新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ、3列シート8人乗りミニバンの小型乗用車 新型「ランディ」を発売 / navi

クルマニュース

スズキ、3列シート8人乗りミニバンの小型乗用車 新型「ランディ」を発売 / navi

(2016/12/13)

▲ランディ「2.0G」▲ランディ「2.0G」



スズキ株式会社は、3列シート8人乗りミニバンの小型乗用車「ランディ」を全面改良し、12月20日より発売する。

今回発売する新型「ランディ」は、運転のしやすい車体サイズを維持しながら、ゆったりくつろげる広い室内空間を実現した。2列目シートの超ロングスライド※1に加え、3列目シートにもスライド機構※1を採用することでより多彩なシートアレンジを可能とした。さらに2通りに開く「デュアルバックドア」、フタを開いて給油口にそのままノズルを差し込むことが出来る「キャップレス給油口」を新採用し使い勝手を向上させた。
車両や歩行者との衝突回避をサポートする「エマージェンシーブレーキ」を全車に標準装備し安全装備を充実させた。アイドリングストップ時間の拡大などにより2WD車の燃費を向上させるとともに、新たに4WD車にスマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)※1を搭載した。新型「ランディ」は日産自動車株式会社よりOEM供給を受けるモデルである。

※1 2.0G、2.0Xに標準装備。

新型「ランディ」の主な特長

1.ミニバンクラスNo.1※2の室内長※1と室内幅による進化した居住性と実用性
2.安心してドライブが楽しめる、先進の安全装備を全車標準装備
3.ミニバンに最適なハイブリッドを搭載し、優れた燃費性能を実現
4.スタイリッシュで品格のあるデザイン


※2 全高1.8m以上の1.5~2.0Lクラス8人乗りミニバン。2016年12月現在、スズキ調べ。他社にも同数値の車があります。
※3 燃料消費率JC08モード走行(国土交通省審査値)

目標台数 1,200台(年間)



全国希望小売価格(消費税8%込み)

▼ランディ
2.0S:2,500,200円
2.0X:2,721,600円~2,965,680円
2.0G:2,961,360円~3,248,640

* 2WD車は前輪駆動。
* 価格には、リサイクル料金、保険料、税金(除く消費税)、登録等に伴う費用は含まれない。
* カシミアグレージュパールメタリック、ブリリアントホワイトパール塗装車は42,000円高。
* ダイヤモンドブラックパール[スクラッチシールド加工]塗装車は54,000円高。

1.ミニバンクラスNo.1※2の室内長※1と室内幅による進化した居住性と実用性

・室内空間を拡大し、ミニバンクラスNo.1※2の室内長3,240mm※1と室内幅1,545mmを実現。2列目シートの690mm超ロングスライド※1に加え、3列目シートにもスライド機構※1を採用することでより多彩なシートアレンジを可能とし、荷室スペースの広さも確保して使いやすくした。
・3列目シート用後席左側パワースライドドアスイッチや、踏むだけで2列目シートが前方にスライドするフットペダルを採用し、スムーズな3列目シートへの乗り降りを可能とした。
・2列目の左右シート間隔(220mm)により、2列目から3列目シート間のウォークスルーを容易に可能とした。
・バックドアが2通りに開く「デュアルバックドア」を全車に設定。バックドアの上半分だけを開閉できるハーフバックドアを新たに採用することで使い勝手が向上した。
・パワースライドドアに、開閉中に任意の位置で止めることが出来る一時停止機能を採用。
・給油キャップが無い「キャップレス給油口」を新採用。キャップを回す必要が無く、給油を容易にし、手も汚れにくくした。

2.安心してドライブが楽しめる、先進の安全装備を全車標準装備

・先代のランディを継承し、「エマージェンシーブレーキ、LDW(車線逸脱警報)、踏み間違い衝突防止アシスト、ふらつき警報、全方位モニター[MOD(移動物検知)機能付]」を全車に標準装備。
*LDW=Lane Departure Warning
*MOD=Moving Object Detection
・車両進入禁止標識を検知し、ドライバーに知らせる「進入禁止標識検知」を全車に新採用。
・車庫入れや縦列駐車を自動操舵で支援する「パーキングアシスト※1」を新採用。
・SRSカーテンエアバッグ&フロントシートSRSサイドエアバッグ※1を新採用。

3.ミニバンに最適なハイブリッドを搭載し、優れた燃費性能を実現

・アイドリングストップシステム※1時間の拡大、スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)※1の採用により、16.6km/L※3(2WD車)の低燃費を実現した。
・スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)を新たに4WD車にも搭載した。
・全車エコカー減税の対象車とした。

4.スタイリッシュで品格のあるデザイン

・サイドウインドー下端部のデザインを伸びやかにすることでスポーティーな印象を高めるとともに、ドライバーの視界の良さも実現した。
・フロントグリルは、外側に広がる2本のメッキバーを採用し、力強さとワイド感を表現した。
・ブラックの内装色を全車に採用した。
・車体色は、新色のシャイニングブルーパールメタリック、カシミアグレージュパールメタリックを採用。白、銀、黒をあわせて全5色を用意した。

「ランディ」WEBカタログ

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】アウディ A5カブリオレ|優雅に風を流す美しい幌。随所にこだわりを感じる唯一無二のA5 カブリオレを試乗(2019/03/19)
【試乗】フォルクスワーゲン ポロ Rライン|大衆車ながら高い質感で走りも良い実益を兼ねたモデル(2019/03/19)
【雪上試乗】新型 三菱 デリカD:5|もはやミニバンということを忘れる走破性の高さだ!(2019/03/18)
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型マツダ3(アクセラ)|素晴らしくマニアックな進化をしている! はっきりいって期待大だ!(2019/03/09)
2
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
3
keep
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)
4
up
【試乗】新型 トヨタ マークX “GRMN”|2019年モデルは限定350台! 国産最高峰のFR 4ドアスポーツセダンだ!(2019/02/22)
5
down
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
6
down
【試乗】新型 レクサス UX|「走り・デザイン・乗り心地」総合力の優れたコンパクトSUVを試乗(2019/03/11)
7
up
ホンダ 新型インサイトに試乗。スポーティセダンに生まれ変わり、走りも見た目もゆとりを手に入れた(2019/02/19)
8
up
8ATとなったプジョー 3008 GT BlueHDiは、ディーゼルSUV市場の隠れた優等生だ(2019/01/06)
9
down
日産リーフ「e+(イープラス)」誕生! 航続距離延長“以外”の良さは?(2019/02/03)
10
keep
大人の雰囲気をまとったホンダ フィット Modulo style。走行性能は地道な改善のたまものだ(2019/01/31)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027