新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧新型軽乗用車「ムーヴ キャンバス」発売 ~自身のライフスタイルを楽しむ女性に寄り添う新感覚スタイルワゴン~ / navi

クルマニュース

新型軽乗用車「ムーヴ キャンバス」発売 ~自身のライフスタイルを楽しむ女性に寄り添う新感覚スタイルワゴン~ / navi

(2016/09/07)

▲ムーヴ キャンバス G“メイクアップSAⅡ”▲ムーヴ キャンバス G“メイクアップSAⅡ”



ダイハツ工業(株)(以下、ダイハツ)は、新型軽乗用車「ムーヴ キャンバス」を、9月7日(水)から全国一斉に発売する。

新型車の企画・開発にあたり、軽の市場構成の中で多くを占める女性の中でも、今回の新型車 では「近年の女性の行動特性」に着目。普段の暮らしに少しの変化を与えることで、自身のライ フスタイルを楽しむ女性をターゲットに企画・開発を行った。
その他、近年、親との同居世帯の増加に伴い、世帯内でクルマを共有する傾向が増えていると いった使用実態にも目を向け、幅広い世代で使いやすい軽自動車を目指した。

「ムーヴ キャンバス(MOVE canbus)※1」は、これらの市場背景を敏感に捉えるこ とで、デザイン性と機能性を両立した新感覚のスタイルワゴンとして、自身のライフスタイルを 楽しむ女性に寄り添う軽自動車とした。

ムーヴ キャンバスの主な特長は、以下の通り
1.おおらかでシンプルな丸みのあるシルエットと、こだわりを感じる内外装デザイン
2.クラス初※2の両側スライドドア採用による新しいパッケージングと新発想のレイアウト
3.「置きラクボックス」「AFS※3」「パノラマモニター」など幅広い世代の使いやすさを考えた新アイテムの採用

ダイハツは、「お客様に一番近いクルマづくり」を目指し、お客様の生活をより豊かに出来るク ルマの開発を推進してきた。今後も、様々なニーズにお応えできる多様な車種ラインナップを ご提案することで、お客様一人ひとりの生活に寄り添うクルマを世の中に送り出していく。

※1:CANVAS=キャンバス、帆布。「CAN=何でもできる」+「BUS=ミニバスのようなデザイン性」により、暮らしの 可能性を広げられるクルマを表現
※2:全高1,700mm以下の軽乗用車。2016年9月7日現在。ダイハツ調べ
※3:Adaptive Front-lighting System。ステアリング連動ヘッドランプ

*車両概要*

1.おおらかでシンプルな丸みのあるシルエットと、こだわりを感じる内外装デザイン

~デザインコンセプト:ナチュラル・愛着・アクティブ~

◇愛らしさを感じるエクステリアデザイン

・シンプルでおおらかな面構成による丸みのあるシルエットでナチュラル感を表現
・水平基調のロングキャビンでのびやかさを演出
・XグレードとGグレードに設定した「メイクアップ」では、様々なメッキ加飾や、リヤコ ンビランプのクリアクリスタル化により上質感を表現
・先進感とともに高い視認性を実現するBi-Angle LEDヘッドランプ※4に、指輪を イメージしたリングと、3粒のクリアランスランプを加えた愛らしいデザインが特徴
・専用エンブレムを施した14インチフルホイールキャップを採用※5
※4:G“メイクアップ SAⅡ”、G“SAⅡ”に標準装備
※5:L、L“SAⅡ”を除く

◇ナチュラルで心地よさを感じるインテリアデザイン

・おおらかな面に包まれた、ナチュラルで居心地の良い空間を演出
・センターメーターの採用で、運転席周りをすっきりさせ、見晴らしの良さを実現
・「メイクアップ」では、メッキ加飾と自分らしさを表現できるインテリアアクセントカラー で、室内をコーディネート※6
・シートは、プレーンで飽きのこないデザインを採用。「メイクアップ」ではソフトタッチな 表皮と専用のシートパイピングで仕立ての良さを強調
・ドライバーの視線移動が少なく、視認性に優れた自発光式大型センターメーターを採用
・メーカーオプションの「ブラックインテリアパック」の選択で、シックで落ち着いた室内 の演出が可能
※6:ボディーカラーによって、引き当てられるインテリアカラーが異なります

