新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ、小型乗用車 新型「クロスビー」を発売 / navi

クルマニュース

スズキ、小型乗用車 新型「クロスビー」を発売 / navi

(2017/12/25)

▲クロスビー「HYBRID MZ」▲クロスビー「HYBRID MZ」


スズキ株式会社は、使いやすく広い室内空間を持つワゴンとSUV(スポーツ用多目的車)の楽しさを融合させた新ジャンルの小型クロスオーバーワゴン 新型「クロスビー」を2017年12月25日より発売する。

新型「クロスビー」は、ワゴンに求められる広い室内空間と日常の使いやすさに加え、個性的で愛着がわくデザイン、雪道などラフロードに対する力強い走破性とSUVの実用性を兼ね備えた。街乗りからアウトドアやスポーツなどのレジャーを好まれる方まで、幅広いユーザーのライフスタイルに適応する、全く新しいジャンルの小型クロスオーバーワゴンである。

お客様の安心・安全な運転を支援するスズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を採用。衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」に加え、スズキ小型車初となる後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を装備した。
さらに、周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」を採用するなど、安全運転を支援する機能を充実させた。経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー※1」の「サポカーS ワイド※2」に該当する。

軽量化と高剛性を両立させた新プラットフォーム[HEARTECT(ハーテクト)]を採用。全車スズキ初となる1.0L直噴ターボエンジンとマイルドハイブリッドの組み合わせに、6速ATを採用し、余裕のある走りと優れた燃費性能を両立した。
4WD車には、力強い走りの「スポーツモード」、雪道やアイスバーンでの発進・加速時にタイヤの空転を抑える「スノーモード」の2つのモードを新たに採用。ぬかるみや滑りやすい路面での発進をサポートする「グリップコントロール」、急な坂を下る際に車速を約7km/hに維持する「ヒルディセントコントロール」の2つの機能と合わせて標準装備とした。

※1 自動ブレーキなどの先進安全技術をはじめとする一定の運転支援機能を備えた車(安全運転サポート車)の愛称、通称「サポカー」。
※2 安全運転サポート車のうち、ペダル踏み間違い時加速制御装置などを搭載することで特に高齢運転者に推奨される「サポカーS」の区分のひとつ。「サポカーS ワイド」は、自動ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速制御装置、車線逸脱警報、先進ライトを搭載する車。

*安全運転を支援する機能は、交通事故の防止や被害軽減に役立ちますが、検知性能・制御性能には限界があり、状況によっては正常に作動しない場合があります。これらの機能に頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。

販売目標台数(月間) 2,000台


メーカー希望小売価格(消費税8%込み/単位:円)

HYBRID MX:1,765,800~1,908,360
HYBRID MZ:2,003,400~2,145,960

* 2WDは前輪駆動。
* 価格には、リサイクル料金、保険料、税金(除く消費税)、登録等に伴う費用は含まれない。

*メーカーオプション(消費税8%込み/単位:円)

▼スズキ セーフティ サポートパッケージ
【デュアルセンサーブレーキサポート、誤発進抑制機能、ハイビームアシスト、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、後退時ブレーキサポート、後方誤発進抑制機能、リヤパーキングセンサー、フロントシートSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグ、オートライトシステム、ライト自動消灯システム】
・設定機種:HYBRID MX
・価格::106,920

▼LEDパッケージ※
【LEDヘッドランプ、LEDポジションランプ、LEDフロントフォグランプ、オートライトシステム、ライト自動消灯システム】
・設定機種:HYBRID MX
・価格::75,600

▼全方位モニター用カメラパッケージ
【全方位モニター用カメラ[フロント/サイド(左右)/バックカメラ]、ステアリングオーディオスイッチ、ステアリングハンズフリースイッチ】
・設定機種:HYBRID MX
・価格::47,520

▼全方位モニター用カメラパッケージ
【全方位モニター用カメラ[フロント/サイド(左右)/バックカメラ]、ステアリングハンズフリースイッチ】
・設定機種:HYBRID MZ
・価格::45,360

▼2トーンルーフ・3トーンコーディネート仕様車
【全方位モニター用カメラ[フロント/サイド(左右)/バックカメラ]、ステアリングハンズフリースイッチ】
・設定機種:全車
・価格::43,200

