新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 ティアナ 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

日産 ティアナ 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2008/06/02)

助手席オットマン機構が継続採用されるなど
快適性や上質さの向上が図られた

日産 ティアナ|ニューモデル速報
↑プラットフォームは、新開発されたD-プラットフォームを国内初採用。フラットで快適な乗り心地はもちろん、ひとクラス上の静粛性や走りの性能が目指された
コンセプト
テーマはMODERN、RELAX、OMOTENASHI
誰もがくつろげる上級FFセダン
優れたインテリアデザインが採用されたFF上級セダン、ティアナにフルモデルチェンジが施された。
先代のDNAが引き継がれた新型は、“MODERN”“RELAX”“OMOTENASHI”がコンセプト。プラットフォームには新開発のD-プラットフォームが採用され、優れた乗り心地が実現されるとともに静粛性も大幅な向上が図られている。
また、搭乗者全員がくつろげる居住空間が目指されたインテリアは、助手席オットマン機能が引き続き搭載されるなど、先代からの“これまでにないインテリア”は継承された。まるで自宅のリビングルームに居るかのような上質な空間を目指したという。
バリエーション
メインはV6の2.5Lエンジン
ミッションは全車CVTが採用される
グレードは、FFモデルが250XV、250XL、250XE、350XV、4WDが250XL、250XEの6種。FFモデルに搭載されるエンジンは、フラッグシップで252psを発生する3.5L V6DOHCと、185psを発生する新開発された2.5 V6DOHC。4WDには167psを発生する2.5L直4DOHCが搭載される。
組み合わされるミッションは全車、新型のエクストロニックCVTで、アダプティブシフトコントロール付き。これにより運転スタイルや走行状況に応じ、動力性能&燃費性能の両方が適切になるよう変速タイミングがコントロールされ、伸びのある加速が実現されている。さらに3.5L V6搭載モデルには、6速マニュアルモード機能が搭載されたシンクロレブコントロールも採用される。
ボディカラーは新色のディープアメジストグレーを含む全6色で、インテリアカラーもシルキーエクリュとブラックの2色から選択が可能。価格はFFモデルが250XEの246万7500円から350XVの394万8000円まで。4WDモデルは250XE FOURが267万7500円、250XL FOURが296万1000円。
内外装
上質さや高級感だけでなく
居心地の良さを提供する装備が満載
エクステリアデザインは、縦基調のヘッドライトやフロントからリアまでアーチ状に繋げられたキャラクターライン、刀がモチーフとなったサイドモールなどにより、独特の存在感が表現されている。
一方インテリアは、モダンリビングという先代の哲学こそ踏襲されたがデザインは一新。センターコンソールはスロープとウェーブで立体感が表現され、質感の高いソフトパッドや木目調パネルを内装各所に配することで、揺らぎとやすらぎのある空間を演出している。
また、シートはダブルステッチや立体的な形状が採用され、高級感や仕立ての良さが感じられるだけでなく、そのシートと連続するドアトリムやアームレストが、リビングに置かれたソファーをイメージさせている。
装備面ではティアナ定番の助手席パワーオットマン機構はもちろん、スタイリッシュガラスルーフ、インテリジェントエアコンシステム、HDD式カーウイングスナビゲーションシステム(タッチパネル式)など、おもてなし装備が充実していることも大きな魅力だ。
POINT
[1]ウェーブラインでまとめられ
ゆらぎの空間が演出されている
日産 ティアナ インテリア|ニューモデル速報
[2]シートやアームレストなどが
ソファのようなリラックス感を提供
日産 ティアナ シート|ニューモデル速報
[3]ティアナの代名詞となった
パワーオットマン機構も踏襲
日産 ティアナ 助手席パワーオットマン機構|ニューモデル速報
[4]エンジンは新設計を含む3種類
ミッションも新型のCVTが採用
日産 ティアナ エンジン|ニューモデル速報

グレード 250XE 250XL FOUR 350XV
駆動方式 2WD(FF) 4WD 2WD(FF)
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 4850×1795×1475 4850×1795×1500 4850×1795×1475
ホイールベース(mm) 2775
車両重量(kg) 1480 1530 1570
乗車定員(人) 5
エンジン種類 V6DOHC 直4DOHC V6DOHC
総排気量(cc) 2495 2488 3498
最高出力[kW(ps)rpm] 136(185)/6000 123(167)/5600 185(252)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 232(23.7)/4400 240(24.5)/4000 335(34.2)/4400
10・15モード燃費(km/L) 12.0 11.0 10.0
ガソリン種類/容量(L) レギュラー/70 プレミアム/70
車両本体価格(万円) 246.75 296.1 394.8
■発表日:平成20年6月2日 ■取り扱い:日産ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027