新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧「NEW DS 4」「DS 4 CROSSBACK」を発売開始 / navi

クルマニュース

「NEW DS 4」「DS 4 CROSSBACK」を発売開始 / navi

(2016/04/01)

▲DS 4 CROSSBACK▲DS 4 CROSSBACK

プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:クリストフ・プレヴォ)は、DS Automobiles の 4 ドアクーペ「NEW DS 4」のラインナップに 30 mm アイポイントの高い SUV タイプの「DS 4 CROSSBACK」を追加、本日から全国のシトロエン ディーラーネットワークより発売開始いたします。
2010 年に Most Beautiful Car of The Year 受賞というセ ンセーショナルなニュースでデビューを飾った DS 4 は、 DS Automobiles のブランド立ち上げにともない、新しい DS フロントグリルを纏って昨年の東京モーターショーで日 本初公開されました。

クーペのスタイルを持ちながら SUV とセダンを融合したようなスタイリングを持つ DS 4 は、その唯一 無二のデザインはもちろんのこと、細部までこだわったインテリアや、ブランドのシンボルともいうべきク ラブレザーシート*などは踏襲しつつ、新たに 30mm 高いアイポイントや、ルーフモール、専用バンパー などを備えた DS 4 CROSSBACK をラインナップに追加し、ふたつのボディスタイルから選択できるよ うになりました。(*オプション装着)

NEW DS 4 ならびに DS 4 CROSSBACK のエンジンには 1.6リットルツインスクロールターボ付き 4 気筒 DOHC を搭載、最高出力 165ps で自然吸気の 2リットルクラスをしのぐパワーを発揮します。組み合わされ るトランスミッションは新世代の 6 速オートマチック EAT6 です。

■ NEW DS 4 & DS 4 CROSSBACK 主な特長
▽クーペのスタイルを持ちながら SUV とサルーンを融合したようなスタイリング
▽DS ロゴが配された新しいフロントグリル DS WING と印象的な DS LED Vision
▽ディテールにこだわった DS ならではのインテリアデザイン
▽30mm アイポイントの高い「DS 4 CROSSBACK」と「NEW DS 4」ふたつのボディタイプを展開
▽最新のパワートレイン搭載によるパワフルでトルクフルなドライブフィールと燃費の向上
▽DS 4 CROSSBACK には刺激的な新色、オランジュ トルマリンを設定

■ NEW DS 4 & DS 4 CROSSBACK 価格とスペック(消費税込)
NEW DS4 Chic:\2,930,000
NEW DS 4 Chic DS LED Vision Package:\3,260,000
NEW DS 4 CROSSBACK:\3,380,000


■デザインとスタイリング
クーペのような美しいボディラインと SUV のような高めのアイ ポイントを持ちながら、ダイナミックかつスポーティーな走りを 兼ね備えた DS 4 は、その流麗なフォルムから、最も美しいク ルマに贈られる Most Beautiful Car of The Year 2011 をデ ビュー直後に受賞したことでも知られています。流れるような ラインで形成されたクーペスタイルのサイドビューや、ボリュー ムあるリアエンド、さらにリアウインドウ内に‘隠された’リアド アハンドルなど DS 4 を象徴するフォルムは踏襲されつつ、 NEW DS 4 と DS 4 CROSSBACK には新たな特徴となるフ ロントグリル NEW DS WING を採用しています。グリル中央 には従来のダブルシェブロンの代わりに DS エンブレムが配 されました。フロントグリルを縁取るクロームは輪郭がヘッドラ イトと連なるように左右に広がり独立したブランドとしてのアイ デンティティを示しています。また、バイキセノンヘッドライトと LED ポジションランプからなる DS LED VISION* は機能とデ ザインを兼ね備えた新しい DS 4 のアイコンでもあります。
(*Chic DS LED Vision Package と DS 4 CROSSBACK に標準装備)