▼ピュアホワイトパール塗装車
【全方位モニター用カメラ[フロント/サイド(左右)/バックカメラ]、ステアリングハンズフリースイッチ】
・設定機種:全車
・価格::21,600

※スズキ セーフティ サポートパッケージ装着車にLEDパッケージを装着する場合は【LEDヘッドランプ、LEDポジションランプ、LEDフロントフォグランプ】がセットで71,280円高。

新型「クロスビー」の特長

1.コンパクトでたくましいSUVスタイルを採用しながら、広い室内空間と高い走破性を両立したパッケージング
2.都会でもアウトドアでも映えるこだわりのスタイリング/日常からアクティブなシーンまで幅広く対応するラゲッジスペース
3.スズキ小型車初となる後退時ブレーキサポートなど充実した安全装備
4.4WD車には2つの走行モードと安心の機能を装備
5.全車1.0L直噴ターボエンジンにマイルドハイブリッドを搭載


1.コンパクトでたくましいSUVスタイルを採用しながら、広い室内空間と高い走破性を両立したパッケージング
ワゴンが持つ広い室内空間や積載性を実現

●取り回しの良いコンパクトなボディーサイズながら、大人5人がしっかり乗れる居住性と積載性を実現。特に後席では、ゆとりある足元空間を確保。
●Aピラーを立てたことで、ゆとりある頭上空間を確保。
●前席ヒップポイントを高めに設定し、見晴らしの良いアイポイントを実現。運転のしやすさと乗り降りのしやすさを両立。

SUVスタイルで雪道やラフロードでの高い走破性を実現

●175/60R16の大径タイヤを装着。180mmの最低地上高を確保し、余裕あるロードクリアランスで雪道やラフロードにおける高い走破性を実現。

2.都会でもアウトドアでも映えるこだわりのスタイリング/日常からアクティブなシーンまで幅広く対応するラゲッジスペース
エクステリア

●コンセプトは「一緒に毎日の楽しさを広げていきたくなる“愛すべき相棒”」。力強さと愛着のわくデザインを両立。独自の存在感を持ったシルエットに、SUVらしいワイドで力強いボディーと、細部まで丁寧に作り込んだこだわりの造型で強いキャラクター性をアピール。
●柔らかみのあるヘッドランプ・グリル形状で親しみやすいフロントデザイン。
●厚いサイドボディーとシャープなガラスエリアの対比により、頑丈でタフな印象を表現。
●筋肉質で厚みを感じるボディー。
●抑揚豊かな造型を組みあわせ、力強くたくましさを表現したフロントとリヤのスタイル。
●スポーティーさを強調するルーフエンドスポイラー。

インテリア

●冒険心を刺激するインテリアデザイン。たくましいスタイルと広い室内空間を表現しながら、上質さの中に遊び心をプラスし、所有欲をかきたてる。
●インパネデザインは横基調のスタイリングで広さを表現。力強い2本のパイプフレームをモチーフにし、外から見える両端部分にサイドキャップを採用するなど遊び心を演出。
●エアコンルーバーやシフトパネルなどの加飾部品には、シルバー塗装とメッキを組みあわせ小型車らしい上質感を表現。
●インパネとドアトリムには、アイボリー色のカラーパネルを採用。
●シートは黒のシート表皮に、車体色に対応した3色(イエロー、オレンジ、アイボリー)のシートパイピング(HYBRID MZ)とカラーアクセントを採用。

車体色

●2トーンルーフ6色、モノトーン3色に加え、ルーフとドアスプラッシュガードのカラーパネルを組みあわせた3トーンコーディネート2色、全11パターンの車体色を設定。
●2トーンルーフ仕様車に、新色の「ラッシュイエローメタリック(ブラックルーフ)」、「キャラバンアイボリーパールメタリック(ホワイトルーフ)」を設定。

ラゲッジ側から後席をスライドさせることで荷室容量の拡大が可能

●ラゲッジ側からも操作可能なシートバックスライドレバーを採用し、シーンにあわせてラゲッジスペースの荷室容量の拡大調整が可能。
●フルフラットや、助手席を前に倒して広く使えるなど多彩なシートアレンジが可能。

