新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ ビアンテ 【新型車】 / navi

クルマニュース

マツダ ビアンテ 【新型車】 / navi

(2008/07/08)

個性的で躍動感のあるスタイリングや
クラス最大の広くて使いやすい室内空間が魅力

マツダ ビアンテ|ニューモデル速報
↑マツダの新デザインテーマ「Nagare(流れ)」が表現された、ヘッドライトから三角窓、さらに前後サイドウインドウへと繋がるラインが個性的
コンセプト
Zoom-Zoom Tallをコンセプトに
広い室内と優れた走行性能が両立
MPV、プレマシーに続く3台目の3列シート・ミニバンとして開発されたビアンテ。「見て、乗って、夢が拡がるZoom-Zoom Tall(ズームズームトール)」をコンセプトに、広く扱いやすい室内空間、個性的なスタイリング、さらに優れた走行性能の両立が目指された。
全長4715×全幅1770×全高1835mmというボディサイズはMPVとプレマシーの間に位置し、MPVと比べて全長で-145mm、全幅は-80mm小さいながら、全高は逆に150mm高いというトールスタイルが特徴。結果、2Lから2.3Lクラスミニバン(3列シート国産乗用車)としてはクラス最大の室内空間容量と、クラス最長の室内長&室内幅が確保された。
バリエーション
エンジンは燃費と走りが両立された直噴2Lと
加速レスポンスに優れた2.3Lの2種類
新型車ビアンテのグレードは、搭載されるエンジンと装備の違いにより「20CS」「20S」「23S」の3グレードに分けられ、20CSと20Sには4WDモデルも用意された。
20CSと20Sに搭載されるエンジンは、最高出力151ps、最大トルク19.4kg-mを発生する2L直4DOHC。燃料を直接燃焼室に噴射する直噴エンジンで、優れた燃費性能とトルクフルな走りが両立されている。一方、23Sに搭載される2.3L直4DOHCは、最高出力165ps、最大トルク21.4kg-mと言う性能で、ステアリングから手を離さずにシフトチェンジが可能なステアリングシフトスイッチを備えたマニュアルモード付5ATとの組み合わせにより、スポーティな走りが可能となっている。なお、20CSと20Sのミッションは、2WD(FF)が5ATで4WDが4ATだ。
ボディカラーは、23Sの専用色であるチリオレンジマイカを含め、全7色が設定。これに組み合わされるシート&内装色は、全グレードにブラックとライトベージュの2色が用意されている。
価格は最もベーシックな20CS(FF)の219万9000円から20S(4WD)の268万9000円まで。スポーティグレードである23Sは265万円だ。
内外装
クラス最大の室内容量だけでなく
使いやすく誰もが快適な空間が実現
内外装ともにビアンテのデザインコンセプトは「スペースモティベーター」。ヘッドランプから三角窓、さらに上下に広いサイドウインドウに繋がるデザインは個性的で、ひと目でビアンテと分かるエクステリアデザインが採用された。
一方、クラス最大室内空間容量を誇る居住スペースは、室内長×室内幅×室内高が2990×1545×1350mmというビッグサイズ。2列目&3列目シートを最後端までスライドさせるリビングモードにすれば、2列目シートの足元スペース長は最大863mmまで拡充されるなど、その開放感は高い。
もちろん広いだけでなく、使い勝手も十分。両側スライドドアの開口幅は780mmと広く、さらに413mmと低く設定された後席フロア高とあいまって、後席への乗降性能に優れる。また、前述のリビングモードだけでなく、2列目シートを左右に分割したウォークスルーモード、荷物の大きさや形状に合わせて選ぶことが可能なラゲッジモードなど、シートアレンジは多彩だ。しかもシート操作レバーが前後に設けられるなど、モード変更時の操作性も高い。
加えて、3列目シートは一体型座面のチップアップ方式が採用され、左右二分割&跳ね上げタイプと比べ、シートアレンジの多彩さはそのままに、快適な座り心地が追求されている。
POINT
[1]縦型リフレクターをコーナーに配し
スポーティな雰囲気のリアビュー
マツダ ビアンテ リアスタイル|ニューモデル速報
[2]幅広のメータークラスターが
奥行き感を演出するインテリア
マツダ ビアンテ インパネ|ニューモデル速報
[3]クラス最大の広さだけでなく
多彩なシートアレンジも魅力
マツダ ビアンテ 2列目/3列目シート|ニューモデル速報
[4]シートアレンジと組み合わせ
広く使いやすいラゲージスペース
マツダ ビアンテ ラゲージ|ニューモデル速報

グレード 20CS 23S
駆動方式 2WD(FF)
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4715×1770×1835
ホイールベース(mm) 2850
車両重量(kg) 1640 1650
乗車定員(人) 8
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 1998 2260
最高出力[kW(ps)rpm] 111(151)/6200 121(165)/6500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 190(19.4)/4500 210(21.4)/4000
10・15モード燃費(km/L) 12.8 11.6
ガソリン種類/容量(L) レギュラー/60 プレミアム/60
車両本体価格(万円) 219.9 265.0
■発表日:平成20年7月8日 ■取り扱い:マツダ店、アンフィニ店、オートザム店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027