新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ カローラアクシオ/カローラフィールダー 【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

トヨタ カローラアクシオ/カローラフィールダー 【マイナーチェンジ】 / navi

(2008/10/30)

内外装の意匠変更や新色ボディカラーの追加など、マイナーチェンジが実施

  • トヨタ カローラアクシオ|ニューモデル速報
  • トヨタ カローラフィールダー|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、カローラアクシオは写真のシルバーメタリックを含む全7色。カローラフィールダーも写真のシルバーメタリックを含む全7色が用意されている
アクシオのセカンドネームが与えられた10代目カローラと、そのステーションワゴンであるカローラフィールダーにマイナーチェンジが施された。

まずカローラアクシオは、外装ではフロントグリルやヘッドランプ、リヤコンビランプの形状が変更され、ボディカラーに新色3色が追加されている。装備面では1.8L搭載車に快適温熱シートが運転席に採用され、本革巻き4本スポーツステアリングに木目調加飾が追加されるなど、上質感の向上が図られた。さらに装備類を変更し、ビジネスユースに絞ったモデル、“ビジネスパッケージ”がXに追加されている。
一方、カローラフィールダーは、外装では同様にフロントグリルやバンパー、ヘッドランプ、リヤコンビランプの意匠が変更。加えて、XとSに設定されている“AEROTOURER”は、専用のフロントグリル&リヤコンビランプが与えられ、フロントスポイラーも変更されるなど、よりスポーティ感が強調された。また、ボディカラーに新色3色が設定された点も見逃せない。

価格は装備類の見直しや、標準装備からオプション装備への変更などにより、1.5L搭載車を中心に価格引き下げが図られている。カローラアクシオは従来モデルに対し、ラグゼール“αエディション”のみ6万4000円高の239万5000円だが、それ以外のモデルは5万1000円から7万500円減で、X(5MT/FF)の135万6000円からラグゼール(CVT/4WD)の214万円4000円まで。また、新たに加わった“ビジネスパッケージ”は、FFの5MTが131万1000円、CVTが139万5000円、4WDが159万4500円。
カローラフィールダーは、1.5L搭載車が1000円から5万3500円減で、X(5MT/FF)の151万1000円からX“AEROTOURER”(CVT/4WD)の199万4000円まで。逆に1.8L搭載車は、Sが3万2000円高でFFが198万5000円、4WDが216万3500円。S“AEROTOURER”は3万1500円高でFFが210万円、4WDが225万7500円。
グレードカローラアクシオ Xカローラフィールダー
S“AEROTOURER”
駆動方式2WD(FF)
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4410×1695×14604420×1695×1480
ホイールベース(mm)2600
車両重量(kg)11301230
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)14961797
最高出力[kW(ps)rpm]81(110)/6000100(136)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]140(14.3)/4400175(17.8)/4400
10・15モード燃費(km/L)18.216.8
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/50
車両本体価格(万円)144.0210.0
■発表日:平成20年10月28日 ■取り扱い:トヨタカローラ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)
【試乗】新型 三菱 eKクロススペース|外観とは裏腹な、しなやかな乗り心地に好感(2020/08/20)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
2
keep
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
3
keep
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
4
up
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
5
keep
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
6
up
【試乗】新型 日産 ルークス|競合スーパートールワゴンより確実に高い「質」を用意した1台(2020/08/17)
7
down
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
8
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
10
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027