防汚性に優れた機能的な装備

●アウトドアなどのアクティブなシーンでの使い勝手に優れたラゲッジスペース。
●後席の背面やラゲッジフロアは汚れをふき取りやすい素材を採用。(HYBRID MZ)
●荷室下にはラゲッジアンダーボックスを採用。特に2WD車は大容量であり、さらにラゲッジボードを外せば荷室高が拡大し、背の高い荷物を収納することができる。また、ボックスは取り出して洗うことができ、汚れたものの収納にも便利。

3.スズキ小型車初となる後退時ブレーキサポートなど充実した安全装備
後退時の衝突被害軽減ブレーキをスズキ小型車で初採用

●リヤバンパーに内蔵した4つの超音波センサーで後方の障害物を検知する「後退時ブレーキサポート」を採用。さらに後方誤発進抑制機能、リヤパーキングセンサーを搭載。
●単眼カメラと赤外線レーザーレーダーを組み合わせた衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」をはじめ、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能と、ヘッドランプのハイビーム /ロービームを自動で切り替えるハイビームアシストを搭載。
* HYBRID MZに標準装備、HYBRID MXにセットでメーカーオプション設定。

周囲を立体的に360°確認できる3Dビューをスズキ小型車で初採用

●フロント、リヤ、サイド(左右)の計4か所に設置したカメラの映像を合成・処理し、自車周辺を俯瞰的に見ているような映像をモニターに映し出す全方位モニターに、周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」をスズキ小型車で初めて採用。
●自車の前方および後方で左右から人や物が自車に近づいてくることをお知らせする「左右確認サポート機能」も搭載。
* 全方位モニター用カメラパッケージ装着車は対応ナビゲーション装着を前提とした仕様。
* 「左右確認サポート機能」はHYBRID MX スズキ セーフティ サポートパッケージ非装着車を除く。

ライト自動消灯システムをスズキ小型車で初採用

●エンジンを切って運転席ドアを開けると自動でヘッドランプを消灯する、ライト自動消灯システムをスズキ小型車で初めて採用。
* HYBRID MZに標準装備、HYBRID MXにセットでメーカーオプション設定。

4.4WD車には2つの走行モードと安心の機能を装備
変化する路面状況に応じた走りを可能にする4WDシステム

●通常走行時では前輪側よりに駆動力を配分し、滑りやすい雪道などでは前後輪に最適な駆動力を配分するビスカスカップリング式の4WDシステムを採用。
●パワフルでスポーティーな走りを実現する「スポーツモード」、雪道やアイスバーンでのスムーズな発進をサポートする「スノーモード」を新たに採用。ぬかるみや滑りやすい路面で発進をサポートする「グリップコントロール」、急な下り坂で車速を約7km/hで維持する「ヒルディセントコントロール」とあわせて4WD車に標準装備。

5.全車1.0L直噴ターボエンジンにマイルドハイブリッドを搭載
優れた燃費性能とハイパワーを両立する1.0L直噴ターボエンジン

●1.5L自然吸気エンジン相当の高出力・高トルクを実現する1.0L直噴ターボエンジンを全車に搭載。トランスミッションには力強い走りを実現する6ATを採用。
●1.0L直噴ターボエンジンにマイルドハイブリッドをスズキで初搭載し、余裕のある走りと環境性能を両立。2WD車22.0km/L※、4WD車20.6km/L※の優れた燃費性能を実現。
●新プラットフォーム[HEARTECT(ハーテクト)]を採用し、ボディー剛性と軽量化を両立。
●速度域に応じて、ゆったりとした乗り心地や、しっかり感のある乗り心地を感じられるサスペンションのセッティングを施し、快適なロングドライブを満喫できる味付けとした。
※ 燃費消費率JC08モード走行(国土交通省審査値)。


クロスビー WEBカタログ

クリックでタグの選択
最新ニュース
ぶつかるー! と心で叫んでもジェントルに停止するトヨタの先進安全機能『Toyota Safety Sense』第2世代(2018/06/18)
新型カローラハッチバック(プロトタイプ)がすごい!走りもデザインもスポーティに磨かれた!(2018/06/17)
クラウン(プロトタイプ)がお披露目されました! 先進装備はもちろん優れた走りと洗練されたデザインへと進化しました!!(2018/06/17)
ロードスターRF(プロトタイプ)は、見た目は変わらずも中身は全く違う車になった!(2018/06/16)
間違いなく史上最強! キープコンセプトながら中身は刷新された3代目カイエン(2018/05/11)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027