新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ダイハツ ムーヴ コンテ/コンテカスタム 【新型車】 / navi

クルマニュース

ダイハツ ムーヴ コンテ/コンテカスタム 【新型車】 / navi

(2008/08/25)

ムーヴのDNAを受け継ぎつつ居心地のよさをプラス
都会的でモダンなスタイルのカスタムも用意

ダイハツ ムーヴ コンテ|ニューモデル速報
↑キャラクターラインや加飾が廃されたスクエアなフォルムが特徴的。面と面を繋ぐ役割を担う面取り処理が施され、シンプルながらこれまでにない新鮮な印象がプラスされている
コンセプト
コンセプトは“居心地の良さ”
ムーヴDNAの広さや基本性能の高さも継承
最新のプラットフォームとパワートレーンを採用し、クラストップレベルの基本性能が実現されたムーヴ。そのDNAを受け継ぎつつ、自分らしくいられる“居心地のよさ”というコンセプトがプラスされたのが、このダイハツ ムーブ コンテだ。
おしゃれな遊び心が付与されたフォルムは「スクエア+(プラス)」がデザインコンセプトで、シンプルかつスクエアなもの。同時にインテリアもシンプルながら、各所に配されたアクセントがモダンな雰囲気を演出。デザインだけでなく、こだわりのソファシートや開放的な居住空間、さらに優れた静粛性とソフトな乗り心地などが、コンセプト通りの“居心地のよさ”を見事に体現させている。
バリエーション
素のままの存在感を放つ「コンテ」と
都会的で艶やかなスタイルの「カスタム」
新たにダイハツのラインナップに加わったムーヴ コンテには、「コンテ」と「カスタム」の2ラインが用意された。グレードはコンテが「L」「L Limited」「X」「X Limited」の4種で、各モデルに2WDと4WDが設定された。一方カスタムは「X」「RS」の2種となり、こちらも両モデルに2WDと4WDが設定されている。
エンジンは、カスタムのRSに最高出力64psを発生する直3DOHCターボが、それ以外のモデルは58psを発生する直3DOHCが搭載される。これに組み合わされるミッションは、LとL Limitedを除く全モデルに世界初のインプットリダクション方式3軸ギアトレーン構造が採用されたCVTが搭載された。これは好燃費と優れた加速性能を両立させるものだという。数値を見るとターボモデルのRSでも21.5km/L、NAエンジン+CVTの組み合わせでは、23.0km/L(平成22年度燃費基準+25%達成)という10・15モード燃費をマークする。
ボディカラーは、両モデルとも新色1色を含む全9色が設定。価格はコンテが、L(FF)の103万9500円からX Limited(4WD)の140万1750円まで。カスタムはX(2WD)の133万3500円からRS(4WD)の167万4750円まで。
内外装
内外装ともにシンプルかつスクエア
欧州家具を思わせるソファシートなど機能性も十分
ムーヴのプラットフォームが受け継がれたコンテは、室内長×室内幅×室内高が2000×1335×1350mmと、ムーヴよりも多少狭いもののバランスパッケージが採用され、大人4名と荷物が過不足なく積める十分な広さが確保されている。水平基調のすっきりしたインパネをはじめ、インテリアデザインはシンプルかつモダン。これにフランス人デザイナーが手がけたプレミアムソファシートが組み合わされ、おしゃれな空間と快適な座り心地が実現されている。
また、明るい雰囲気のコンテに対しカスタムはクールかつ洗練されたインテリアが特徴。カスタムRSに標準装備されたインパネミスティックイルミネーションはLEDがグラデーション発光し、スポーティな雰囲気が高められた。さらにLとカスタムXを除く全モデル運転席パワーエントリーシートが採用されるなど、機能性も十分だ。
POINT
1エアロパーツが装着され
スポーティな雰囲気のカスタム
ダイハツ ムーヴ コンテカスタム フロント|ニューモデル速報
2インテリアはシンプルモダン
アクセントカラードラインが特徴
ダイハツ ムーヴ コンテ インテリア|ニューモデル速報
3ロングソファモードをはじめ
シートアレンジは多彩
ダイハツ ムーヴ コンテカスタム シートアレンジ|ニューモデル速報
4後席位置が工夫され
使いやすいラゲージスペース
ダイハツ ムーヴ コンテ ラゲージ|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードL LimitedX Limitedカスタム Xカスタム RS
駆動方式2WD(FF)
トランスミッション4ATCVT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×16453395×1475×16553395×1475×1640
ホイールベース(mm)2490
車両重量(kg)820850860880
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC直3DOHCターボ
総排気量(cc)658
最高出力[kW(ps)rpm]43(58)/720047(64)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]65(6.6)/4000103(10.5)/3000
10・15モード燃費(km/L)21.023.021.5
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/36
車両本体価格(万円)111.3128.1133.35155.4
■発表日:平成20年8月25日 ■取り扱い:ダイハツ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027