新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲンの新たなフラッグシップモデル 新型「Arteon」発売開始 / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲンの新たなフラッグシップモデル 新型「Arteon」発売開始 / navi

(2017/10/17)

▲New Arteon ▲New Arteon
①スポーティーかつ流麗なクーペスタイルのプロポーションを実現
②ブラック基調のインテリアは、広大な室内空間を提供
③2.0TSIエンジン(280PS,350Nm)+7速 DSG+4MOTIONを採用したパワートレイン
④フォルクスワーゲンの最新技術を集約したテクノロジーショーケース


フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社(代表取締役:ティル シェア、本社:愛知県豊橋市、 略称:VGJ)は、日本における新たなフラッグシップモデル、新型「Arteon(アルテオン)」を 10月25日(水)より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーにて発売いたします。グレードは、 「R-Line 4MOTION」「R-Line 4MOTION Advance」の全2グレード。ボディカラーは、新色の チリレッドメタリックを含む全6色展開。全国希望小売価格(税込)は、「R-Line 4MOTION」が 5,490,000円、「R-Line 4MOTION Advance」が5,990,000円です。
新型「Arteon」は、10月28日(土)から一般公開が始まる第45回東京モーターショーにて 展示します。

新型「Arteon」は、フォルクスワーゲンの魅力が凝縮されたフラッグシップモデルとなる、 アバンギャルドなグランドツーリングカーです。流麗かつダイナミックなファストバックデザインは、 セダンの快適性、ステーションワゴンの機能性、クーペのスタイリッシュさを兼ね備えています。
全長4,865mm全幅1,875mm全高1,435mm。ボディサイズは「Passat(パサート)」よりも一回り 大きく、さらに2,835mmもの長いロングホイールベースを確保することで、広大な室内空間を提供して います。パワートレインは、最大出力206kW(280PS),最大トルク350Nmを発生する 2.0TSIエンジンに4輪駆動の4MOTIONを採用。トランスミッションは、新型「Golf R(ゴルフ アール)」 に採用したものと同じ最新の湿式7速 DSGを搭載することで、優れた動力性能をお楽しみ いただけます。また、新型「Arteon」は、フォルクスワーゲンの最新技術を集約したテクノロジー ショーケースとしての一面も有しております。最新のデジタルインターフェースはもちろんのこと、 Volkswagen オールイン・セーフティに基づき、日本では初採用となる“デイタイムランニングライト”の ほか、後方からの衝突にも対応する機能が強化された“プロアクティブ・オキュパント・プロテクション” やデジタルメータークラスター“Active Info Display(アクティブインフォディスプレイ)”などの 先進テクノロジーや渋滞時追従支援システム“Traffic Assist(トラフィックアシスト)”などの自動運転を 見据えた運転支援システムを数多く採用しています。


新型「Arteon」の主な特徴

①スポーティーかつ流麗なクーペスタイルのプロポーションを実現

スポーツカーとサルーンを融合した、グランドツーリングカーらしいフロントフェイス。スポーティーかつ アグレッシブなR-Lineバンパーを採用することで、グランドツーリングカーとしての個性をさらに際立た せています。左右のホイールアーチの上まで覆うボンネットや水平のフロントグリルバーがそのまま LEDヘッドライトと一体となってつながる個性的なディテールはワイドボディを一層強調しています。
流麗でクーペのようなプロポーションが印象的なサイドビューは、ボンネットラインからテールランプ まで続くキャラクターラインが「より低く構えるような」印象を与えるとともに、このラインがリヤに向けて 下がっていく事で視覚的に全高を抑える効果を生み出し、同時にショルダー部分の力強さを強調して います。サイドウインドーはフレームレスで、ガラスエリア全体をクロームで縁取ることで、エレガンスさ を演出しています。サイドから回り込んで筋肉のように盛り上がるショルダーや、ルーフからリヤガラス、 そしてリヤスポイラーへと傾斜していくシルエットには、スポーツカー的なディテールが見られ、同時に グランドツーリングカーらしいボリューム感も表現されています。ダイミックターンインジケーターを採用 したLEDテールランプは、夜間でも一目でわかる強い個性を演出しています。
 

