新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱 ギャラン フォルティス 【一部改良】 / navi

クルマニュース

三菱 ギャラン フォルティス 【一部改良】 / navi

(2008/07/14)

内外装や装備に一部改良が施されるとともにスポーツグレードが追加

三菱 ギャランフォルティス|ニューモデル速報
↑上は追加グレードのラリーアート。ボディーカラーは、写真のクールシルバーメタリックを含む全9色が用意されている
実用性とスポーティさが兼ね備わったギャランフォルティスに一部改良が施され、同時に新グレード、ラリーアートが追加設定された。
一部改良の内容はグレードで異なり、スポーティグレードのスポーツとスポーツナビパッケージでは、外装はリアコンビネーションランプのエクステンション部分がブラック基調とされ、スポーティなリアビューに。内装は視認性に優れるハイコントラストメーターや斬新なデザインのオーナメントパネル、メッキリングが追加されたエアコン操作パネルなどが装備され、上質感が高められた。
一方、プレミアムグレードのスーパーエクシードとスーパーエクシードナビパッケージは、プライバシーガラス(後席左右ウインドウ、リアウインドウ)が標準装備されるとともに手触りの良いソフトレザーが用いられたアームレストが備わった。
その他、ベーシックグレードのエクシードを除く全グレードにキーレスオペレーションシステム+オートライトコントロール+雨滴感応ワイパーが標準装備され、スーパーエクシードにはステアリングオーディオスイッチとクルーズコントロールスイッチが追加された。
ボディカラーは、全9色と豊富。価格は従来モデルに対しエクシードを除く全モデル8万4000円高で、スポーツ(FF/CVT)が213万1500円、スーパーエクシード(FF/CVT)が202万6500円などだ。

新たに追加されたラリーアートは、最高出力240psを発揮する2L直4シングルターボエンジンを搭載。ミッションと駆動方式はランエボXと同じツインクラッチSST&フルタイム4WDだが、こちらはAYCがない。ランエボXより日常走行での快適性が重視されたスポーツモデルという位置付けだ。内外装には、専用フロントバンパーやエンブレム、オーナメントパネル、ラバーグリップが配されたアルミ製アクセル&ブレーキペダルなどが装着されている。価格は298万2000円。
グレード ラリーアート
駆動方式 4WD
トランスミッション 6AT
全長×全幅×全高(mm) 4570×1760×1490
ホイールベース(mm) 2635
車両重量(kg) 1530
乗車定員(人) 5
エンジン種類 直4DOHCターボ
総排気量(cc) 1998
最高出力[kW(ps)rpm] 177(240)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 343(35.0)/3000
10・15モード燃費(km/L) 10.2
ガソリン種類/容量(L) プレミアム/55
車両本体価格(万円) 298.2
■発表日:平成20年7月9日 ■取り扱い:三菱モータース
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027