▲デザインとスタイリング ▲デザインとスタイリング



■コックピットとインテリア
コックピットとインテリアの造形もまた、DS 4 の大きな特長で す。クロームデコレーションの 3 連メーター、スポーティーなア ルミペダルなど、クルマを操る喜びを高めるコックピットデザイ ンを取り入れ、エレクトリックパーキングブレーキやエンジンス タートボタンなども直感的に操作しやすいレイアウトにデザイ ンされています。また、頭上まで広がるパノラミックフロントウィ ンドウは良好な視界を提供します。
DS はシート形状やデザインのディテールにもこだわっていま す。オプションのクラブレザーシートは最高級とされるセミアニ リンレザーを贅沢に使用、時計のストラップをモチーフに一流 の職人が手掛けたステッチや仕上げはパリ生まれのオートク チュールをイメージしています。他にも大容量 370リットルのトランク ルームや左右独立調整式エアコンなど使い勝手の良さと快 適性も追求しています。

▲コックピットとインテリア ▲コックピットとインテリア



■ふたつのボディタイプ
今回 NEW DS 4 に加え新たなボディタイプが追加されたこと も大きな特長です。DS 4 CROSSBACK は車高を 30mm 高 くしながら全高 1,530mm と一般的な立体駐車場に入庫可能 なサイズとしました。またルーフモールディングやルーフスポ イラーなどを装着し SUV 要素を強調、フロントバンパー、17 インチブラックホイール、ホイールアーチモールディング、リア エンブレム、フロアマットなどの DS 4 CROSSBACK 専用パ ーツが個性をより引き立たせています。さらにアウトドアにも 映える DS 4 CROSSBACK の専用色、オランジュ トルマリン を設定しました。

▲ふたつのボディタイプ ▲ふたつのボディタイプ



■パワートレイン
NEW DS 4 と DS 4 CROSSBACK には共通のパワートレイン が搭載されています。最高出力 165ps、最大トルク 240Nm を 発生する 1.6リットルツインスクロールターボエンジンは、軽量コンパ クトながら 2.0リットルクラスの自然吸気エンジンをしのぐパワーを発 揮、ストップ&スタート(アイドリングストップ)システムとの相乗 効果によって優れた燃費性能も実現しています。トランスミッシ ョンには新世代の 6 速オートマチック EAT*6 を搭載。ロックアッ プ領域の拡大によりロスを減らし、ダイレクトなレスポンスを生 み出しています。またマニュアルモードのシフトスピードも向上 し、よりスポーティーなドライビングを実現しました。
*Efficient Automatic Transmission

▲パワートレイン ▲パワートレイン



■新装備とセーフティ機能
ハイウェイ、夜道、坂道、狭いパーキングスペースなど日常的に遭遇する様々な場面で不要なストレス を取り除き、ドライバーの注意力を支える DS 4 のセーフティ機能。新しいヘッドライトユニット DS LED VISION に高輝度のキセノンライトを採用するほか、下記のようなセーフティ機能を搭載しています。
▽バイキセノンディレクショナルヘッドライト
▽コーナリングライト機能付フロントフォグランプ
▽ブラインドスポットモニター
▽フロントソナー/バックソナー
▽ヒルスタートアシスト ほか

■カラーバリエーション
(ルージュルビは DS 4、オランジュトルマリンは DS 4 CROSSBACK 専用色)

▲カラーバリエーション ▲カラーバリエーション



■DS ブランド
DS ブランドは、プレミアムカー市場にフランスの自動車メーカーを再構築することを目指して 2014 年 6 月 1 日シトロエンか ら独立し、パリで正式に発足しました。 1955 年創業の DS のイノベーションとアヴァンギャルドというバリューを受け継ぎ、フラ ンスが誇るノウハウの最高峰を体現しています。クルマを通して個人のパーソナリティを表現したいお客様を意識したデザイ ンで、DS 3、DS 4、DS 5 の3つのボディタイプを軸にラインナップを展開しています。優れたスタイリング、感性豊かなデザイ ン、ディテールへのこだわり、そして先進テクノロジーが DS の存在をさらに際立たせています。ヨーロッパ各地の DS 販売拠 点に加え、DS サロン(シトロエン系列の専門ショールーム)を介した独自の販売ネットワークで中国にも展開。カスタマーにと って、DS は単なる製品としての車でとどまることなく、エクスクルーシヴでプレミアムなサービス各種へと繋げるブランドエクス ペリエンスを象徴する存在となっています。ブランド発足以来、DS の販売台数は世界で 60 万台を超えています。

▲諸元表 ▲諸元表

▲主な装備 ▲主な装備


クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027