②ブラック基調のインテリアは、広大な室内空間を確保

インテリアには、ブラック基調のR-Lineデザインを採用し、スポーティーな空間を実現しています。
シートトリムにはナパレザーを採用し、本アルミを用いたデコラティブパネルやピアノブラックのセンター パネルなどと相まって、フラッグシップに相応しい上質さも兼ね備えています。また、MQBの採用に より、広大な室内空間を確保。特にリヤシートはクラストップレベルのレッグルームと、長いルーフが もたらす頭上空間により、ワンランク上の快適性を実現しました。ラゲッジスペースは、563L~1,557L *とステーションワゴンに等しい積載能力を有しています。コックピットでは、ジェスチャーコントロール機 能付Volkswagen純正インフォテイメントシステム“Discover Pro(ディスカバープロ)”に加え、 デジタルメータークラスター“Active Info Display”やヘッドアップディスプレイなど最新のデジタル インターフェースを採用し、先進的なデザインだけでなく、高い機能性も備えています。
*ISO 測定法によるドイツにおける測定法
 

③2.0TSIエンジン(280PS,350Nm)+7速 DSG+4MOTIONを採用したパワートレイン

新型「Arteon」に搭載される2.0 TSI エンジンは206kW/280PSの最高出力と、350Nmの最大トルク を発生。ギヤボックスはより大きな入力に耐えられるよう、「Golf R」に初めて搭載された湿式7速 DSG を採用。また、駆動方式は新型「Arteon」のハイパワーを路面に余すことなく伝えることができる 4WDシステムの4MOTIONを採用しています。
 

④フォルクスワーゲンの最新技術を集約したテクノロジーショーケース

新型「Arteon」には数多くの先進安全技術が採用されています。標準装備の “プロアクティブ・オキュパント・プロテクション”には、後方からの衝突予測機能が追加されたことにより、 前方に加え後方からの事故の起きる可能性を予測し、早い段階で乗員保護機能の作動に備えること が可能となりました。その他日本ではフォルクスワーゲン初採用となる“デイタイムランニグライト”や、 万が一の事故の際に歩行者への衝撃を緩和する“アクティブボンネット”など多数の安全装備を採用 することで、フラッグシップモデルに相応しい安全性を有しています。さらに、渋滞時追従支援システム “Traffic Assist(トラフィックアシスト)”などの自動運転を見据えた運転支援システムや 駐車支援システム“ParkAssist(パークアシスト)”を採用しており、新型「Arteon」は まさにフォルクスワーゲンの最新技術を集約したテクノロジーショーケースと言えます。


<主要装備>
<予防安全>
▽アダプティブクルーズコントロール“ACC”(全車速追従機能付)
▽レーンキープアシストシステム“Lane Assist”
▽渋滞時追従支援システム“Traffic Assist”
▽レーンチェンジアシストシステム“Side Assist Plus”
▽スタティックコーナリングライト/ダイナミックライトアシスト *R-Line 4MOTION Advanceのみ
▽ハイビームアシスト/リヤビューカメラ“Rear Assist” *R-Line 4MOTIONのみ
▽アラウンドビューカメラ“Area View”/駐車支援システム“Park Assist” *R-Line 4MOTION Advanceのみ
▽デイタイムランニングライト
▽パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ、前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能付)
▽リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)
▽プロアクティブ・オキュパント・プロテクション

<衝突安全>
▽フロントエアバッグ(運転席/助手席、助手席エアバッグカットオフスイッチ)/ニーエアバッグ(運転席)
▽サイドエアバッグ(前席/後席)/カーテンエアバッグ

