新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱 コルト/コルトプラス 【一部改良】 / navi

クルマニュース

三菱 コルト/コルトプラス 【一部改良】 / navi

(2008/10/24)

一部改良とともに充実した装備で快適性が増した新グレードが追加

  • 三菱 コルト クールベリー|ニューモデル速報
  • 三菱 コルトプラス クール ベリー|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、コルトがレッドメタリックを含む全9色。コルトプラスでは、アクアメタリックを含む全8色が設定されている

三菱のコンパクトカー&ワゴンであるコルトとコルトプラスのグレード体制が見直され、一部グレードが廃止されるとともに新グレード、クールベリーが追加。さらに他のグレードには一部改良が施された。
廃止されたグレードは、コルトがベリー+ナビ、1.3G、1.5G、1.5RXの4グレード。またコルトプラスではベリー+ナビ、1.5G、ラリーアートバージョン-Rの3グレードとなる。

一部改良は、エクステリアデザインではコルトとコルトプラスのフロントマスクが統一され、より上質な外観となった。また、新たに追加されたグレードのクールベリーには、オートライトコントロールやクリーンエアフィルター付オートエアコン、ハイコントラストメーターなどが採用され、リアゲート下部には専用バッジが装着されている。その他、ベリーとクールベリーに4スピーカーや親水&ヒーテッドドアミラーが、1.3RXと1.5RXにはHIDヘッドライトが標準装備された。
一方内装は、クールベリーにはブラックを基調としたスタイリッシュな室内空間が演出。また、1.5RXにも採用されている本革巻きステアリングが標準装備されている。

価格は、新グレードのコルトクールベリーはFFが127万500円、4WDが145万9500円。同じく新グレードのコルトプラスクールベリーのFFが142万8000円、4WDが161万7000円。従来モデルではコルトベリーのFFが124万9500円、4WDが143万8500円、コルトプラスのベリーFFが140万7000円、4WDが159万6000円。いずれも従来より2万1000円高となる。そのほかコルト 1.3RXとコルトプラス 1.5RXは5万2500円高で、1.3RXのFFが142万8000円、4WDが161万7000円、1.5RXのFFが157万5000円、4WDが176万4000円。なお、コルト1.5Cとコルトラリーアートバージョン-Rは据え置きとなっている。
グレードコルト クールベリーコルトプラス
クールベリー
駆動方式2WD(FF)
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3900×1680×15504185×1680×1550
ホイールベース(mm)2500
車両重量(kg)10201080
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)13321498
最高出力[kW(ps)rpm]68(92)/600077(105)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]124(12.6)/4000141(14.4)/4000
10・15モード燃費(km/L)19.218.4
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/45
車両本体価格(万円)127.05142.8
■発表日:平成20年10月23日 ■取り扱い:三菱モータース
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027