直4SOHC
多彩なシート仕様が用意
グレード構成はシート仕様で大きく2つに分けることができる。5人乗りの2列シートがFLEX、7人&8人乗りの3列シートがGだ。ここから装備類の差異などで細分化され、FLEX、FLEX Fパッケージ、FLEX エアロ、FLEXi エアロ、G、G Lパッケージ、G エアロ、G エアロ Lパッケージ、Gi エアロの9種類が揃う。
さらにFLEXi エアロとGi エアロを除く全モデルに2WD(FF)と4WDが用意され、G LパッケージとG エアロ Lパッケージでは8人乗りを選択することができる。
搭載されるエンジンは1.5L 直4SOHCのみ。i-VTECが採用され、10・15モード燃費16.4km/L(FFモデル)という優れた低燃費が実現されている。これに組み合わされるミッションは、2WD(FF)がトルクコンバーター付CVTで、4WDは5ATだ。
ボディカラーは新色プレミアムナイトブルー・パールを含む全7色。シートカラーはブラックとベージュの2色が用意されるが、2列シート仕様はブラックのみが設定されている。価格はFLEXの163万8000円からGi エアロの225万7500円まで。
内外装
コンパクトさを感じさせない
広々&開放感溢れる居住空間
エクステリアデザインはトライアングル・スクエア・フォルムがコンセプト。フロントノーズからルーフにかけては三角形で、その後方のキャビンは四角形がモチーフとなった。フロントマスクは精悍な印象が表現され、キャビンは全長4215×全幅1695×全高1715mmというコンパクトなボディサイズながら、広々とした居住空間が実現された。
インテリアは、インパネにレイヤーデザイン(2層構造)が採用され、斬新なデザインとなっている。シートはミドルクラスに匹敵するゆったりサイズで、7人乗り仕様のキャプテンシートはもちろん8人乗り仕様であっても優れた乗り心地が目指された。
ラゲッジスペースは、5人乗り仕様で最大1257L。7&8人乗り仕様は、3列目使用時で142L、3列目を畳むと672L(7人乗り)と615L(8人乗り)、2列目も畳めば900L(7人乗り)と1157L(8人乗り)となる。また、テールゲート開口部の高さは1120mmと高く、荷物の出し入れに便利なウォークインラゲッジが実現されている点も魅力だ。
POINT
[1]張り出したリアフェンダー面と
ボディパネル面が安定感を表現
ホンダ フリード リアスタイル|ニューモデル速報
[2]操作系は機能ごとに分類されて配置
使いやすさと斬新なデザインが両立
ホンダ フリード インパネ|ニューモデル速報
[3]低床&大開口テールゲートで
大きな荷物の積み降ろしも簡単
ホンダ フリード ユーティリティ|ニューモデル速報
[4]i-VTEC採用1.5L 直4エンジンは
キビキビした走りと低燃費が両立
ホンダ フリード エンジン|ニューモデル速報

グレード FLEX エアロ G エアロ G エアロ Lパッケージ
駆動方式 2WD(FF)
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 4215×1695×1715
ホイールベース(mm) 2740
車両重量(kg) 1280 1290 1310
乗車定員(人) 5 7 8
エンジン種類 直4SOHC
総排気量(cc) 1496
最高出力[kW(ps)rpm] 87(118)/6600
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 144(14.7)/4800
10・15モード燃費(km/L) 16.4
ガソリン種類/容量(L) レギュラー/42
車両本体価格(万円) 190.05 185.85 198.45
■発表日:平成20年5月29日 ■取り扱い:ホンダカーズ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027