新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【新型】レクサス ES|量販車として世界初となるデジタルアウターミラーを引っさげ登場! / navi

クルマニュース

【新型】レクサス ES|量販車として世界初となるデジタルアウターミラーを引っさげ登場! / navi

(2018/11/01)


▲アメリカでは7代目、日本では初導入となったレクサス ES
▲アメリカでは7代目、日本では初導入となったレクサス ES

日本に初導入されたレクサスのグローバルカーES

先日、レクサス ESの記者発表会におじゃましてきましたので、簡単ではありますがレポートをしたいと思います。

このレクサス ES、アメリカでは7代目となりますが、日本には今回初導入となりました。 セダン市場が縮小する中、なんで今セダンをいれるの? という声が聞こえてきそうですが、グローバルカーをぜひ日本にもということだそうです。

2018年10月25日現在での事前受注台数は、なんと月販目標の6倍、2200台に達しています。


▲前後席間距離は1025mm。広々とした足元空間を確保しています
▲前後席間距離は1025mm。広々とした足元空間を確保しています

ESはレクサスのセダンの中でHS以来のFF車です。FF車ならではの良さを最大限に生かし快適な空間を過ごせるようになっています。成人男性でも後席乗車時に足を組むことができる広さが確保されています。

新たなGA-Kプラットフォーム、ショックアブソーバー、パワートレインの採用により、ボディ剛性・静粛性が向上し、上質な乗り心地・操縦安定性を実現しました。

目の疲れが運転の疲れにつながります。その原因は微細な振動です。

これを最小限に抑え、疲れを感じさせず、どこまでもドライブしていきたくなるような仕上がりだそうです。

GA-Kプラットフォームにより、低重心化もしています。デザインでもそれを表現すべく、ワイド&ローかつ流麗なフォルムになっています。

従来のESならではのエレガントさはもちろん、スポーティさも加えられています。


▲version Lグレードのみにオプション設定で装着可能なデジタルアウターミラーです。価格は21万6000円(税込)
▲version Lグレードのみにオプション設定で装着可能なデジタルアウターミラーです。価格は21万6000円(税込)
▲鮮明な映像で後方が見えるようになっています
▲鮮明な映像で後方が見えるようになっています

様々な新たな技術が投入されているESですが、その中でも特に量販車として世界初採用となったデジタルアウターミラーがすごいんです!

従来のドアミラーの位置には高精度のカメラが内蔵され、その映像を左右Aピラーに付いている5インチのモニターで確認できます。

夜とか見えないんじゃない? 水滴付いたら見えないんでしょ? レンズが曇ったらどうするの? という疑問はすべて解決してくれています!!

夜は明るさを調整し見やすくしてくれますし、水滴が付きにくい形状に設計、レンズにはヒーターを内蔵しています。

実際に試してみましたが、運転しているとどうしてもドアミラーの方を見てしまいます。

ですが、慣れればAピラーのモニターで確認した方が視線移動も少なく安全運転につながるのかもしれません。


▲バッテリーの小型化により、広々とした荷室空間です
▲バッテリーの小型化により、広々とした荷室空間です

そしてHVバッテリーもリアシート下に内蔵しており、ラゲージ容量は十分な広さを確保しています。一般的な9.5インチのゴルフバッグを4個入れられます。

さらに、キーを持っているとリアバンパー下に足を出すだけでトランクが自動で開く設定もあります。両手が荷物でふさがっているときや地面が濡れていて荷物を下に置きたくないときに使いやすいですよね。

安全装備はもちろんレクサスセーフティ+を採用し、安全運転を支援してくれます。

「快適な乗り心地・走って楽しい」という背反するものを実現させたESはいかがでしょうか? スポーティなFスポーツの設定もありますよ~。

それでは写真でご覧ください。


▲ES7:3

▲ES横

▲ESリア7:3

▲ESインテリア

▲Fスポーツ専用のメッシュグリルを採用
▲Fスポーツ専用のメッシュグリルを採用
▲Fスポーツ専用のフレアレッド
▲Fスポーツ専用のフレアレッド text/編集部 横山菜月
photo/尾形和美
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027