◇自分らしさを表現できる豊富なカラーバリエーション

・ストライプスカラー8色とモノトーンカラー9色の全17色から好みに合わせて選択可能
・ストライプスカラーは特徴的な見切りラインのユニークなデザインとして、明るい印象で 遊び心のあるホワイトと、シックで大人っぽく上質感あふれるグレーの2種類を設定
・ファインミントメタリック・スムースグレーマイカメタリック・ナチュラルベージュマイ カメタリックの3色を新開発

2.クラス初の両側スライドドア採用による新しいパッケージングと新発想のレイアウト

◇ゆったり空間と使い勝手のよいパッケージング

・ムーヴ同等の全高とクラス初の両側スライドドアによる新パッケージング
・後席スライドドアと置きラクボックスの組み合わせにより、荷物を積み込むまでの動作を 最小限に抑えられる「置きラクレイアウト」を採用
・運転席からフロントガラスまでのヘッダー距離を835mmとして、圧迫感なく余裕のあ る運転席周りを実現

3.「置きラクボックス」「AFS」「パノラマモニター」など幅広い世代の使いやすさを考えた新アイテムの採用

◇国産車初 後席シート下収納「置きラクボックス」採用※7

・後席シート下や足元空間を有効活用できる「置きラクボックス」を国産車で初めて採用
<ケースモード>
シート下に収まる引き出しとして使用可能。積んだままにしておく物など、外から見え ずにすっきり収納
<バスケットモード>
中敷を立ち上げると、高さが増し、転倒しやすい荷物も安定した収納が可能
※7:2016年9月7日現在。ダイハツ調べ。L,L“SAⅡ” を除く全車に標準装備

◇夜間の運転でも安心の、ステアリング連動ヘッドランプ「AFS」を軽自動車で初採用※8

・夜間も安心して運転できるAFSを軽自動車で初めて採用
・ステアリング操作に応じてヘッドランプが可動。進行方向を照らすので、夜間のカーブや 交差点での視認性が向上。Bi-Angle LEDヘッドランプ※8の為、ハイビーム時 も同様にステアリング操作に応じて、照射方向が変わり、高い視認性を確保
※8:2016年9月7日現在。ダイハツ調べ。G“SAⅡ”、G“メイクアップSAⅡ”に標準装備

◇ダイハツ初「パノラマモニター」採用※9

・駐車時や見通しの悪い交差点などで活躍するパノラマモニターをダイハツ初採用。4箇所 のカメラにより、車両の前後左右を映すことで、上から見下ろしたような映像をナビ画面 に表示。さらに、様々な表示モードに切替えが可能で、狭い道でのすれ違い時や、見通し の悪い交差点でも活躍
※9:パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパックとしてメーカーオプション
別途、ディーラーオプションでパノラマモニター対応ナビゲーション(8インチ/7インチ)の装着が必要

4.ダイハツならではの高い基本性能や低燃費技術の採用

◇基本性能

・ムーヴで培ったアンダーボディの最適補強やDサスペンションの採用により、フラットで 快適な乗り心地と安心できる操縦安定性を実現
・電動パワーステアリングの制御により、ステアリングの操舵力を最適化し、市街地での取 り回しや駐車時の切り返しの利便性を向上

◇低燃費

・「樹脂化ボディ」「高着火スパークプラグ」「低フリクションエンジンオイル」「CVT制御 の最適化」などe:Sテクノロジーを採用
・空力意匠と空力パーツの採用でCd値を抑制
・2WD車で、28.6km/L※10の低燃費を実現し、エコカー減税「免税」対象。4WD 車は27.4km/L※11でエコカー減税対象車となる優れた低燃費性能を実現
※10:2WD車。JC08モード走行燃費。国土交通省審査値
※11:4WD車。JC08モード走行燃費。国土交通省審査値

