新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧新型Audi Q5を発売 / navi

クルマニュース

新型Audi Q5を発売 / navi

(2017/09/20)

▲Audi Q5▲Audi Q5

▽プレミアムSUVの世界的トップセラー、8年ぶりのフルモデルチェンジ

アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:斎藤 徹)は、プレミアムミッドサイズSUVのAudi Q5を8年ぶりにフルモデルチェンジし、10月2日(月)から全国のアウディ正規ディーラー(125店舗:現時点)を通じての販売を開始します。

Audi Q5は、Audi Q7に続くAudi Qシリーズの第2弾として2009年に日本市場でデビュー。視界の良い高めのシートポジション、広くて多目的に使えるキャビンといったSUVならではの持ち味に、アウディの特徴であるスポーティでエレガントなデザイン、卓越した走行性能と先進テクノロジーを融合したモダンでオールラウンドなSUVとして、発売直後からセグメントのトップセラーとなりました。発売から8年間で世界の累計販売台数は160万を超え、昨年も世界で約28万台をデリバリーするなどアウディの数ある車種の中でも、最も成功したモデルの一台となっています。

今回フルモデルチェンジを果たした2世代目は、新しいMLB evoのモジュラープラットフォームをベースに、デザイン、メカニズムを一新。ボディサイズは若干拡大しながら、徹底した軽量設計により、車両重量を従来型比60kg削減し、エンジン(2.0 TFSI)もパワーアップと同時に効率化も図って、運動性能をより一層高めながら、燃費を11%改善しています。

テクノロジーの面では、歩行者検知機能付き衝突軽減システムである「アウディプレセンスシティ」などの先進的な予防安全システムに加え、「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」を全車標準装備(「トラフィックジャムアシスト」付きは、2017年12月に導入予定。)また、デジタル多目的ディスプレイの「アウディバーチャルコクピット」や「マトリックスLEDヘッドライト」などが、Audi Q5シリーズでは初めて設定されます。全モデルに搭載される4WDのquattroも、予測的な制御を行う新しいシステムを採用することで、実走行での燃費効率を高めています。

新型Audi Q5では、最新のコネクティビディー機能も搭載されました。MMIタッチナビゲーションを介して、Audi connectによるインターネットからの情報サービスや、Wi-Fiスポット機能、スマートフォンインターフェイスなどを標準装備しています。今年から搭載が始まった「セーフティ&サービス」も搭載され、Audi SOSコール、Audi オンラインロードサイドアシスタンス、Audi メンテナンスリクエスト、myCar Managerの4つの機能を提供します。

パワートレインは、最大出力185kW(252PS)を発揮する2.0 TFSIエンジンに7速Sトロニックを組み合わせ、quattro 4WDシステムにより駆動します。シャシーは、新開発の電動パワーステアリングと、前後に5リンクのサスペンションを採用し、ハンドリングと乗り心地を高度なレベルで両立させています。オプションで新開発のエアサスペンションも設定され、Audi drive selectで、「lift / offroad」、「allroad」モードを含む7つのセッティングが選択でき、舗装路からオフロードまで幅広い走行条件に対応します。

初代で好評を得たオリジナルな資質に、最新のテクノロジーを採用してさらなる磨きをかけた新型Audi Q5は、デザイン、ユーティリティ、走行性能、快適性、サステイナビリティ、先進性、品質、いずれの面でも高いスタンダードを実現した真にオールラウンドなプレミアムSUVで、このセグメントの新たなベンチマークを確立しています。

今回発売するAudi Q5のモデルと価格(消費税込)は以下のとおりです。

●Audi Q5 2.0 TFSI quattro:6,570,000円

全長 mm:4,680
全幅 mm:1,900
全高 mm:1,665*1
ホイールベース mm:2,825
車両重量 kg:1,820*2,*3
JC08モード燃費 km/L:13.9
総排気量 cc:1,984
エンジン種類:直列4気筒DOHC インタークーラー付ターボチャージャー
最高出力 kW(PS)/rpm:185(252)/5,000-6,000
最大トルク Nm/rpm:370/1,600-4,500
駆動方式:quattro(4WD)
トランスミッション:7速Sトロニック
タイヤ:235/60R18
車両本体価格(税込):6,570,000円

*1:エアサスペンション装着車は全高が1,640mmとなります
*2:エアサスペンション装着車は車両重量が1,830kgとなります
*3:パノラマサンルーフ選択時は+20kgとなります

▲Audi Q5 ▲Audi Q5
▲Audi Q5 ▲Audi Q5
▲Audi Q5 ▲Audi Q5
▲Audi Q5 ▲Audi Q5


クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
5
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
6
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
7
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
8
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027