新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧TOYOTA、ピクシスエポックをフルモデルチェンジ / navi

クルマニュース

TOYOTA、ピクシスエポックをフルモデルチェンジ / navi

(2017/05/12)

・アクセルの踏み込みに対する反応を向上させ、発進や追い越しがよりスムーズに
・歩行者も検知可能な衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」*1を搭載
・荷室にビジネスデッキボードを標準装備したビジネスユーザー向けグレードを新設定


TOYOTAは、軽乗用車のピクシスエポックをフルモデルチェンジし、全国のトヨタカローラ店、ネッツ店、一部のトヨタ店、トヨペット店を通じて5月12日に発売した。

▲G“SAⅢ”(2WD)▲G“SAⅢ”(2WD)


アクセル操作に対するエンジンの反応を良くしたことで、発進や追い越し時の加速性能が向上。日常の買い物や通勤等の移動手段として、ストレスのない走りを実現した。

「交通事故死傷者をゼロにしたい」との究極の願いの下で取り組んでいる安心・安全機能も強化。歩行者にも対応*2する緊急ブレーキや、オートハイビームなど先進安全機能を進化させた衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を搭載した。室内空間では、ドライビングポジションや頭上の圧迫感を改善しながら大人4人がしっかり乗れるスペースを確保。さらに、登録車では一般的なスイッチ式のバックドアオープナーを全車に標準装備した。

ビジネスユーザー向けには、荷室のデッキボード表皮にポリ塩化ビニルを採用した「ビジネスデッキボード」を標準装備するBグレードを新設定。汚れが付きにくくなったことに加え、後席を倒して荷物を載せる際の段差が縮小し、利便性が向上した。

*1 ダイハツ工業(株)の登録商標
*2 対歩行者は時速30~50キロ(速度差約30~50キロ)で検知可能

【販売概要】

販売店:トヨタ販売店210社
全国のトヨタカローラ店74社、ネッツ店105社および、軽自動車市場比率の高い地域で取扱希望のあったトヨタ店15社、トヨペット店16社

【生産工場】

ダイハツ九州(株) 大分(中津)工場

【メーカー希望小売価格】

(北海道のみ価格が異なる。単位:円/消費税込み)
B:842,400~1,036,800
L:874,800~1,069,200
X“SAⅢ”:1,080,000~1,209,600
G“SAⅢ”:1,209,600~1,339,200

CVT:自動無段変速機
*価格にはリサイクル料金は含まれない

ピクシスエポック 車両情報はこちら:http://toyota.jp/pixisepoch/

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027