◇安心・安全装備

・衝突回避支援システム「スマートアシストⅡ」を採用
カメラとレーザーレーダー、ソナーセンサーの組み合わせによって、前方の車両との衝突 の危険が高まった場合に緊急ブレーキによる危険の回避を支援。さらに車両や歩行者との 衝突の危険性や車線の逸脱も警報などでお知らせし、前方や後方へのアクセルとブレーキ の踏み間違えによる飛び出しも抑制
・「ヒルホールドシステム」の採用で、坂道発進時の車両の後退を抑制
・60km/h以上で走行時、強くブレーキを踏み込んだ場合、ブレーキランプの点灯と同時 にハザードランプが自動で高速点滅し、後続車に注意喚起する「エマージェンシーストッ プシグナル」を採用

◇快適装備

・パワースライドドアは、ドアクローズ中に、電子キーの「施錠」ボタンを押すことで、ド アクローズ後、自動でドアの施錠をおこなうパワースライドドア予約ロック機能付き
・紫外線(UV)だけでなく、熱さを感じる主因である赤外線(IR)をカットし、太陽光を半減。 日焼けだけでなく、車内温度上昇の防止にも効果を発揮する「スーパーUV&IRカット ガラス(フロントドア)を採用※12
・花粉やPM2.5に対応した、高い集塵性を実現する「スーパークリーンエアフィルター」 を装備※12
・「パノラマモニター(フロントカメラ、サイドカメラ、バックカメラ)」「オーディオパネル (シルキーホワイト/シルバー加飾リング)」「ステアリングスイッチ」「16cmリヤスピ ーカー&ツィーター」をセットにしたパノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレー ドパックをメーカーオプションとして設定
・ディーラーオプションの「パノラマモニター対応ナビゲーション」は、大画面の8インチ と7インチがあり、パノラマモニター使用時の視認性の良さを実現
・ディーラーオプションの「簡単脱着&洗えるシートクロス」は、簡単に脱着、手洗い洗濯 が可能で、「ストライプ」「チェック」「シンデレラ」「ブラウンディズニー」の4パターン のデザインで、内外装に合わせたコーディネートが可能
※12:G“メイクアップ SAⅡ”、G“SAⅡ”に標準装備


*販売概要*

月間販売目標台数:5,000台
発表展示会:9月17日(土)、18日(日)、19日(月)

*メーカー希望小売価格*

【ムーヴ キャンバス(単位:円/消費税込み)】
L:1,188,000~1,312,200
L“SAⅡ” :1,252,800~1,377,000
X:1,296,000~1,420,200
X“SAⅡ”:1,360,800~1,485,000
X“メイクアップ SAⅡ” :1,414,800~1,539,000
X“リミテッド SAⅡ”:1,425,600~1,549,800
X “リミテッド メイクアップ SAⅡ”:1,479,600~1,603,800
G“SAⅡ” :1,490,400~1,614,600
G“メイクアップ SAⅡ” :1,544,400~1,668,600

※13:naturally aspirated engine(自然吸気エンジン)
※14:自動車取得税免税、自動車重量税免税、軽自動車税50%減税、2016年9月7日現在
※15:自動車取得税80%減税、自動車重量税75%減税、軽自動車税25%減税、2016年9月7日現在

◎価格にリサイクル料金含まず

クリックでタグの選択
最新ニュース
メガーヌR.S.は抜群の旋回性能を誇るFF超速ホットハッチ(2018/09/19)
ホンダ レジェンドのマイナーチェンジから半年。ところで、スポーツサルーンはどう進化していたのか(2018/09/12)
買うなら断然こっちだ! こだわりしか感じないノート/セレナ「オーテックモデル」(2018/09/10)
S660 モデューロXは動きがいまいちだったサスペンションがランクアップ!(2018/09/06)
深みある乗り心地に感服である。日本最高峰の高級車『トヨタ センチュリー』に乗る(2018/09/05)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027