新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ Cクラス ダイナミックハンドリングエディション 【特別仕様車】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ Cクラス ダイナミックハンドリングエディション 【特別仕様車】 / navi

(2008/09/26)

サスペンション性能や快適装備、機能装備の向上が図られた特別仕様車

メルセデス・ベンツ C200 コンプレッサー アバンギャルド ダイナミックハンドリングエディション/C250 アバンギャルド ダイナミックハンドリングエディション|ニューモデル速報
↑ボディカラーは両モデルともカルサイトホワイト、オブシディアンブラックの2色が用意されている
スポーティさとエレガントさ、2つの顔を合わせ持ったベストセラーセダン、Cクラスに特別仕様車ダイナミックハンドリングエディションが追加された。

ベースとなったのはC200 コンプレッサー アバンギャルドおよびC250 アバンギャルド。両モデル共通の特別装備として、電子制御式セレクティブダンピングシステムによってダンパー減衰力を制御したり、スポーツ走行モードへ切り替えるスイッチなどを備えることで軽快かつシャープなハンドリングを実現するダイナミックハンドリングパッケージを装備する。加えてパドルシフト付本革巻3スポークステアリング、専用デザイン17インチツインスポークアルミホイール&ワイドタイヤが装着されている。
さらにC200にはコンフォートパッケージが、C250には前席シートヒーター付本革シート、後席分割可倒式シートが備わり、快適性や機能性の向上も図られた。

ボディカラーは、両モデルともカルサイトホワイト、オブシディアンブラックの2種類。販売台数はボディカラーで異なり、C200のカルサイトホワイトが250台、オブシディアンブラックが180台。C250はカルサイトホワイトが50台、オブシディアンブラックが20台だ。
価格はベース車両に対しC200が17万円高で506万円、C250が25万円高で623万円。
グレードC200 コンプレッサー アバンギャルド
ダイナミックハンドリングエディション
C250 アバンギャルド
ダイナミックハンドリングエディション
駆動方式2WD(FR)
トランスミッション5AT7AT
全長×全幅×全高(mm)4585×1770×1430
ホイールベース(mm)2760
車両重量(kg)14901550
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+スーパーチャージャーV6DOHC
総排気量(cc)17952496
最高出力[kW(ps)rpm]135(184)/5500150(204)/6100
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]250(25.5)/2800-5000245(25.0)/2900-5500
10・15モード燃費(km/L)11.29.3
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/66
車両本体価格(万円)506.0623.0
■発表日:平成20年9月24日 ■取り扱い:メルセデス・ベンツ正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデスAMG GT 4ドアクーペ│スポーツカーのパフォーマンスと快適な移動空間を共存させた走り(2019/10/15)
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027