新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ カローラアクシオ/カローラフィールダー 【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

トヨタ カローラアクシオ/カローラフィールダー 【マイナーチェンジ】 / navi

(2008/10/30)

内外装の意匠変更や新色ボディカラーの追加など、マイナーチェンジが実施

  • トヨタ カローラアクシオ|ニューモデル速報
  • トヨタ カローラフィールダー|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、カローラアクシオは写真のシルバーメタリックを含む全7色。カローラフィールダーも写真のシルバーメタリックを含む全7色が用意されている
アクシオのセカンドネームが与えられた10代目カローラと、そのステーションワゴンであるカローラフィールダーにマイナーチェンジが施された。

まずカローラアクシオは、外装ではフロントグリルやヘッドランプ、リヤコンビランプの形状が変更され、ボディカラーに新色3色が追加されている。装備面では1.8L搭載車に快適温熱シートが運転席に採用され、本革巻き4本スポーツステアリングに木目調加飾が追加されるなど、上質感の向上が図られた。さらに装備類を変更し、ビジネスユースに絞ったモデル、“ビジネスパッケージ”がXに追加されている。
一方、カローラフィールダーは、外装では同様にフロントグリルやバンパー、ヘッドランプ、リヤコンビランプの意匠が変更。加えて、XとSに設定されている“AEROTOURER”は、専用のフロントグリル&リヤコンビランプが与えられ、フロントスポイラーも変更されるなど、よりスポーティ感が強調された。また、ボディカラーに新色3色が設定された点も見逃せない。

価格は装備類の見直しや、標準装備からオプション装備への変更などにより、1.5L搭載車を中心に価格引き下げが図られている。カローラアクシオは従来モデルに対し、ラグゼール“αエディション”のみ6万4000円高の239万5000円だが、それ以外のモデルは5万1000円から7万500円減で、X(5MT/FF)の135万6000円からラグゼール(CVT/4WD)の214万円4000円まで。また、新たに加わった“ビジネスパッケージ”は、FFの5MTが131万1000円、CVTが139万5000円、4WDが159万4500円。
カローラフィールダーは、1.5L搭載車が1000円から5万3500円減で、X(5MT/FF)の151万1000円からX“AEROTOURER”(CVT/4WD)の199万4000円まで。逆に1.8L搭載車は、Sが3万2000円高でFFが198万5000円、4WDが216万3500円。S“AEROTOURER”は3万1500円高でFFが210万円、4WDが225万7500円。
グレードカローラアクシオ Xカローラフィールダー
S“AEROTOURER”
駆動方式2WD(FF)
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4410×1695×14604420×1695×1480
ホイールベース(mm)2600
車両重量(kg)11301230
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)14961797
最高出力[kW(ps)rpm]81(110)/6000100(136)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]140(14.3)/4400175(17.8)/4400
10・15モード燃費(km/L)18.216.8
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/50
車両本体価格(万円)144.0210.0
■発表日:平成20年10月28日 ■取り扱い:トヨタカローラ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027