新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧シトロエン C5 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

シトロエン C5 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2008/09/04)

コンサバなデザインにハイドラクティブIIIプラスなど最先端技術を備えた

  • シトロエン C5|ニューモデル速報
  • シトロエン C5 ツアラー|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、新色2色を含む全8色。内5色が標準設定色で、3色が受注生産色となっている
2007年のフランクフルトショーに出展されたコンセプトカー、C5 エアスケープのイメージが踏襲され、7年ぶりにシトロエン C5にフルモデルチェンジが施された。
ボディバリエーションは、セダンとワゴンスタイルのツアラーの2種類。それぞれにベーシックグレードの2.0と上級モデルである3.0 エクスクルーシブが用意されている。搭載されるエンジンは、2.0には143psを発揮する2L直4。3.0 エクスクルーシブは215psを発揮する3L V6となり、ミッションは前者が4AT、後者が6ATだ。また、サスペンションには、窒素ガスとオイルを使用した最新のハイドラクティブIIIプラスが採用され、快適な乗り心地と高い走行安定性が確保されている。
エクステリアは、大型のダブルシェブロンと、その両側に配置された長く鋭角的な形状のヘッドライト、そしてボンネットへと続くエッジの立ったリブなどで構成され、バンパーの大型インテークとともに、ひと目でシトロエンと分かるデザインが採用された。
一方、インテリアは、優美な曲線と力強い直線が組み合わされたデザインが採用され、質感の向上も図られている。特にシトロエン独自の新世代センターフィックスステアリングや航空機の計器盤から着想された3連円形インストルメンタルクラスターは、いかにもシトロエンらしい先進のデザインだ。シートは2.0にハーフレザー、3.0 エクスクルーシブにレザーシートが採用されている。
装備面では、全モデルにバイキセノン ディレクショナル ヘッドライトやオートマチック エレクトリック パーキングブレーキなどを装備。さらにツアラーには、電動サンブラインド付パノラミックガラスルーフが装備された。
ボディカラーは、新色2色を含めた全8色。価格は2.0が399万円、3.0 エクスクルーシブが479万円、ツアラー 2.0が419万円、ツアラー 3.0 エクスクルーシブが499万円。
グレード3.0 エクスクルーシブツアラー 2.0
駆動方式2WD(FF)
トランスミッション6AT4AT
全長×全幅×全高(mm)4795×1860×14704845×1860×1490
ホイールベース(mm)2815
車両重量(kg)17301690
乗車定員(人)5
エンジン種類V6DOHC直4DOHC
総排気量(cc)29461997
最高出力[kW(ps)rpm]155(215)/6000103(143)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]290(30.5)/3750200(20.8)/4000
10・15モード燃費(km/L)-
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/72
車両本体価格(万円)479.0419.0
■発表日:平成20年8月27日 ■取り扱い:シトロエン正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027