<二次被害防止>
▽エマージェンシーストップシグナル/アクティブボンネット

<快適装備>
▽LEDヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDポジションランプ、LEDターンシグナル付)
▽オートライト/レインセンサー
▽ヘッドライトウォッシャー/オールウェザーライト *R-Line 4MOTION Advanceのみ
▽3ゾーンフルオートエアコンディショナー(運転席/助手席/後席独立調整、自動内気循環機能付)
▽アレルゲン除去機能付きフレッシュエアフィルター(花粉/ダスト除去外気導入フィルター)
▽ETC2.0対応車載器
▽Volkswagen純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”(SSDナビゲーションシステム、VICSワイド対応、DVD/CDプレーヤー、MP3/WMA再生、AM/FM、ワイドFM対応、地デジTV受信、Bluetooth オーディオ/ハンズフリーフォン、ジェスチャーコントロール、Volkswagen Media Control アプリケーション対応)
▽モバイルオンラインサービス“Volkswagen Car-Net”(コネクティビティ機能“App-Connect”、テレマティックス機能“Guide&Inform”)
▽ヘッドアップディスプレイ *R-Line 4MOTION Advance のみ
▽スマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”
▽パワーテールゲート(挟み込み防止機能、“Easy Open”機能付)
▽デジタルメータークラスター“Active Info Display” *R-Line 4MOTION Advanceのみ
▽電動パノラマスライディングルーフ(UVカット機能付) *R-Line 4MOTION Advanceのみオプション設定
▽LEDテールランプ(ダイナミックターンインジケーター付)
▽ツインエキゾーストフィニッシャー
▽ナパレザーシート
▽トップコンフォートシート(運転席/助手席)
▽パワーシート(運転席<リクライニング>)/シートヒーター(運転席/助手席) *R-Line 4MOTIONのみ
▽パワーシート(運転席/助手席<前後/高さ/角度/リクライニング>、運転席メモリー付) *R-Line 4MOTION Advanceのみ
▽シートヒーター(運転席/助手席/後席左右) *R-Line 4MOTION Advanceのみ
▽レザーマルチファンクションステアリングホイール/レザーシフトノブ/ステンレスドアシルプレート
▽アルミ調ペダルクラスター(アクセル/ブレーキ)
▽アダプティブシャシーコントロール“DCC”/電子制御式ディファレンシャルロック“XDS”
▽245/40R19 モビリティタイヤ/8Jx19 アルミホイール *R-Line 4MOTIONのみ
▽245/35R20 モビリティタイヤ/8Jx20 アルミホイール *R-Line 4MOTION Advanceのみ

<ボディカラー>
▽ターメリックイエローメタリック(有償オプションカラー)
▽チリレッドメタリック(新色)
▽ディープブラックパールエフェクト
▽パイライトシルバーメタリック
▽アトランティックブルーメタリック
▽オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト(有償オプションカラー)

<オプション>
▽パノラマスライディングルーフ(R-Line 4MOTION Advanceのみ):¥129,600
▽有償オプションカラー ターメリックイエローメタリック:¥64,800
▽有償オプションカラー オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト:¥129,600
 

新型「Arteon」 R-Line 4MOTION

・全長:4,865mm
・全幅:1,875mm
・全高:1,435mm
・ホイールベース:2,835mm
・車両重量:1,700kg
・乗車定員:5名
・燃料消費率:13.3km/L*2
・エンジン
種類:直列 4気筒 DOHC インタークーラー付ターボ(4バルブ)
総排気量:1,984cc
最高出力:206kW(280PS)/5,600~6,500rpm
最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1,700~5,600rpm
・トランスミッション:7速 DSG
・フロントサスペンション:マクファーソンストラット(スタビライザー付)
・リヤサスペンション:4リンク(スタビライザー付)
・使用タイヤサイズ:245/40R19
価格(税込):¥5,490,000
 

新型「Arteon」 R-Line 4MOTION Advance

・全長:4,865mm
・全幅:1,875mm
・全高:1,435mm
・ホイールベース:2,835mm
・車両重量:1,700kg(1,720kg)*1
・乗車定員:5名
・燃料消費率:13.3km/L*2
・エンジン
種類:直列 4気筒 DOHC インタークーラー付ターボ(4バルブ)
総排気量:1,984cc
最高出力:206kW(280PS)/5,600~6,500rpm
最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1,700~5,600rpm
・トランスミッション:7速 DSG
・フロントサスペンション:マクファーソンストラット(スタビライザー付)
・リヤサスペンション:4リンク(スタビライザー付)
・使用タイヤサイズ:245/35R20
価格(税込):¥5,990,000

*1:電動パノラマスライディングルーフ装着車 *2:JC08 モード、国土交通省審査値
 

クリックでタグの選択
最新ニュース
新型ステップワゴンは、スポーツハイブリッド導入で速くて快適なミニバンへと進化した(2017/11/19)
新型アウディ A5は、ゆとりを持って優雅に乗るのが似合う(2017/11/11)
トヨタ ハイラックスが、走破性と乗り心地に磨きをかけて日本に帰ってきた!(2017/11/10)
マイナーチェンジでターボが追加されたハリアー。スポーティかつ安定感のある走りが実現(2017/11/05)
まるでハイドロのような穏やかな乗り心地のシトロエン C3(2017/11/02)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027