新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル インプレッサアネシス 【追加モデル】 / navi

クルマニュース

スバル インプレッサアネシス 【追加モデル】 / navi

(2008/10/09)

4ドアモデルのアネシスが追加されるとともにハッチバックは一部改良を実施

  • スバル インプレッサ アネシス|ニューモデル速報
  • スバル インプレッサ|ニューモデル速報
↑用意されるボディカラーは、写真左のアネシスが専用色サンライトゴールド・オパール、ミッドナイトブルー・パールを含む全7色。写真右のインプレッサは全6色となる
ハッチバックスタイルが採用された3代目インプレッサに一部改良が施されるとともに、待望の4ドアモデルが追加された。

今回新たに追加されたセダンモデルには「アネシス(ANESIS)」のセカンドネームが与えられ、搭載されるエンジンは1.5Lと2.0Lの水平対向4気筒エンジン。どちらもNAで、ターボの設定がない点がハッチバックとの差異だ。組み合わされるミッションは、1.5Lには5MTと4AT、2.0Lは4ATのみという設定。バリエーションは1.5i、1.5i-L、2.0i、2.0i-Lの4グレードで、駆動方式は全モデルにFFと4WDが用意されている。
ボディサイズはハッチバックに対して全幅および全高は同一だが、全長は165mm延長され4580mmに。デザイン面では光輝タイプのヘッドランプや専用フロントグリル、メッキ仕上げショルダーモール、金属調塗装アウターハンドルなどが採用され、ハッチバックとの差別化が図られた。
一方インテリアは、ブラック内装と明るいアイボリーのフロアマットが組み合わされ、スポーティさを強調。さらに後席シートバックは可倒式となり、トランクスルー機能が標準装備。トランク容量もゴルフバッグ4個が積めるサイズが確保されている。
価格は、1.5i(FF)の157万5000円から2.0i-S(4WD)の217万3500円まで。

同時に行われたハッチバックへの一部改良では、グレード構成が刷新。モデル名の変更とともに1.5Lモデルに装備類を充実させた1.5i-Lを、2.0LのNAモデルには2WDとスポーティな装備がプラスされた2.0i-Sが追加設定された。
また、外装ではフロントグリルのウィング部に金属調塗装が採用され、2.0Lモデル全車にLEDサイドターンランプ付ドアミラーが装備。内装でも全トリムがブラックに変更されるとともにセンターコンソールフロント部分の形状を変更し、シルバー塗装とすることで機能性の向上が図られている。加えて後席中央席のシートベルトが3点式となり、ヘッドレストも採用されるなど、安全性も高まった。
価格は、1.5i(FF)の147万円から2.0GTの262万5000円まで。
グレードアネシス 2.0i2.0GT
駆動方式2WD(FF)4WD
トランスミッション4AT5MT
全長×全幅×全高(mm)  4580×1740×1475  4415×1740×1475
ホイールベース(mm)2620
車両重量(kg)12901360
乗車定員(人)5
エンジン種類水平対向4SOHC水平対向4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1994
最高出力[kW(ps)rpm]103(140)/5600184(250)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]186(19.0)/4400333(34.0)/2400
10・15モード燃費(km/L)14.413.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/60プレミアム/60
車両本体価格(万円)182.7257.25
■発表日:平成20年10月8日 ■取り扱い:全国スバル特約店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027