新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ フリード 【発表会】 / navi

クルマニュース

ホンダ フリード 【発表会】 / navi

(2008/06/02)

小さいけれどみんなでワイワイ!がぴったりなコンパクトカー

  • ホンダ フリード フロントスタイル|ニューモデル速報
  • ホンダ フリード リアスタイル|ニューモデル速報
ホンダフリードの発表会へ行ってきました。
同社のモビリオおよびモビリオスパイクの後継車であるだけに、1車種で2列シートの5人乗り、3列シートを備えた7&8人乗りが設定されています。
モビリオとサイズを比較してみると
モビリオ●全長4055mm×全幅1685mm×全高1740mm(1.5W)
フリード●全長4215mm×全幅1695mm×全高1715mm(G)
全長が160mm長くなり、幅は10mm大きくなりましたが、全高は低くなっています。同社のミニバンは低床・低重心が特徴ですから、全高は下がってもあまり驚きませんが、全幅はわずが10mm広がっただけなのに、室内幅が1390mmから1440mmへ。これにより3列目の乗員が2人から3人となり、結果このクラスでは初の8人乗りを実現したというわけです。

シャーシに関しては、モビリオ&モビリオスパイクが先代フィットの流用だったのに対し、フリードはエンジンやCVTはフィットのものながら、他はすべて新開発。3列目シートの折りたたみ方を見ていて「あれ?どこかで…」と思ったら、ステップワゴンと同じ。メーカーの方に聞いてみると、やはりステップワゴンの3列目シートと同じ骨格を使用しているのだということ。ちなみに、8人乗りの場合は2列目シートもステップワゴンからの流用となります。このサイズに2L・1BOXクラスのシート、しかも座り心地に定評のある、ステップワゴンの3列目…。乗り心地はよさそうです。
  • ホンダ フリード インパネ|ニューモデル速報
  • ホンダ フリード 8人乗り 2列目シート|ニューモデル速報
  • ホンダ フリード 7人乗り カットモデル|ニューモデル速報

しかも、小さいながらも結構広い。何しろ「全席185cmの人間が座れるように」設計されているほどです。発表会場で様々な人が試されていましたが、確かに座れています。
もちろん、モビリオスパイクの後継車でもあるわけですから、5人乗り仕様(グレード名はフレックス)はもちろん、8人乗りでも3列目を畳めばラゲージはたっぷり。テールゲート開口部も高さ1120mm×幅1160mmありますから、荷物の積み卸しがラクにできそうです。

装備面で私が注目なのは、斬新なインパネの使い勝手。機能毎に場所が変えられているので、使いやすいと思うんですよね。それと、オプションのスカイルーフや、フレックス(5人乗り仕様)に設定されている、水や汚れ、ペットの毛も付きにくいというワイバブルマットも注目です。
さらにフィットで定評のある「1.5L+トルコン付きCVTの組み合わせ」ですから、走りにも期待できそう。また最小回転半径はモビリオの5.3mから5.2mへと小さくなりましたし、フィット同様に前席ドアには三角窓が付いていて視界もよさそうです。
試乗会が楽しみです。
  • ホンダ フリード ラゲージ|ニューモデル速報
  • ホンダ フリード 3列目シート後ろから|ニューモデル速報
  • ホンダ フリード 3列目シート 折り畳み|ニューモデル速報

<カーセンサーnetデスク・ぴえいる>
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
【新型】BMW X5|プレミアムSUVの先駆者が4代目へと進化(2019/09/26)
【新型】三菱 eKクロス|SUVテイストを前面に押し出した新感覚軽ワゴン(2019/09/24)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027