新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ iQ 【新型車】 / navi

クルマニュース

トヨタ iQ 【新型車】 / navi

(2008/10/15)

3mに満たない全長ながら4人乗車が可能な
超高効率パッケージ採用の世界最小クラスのプレミアムカー

トヨタ iQ|ニューモデル速報
↑超高効率パッケージが採用され、ショート&ワイドな独特のプロポーションが魅力。「小さくて広い」という価値観の具現化が目指された
コンセプト
超高効率パッケージの採用により
全長3m未満の4シーターを実現
2007年東京モーターショーに展示され、話題を集めた世界最小クラスの4人乗りプレミアムカー、iQがついに発売された。車作りの既存概念を打破することが目指されたこの車は、超高効率パッケージが採用。全長2985×全幅1680×全高1500mmというコンパクトサイズながら、4名乗車できる居住空間が確保されている。
また「コンパクトカー=安価のモデル」という考えではなく、世界初となるSRSリアウインドウカーテンシールドエアバッグを含む9個のエアバッグや6スピーカーオーディオ、車両の挙動を安定させるS-VSCなどの上級装備が標準装着され、さらに静粛性を高めた静粛ボディが採用されるなど、マイクロプレミアムカーと呼ぶに相応しい仕上がりが目指された。
バリエーション
専用に改良された1L直3エンジンと
小型&軽量化が図られたCVTを採用
iQのグレードは、ベーシックな「100X」と装備が充実された「100G」、そして100Gにレザーシートやアルミホイールなどが追加された「100G“レザーパッケージ”」の3種。
搭載されるエンジンは全モデル、最高出力68ps、最大トルク9.2kg-mを発生する1L直3DOHC。数値的にはパワフルではないがVVT-iが採用され、さらに小型&軽量化が図られたCVTと組み合わせることで、市街地走行で優れた加速性能を発揮するだけでなく、高い燃費性能も獲得。10・15モード燃費23.0km/Lが実現されただけでなく、平成17年度基準排出ガス75%低減レベルの認定を取得し、平成22年度燃費基準+25%もクリアしている。
ちなみにiQのボディカラーは9色と豊富に用意され、組み合わされる内装色はプラムの1色。シートはオプションとなるがレザーシートも用意されている。価格は100Xが140万円、100Gが150万円、100G“レザーパッケージ”が160万円。
内外装
ボディサイズを感じさせないフォルムと
十分な室内空間を確保
コンパクトなボディの四隅に配された15インチ大径タイヤが、安定感と躍動感を兼ね備えたフォルムを実現。見切りの良さと3.9mという最小回転半径により、取り回しは良好だ。
インテリアはセンタークラスターのデザインに海中を舞うように泳ぐ「マンタ」をモチーフとするなど、斬新なデザインが目指されている。また、超高効率パッケージの採用により、室内長1560×室内幅1515×室内高1145mmと十分な広さを確保。特に助手席側は、運転席より前方に出た左右非対称インストルメントパネルや薄型バックレストの採用により、前後席間の距離が最大832mmとなり、後席搭乗者のひざ回りに十分な余裕がある。
装備面では、高効率エアコンシステムやスマートエントリー&スタートシステム、角度調整機能付丸形マップランプなどが装着され、利便性も高い。
POINT
19個のLEDが採用された
テール&ストップランプ
トヨタ iQ リアスタイル|ニューモデル速報
2マンタをモチーフとした
左右非対称インパネを採用
トヨタ iQ インパネ|ニューモデル速報
3むち打ち傷害低減に有効な
WILコンセプトシート
トヨタ iQ シート|ニューモデル速報
49個のエアバッグを採用し
高い安全性を確保
トヨタ iQ SRSリアウインドウカーテンシールドエアバッグ|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレード100G
駆動方式2WD(FF)
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)2985×1680×1500
ホイールベース(mm)2000
車両重量(kg)890
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC
総排気量(cc)996
最高出力[kW(ps)rpm]50(68)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]90(9.2)/4800
10・15モード燃費(km/L)23.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/32
車両本体価格(万円)150.0
■発表日:平成20年10月15日 ■取り扱い:トヨタネッツ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027