新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧新型セダン「ACCORD(アコード)」を発売 / navi

クルマニュース

新型セダン「ACCORD(アコード)」を発売 / navi

(2016/05/26)

Hondaは、革新的なハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド) i-MMD」※1がもたらす力強い加速感や、優れた燃費性能で好評の「ACCORD(アコード)」の内外装を刷新するとともに、モーターの進化などの大幅な改良を加え、本日発売します。

新型アコードは、スイッチ式のエレクトリックギアセレクターや、インラインタイプのフルLEDヘッドライトの採用など内外装の刷新を図るとともに、モーターやバッテリーなどを新設計することによってSPORT HYBRID i-MMDを小型・軽量化し、高出力・高トルク化を図ることで、力強い走りと静粛性をさらに高い次元で両立させました。また、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を標準装備し、高い安心感を提供します。

加えて、高度化光ビーコン※2を使用した信号情報活用運転支援システムに世界で初めて対応※3。交通信号のさまざまな情報を通信により取得して、メーター内に表示することで、より安全で円滑な走行をサポートします。また、Honda独自の通行情報を活用し、サーバーからの最新情報で道案内を行う100%サーバールート配信による、高精度な渋滞予測を実現する「Hondaインターナビ」を標準装備、さらに、iPhone※4のさまざまなアプリを車内で便利に使えるApple CarPlay※4に新たに対応しました。

さらに、車線変更や合流時などに助手席側後方の確認を補助する「LaneWatchTM(レーンウォッチ)」や、狭い場所での駐車などを助ける「パーキングセンサーシステム」を装備し、お客様の安全な運転をサポート※5します。

※1 i-MMDはIntelligent Multi‐Mode Drive(インテリジェント・マルチモード・ドライブ)の略
※2 近赤外線技術を応用した、走行車両の車載装置との双方向通信機能と車両感知機能を併せ持つ装置
※3 Honda調べ(2016年5月現在)
※4 iPhoneおよびApple CarPlayは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※5 各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。使用環境によっては、作動しない場合や十分に性能を発揮できない場合があります。

▲アコード 「HYBRID EX」▲アコード 「HYBRID EX」


<主な変更点>

○外装デザイン
・フロントデザインの刷新
インラインタイプ フルLEDヘッドライト/LEDフォグライト
導光タイプ LEDポジションランプ
・リアデザインの刷新
LEDストップランプ/LEDテールランプ
・サイドシルガーニッシュ/トランクスポイラー(HYBRID EXのみ)
・高熱線吸収/UVカット機能付ソフトプライバシーガラス(リアドア/リアクォーター/リア)
・18インチアルミホイール(HYBRID EXのみ)

○内装デザイン
・木目調パネルの色柄変更(インストルメントパネル、ドアライニング)
・ミラーブラックパネル(ステアリングガーニッシュ、エアコンパネル)
・グロスワンブラックパネル(センターコンソール、パワーウインドウスイッチパネル、リアアームレストリッドなど)
・専用スポーツコンビシート(HYBRID EXのみ)

○SPORT HYBRID i-MMDの進化
・リチウムイオンバッテリーの設計を一新し、小型・軽量化を実現
・モーターの設計や製法を一新し、小型化、高出力/高トルク化を実現
・DOHC i-VTECエンジンに、寒冷時の燃費性能向上に寄与する排熱回収システムを新たに採用

○新規標準装備の充実
・エレクトリックギアセレクター
・SPORTモードスイッチ
・減速セレクター
・Apple CarPlay※4対応Hondaインターナビ 7インチワイドVGAディスプレイ
・エンジンスタートボタン付Hondaスマートキーシステム(HYBRID EXのみ)

○安全運転支援装備の標準適用
・Honda SENSING
・LaneWatch
・パーキングセンサーシステム

○信号情報活用運転支援システムへの対応
都道府県警察が整備している信号情報活用運転支援システムに対応。道路に設置された高度化光ビーコンから得られる複数の信号予定情報と、自車の位置・速度の情報に基づき、「信号通過支援」「赤信号減速支援」「発進遅れ防止支援」を表示することで、安全で円滑な走行をサポート

<HYBRID EX 専用メーカーオプション> (下記2点のセット装着)

・レザーインテリア(本革シート)
・チルトアップ機構付フロント電動スモークドガラス・サンルーフ

●販売計画台数(国内・月間)   250台

●全国メーカー希望小売価格

<アコード>(消費税8%込み)
HYBRID LX:3,850,000円
HYBRID EX:4,100,000円

・価格には、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う費用は含まれない
・自動車リサイクル法の施行によりリサイクル料金が別途必要。リサイクル料金は、リサイクル預託金(シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類のリサイクル等に必要な費用、情報管理料金)および資金管理料金の合計金額
・ホワイトオーキッド・パール、プレミアムスパークルブラック・パール、ディープオーロラ・メタリック、プレミアムディープロッソ・パールは43,200円(消費税8%抜き 40,000円)高

<カラーバリエーション>

○外装(全5色)
・ホワイトオーキッド・パール
・プレミアムスパークルブラック・パール
・ディープオーロラ・メタリック
・プレミアムディープロッソ・パール
・ルナシルバー・メタリック

○内装(全1色)
・ブラック(バイオPET表皮シート:HYBRID LX)
・ブラック(スポーツコンビシート:HYBRID EX)
・ブラック(本革シート:HYBRID EXにメーカーオプション)

クリックでタグの選択
最新ニュース
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
【試乗】ポルシェ 911 カレラ4S|高出力&ラグジュアリーに進む911に安定感をもたらす存在(2020/10/02)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027