新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ ライフ 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

ホンダ ライフ 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2008/11/06)

多彩な収納やバックモニター付オーディオの採用など
毎日の使いやすさにこだわった新型ライフ登場

ホンダ ライフ|ニューモデル速報
↑ボディタイプは標準車(写真右)と充実した装備が与えられたパステル(写真左)に加え、スポーティなディーバの3タイプが用意されている
コンセプト
デイリーユースにおける
使い勝手を主眼に置いて開発
ホンダの主力軽自動車であるライフにフルモデルチェンジが施された。この新型ライフは「サッと見える!」「パッと使える!」「ピューッと走れる!」の3つがキーワードで、デイリーユースにおける使い勝手の良さを主眼に置いて開発、基本性能の高い軽自動車が目指された。
ボディタイプはハイトワゴンの1種のみだが、標準車の「C」「G」と、充実した装備の「パステル」、スポーティな「ディーバ」の3タイプが設定され、それぞれで装備類や内外装のデザインが異なる。つまりユーザーが自分の好みやカーライフに合わせて選択することができるようになっている。
バリエーション
NA、ターボ2種類のエンジンに
4ATが組み合わされる
新型ライフのグレードは、標準車の「C」「G」に「パステル」「パステル ターボ」「ディーバ」「ディーバ スタイリッシュパッケージ」「ディーバ ターボ」「ディーバ ターボ スタイリッシュパッケージ」を加えた8種。全モデルにFFと4WDが設定されており、ミッションは4ATのみが組み合わされる。エンジンは最高出力52psを発生する直3SOHCが全タイプに、最高出力64psを発生するターボが、パステルとディーバに設定された。燃費性能は、CVTこそ用意されていないものの10・15モード燃費でNA車(FF)が21.0km/L、ターボ車(FF)でも19.6km/Lを達成するなど、低燃費が実現されている。
ボディカラーは、スマッシュイエローやピンクゴールドメタリックなど、新色4色を含む全12色と豊富に用意。価格は、標準車がCの94万5000円(FF)からG(4WD)の118万1250円まで。パステルは114万4500円(FF)からパステル ターボ(4WD)の142万8000円まで。ディーバは126万円(FF)からディーバ ターボ スタイリッシュパッケージ(4WD)の168万円までとなっている。
内外装
好みで選べる3つの個性に
大幅に拡充され広く快適な室内空間
前述の通り、外観はシンプルかつ親しみやすいデザインをベースに、エレガントさが強調されたパステル、スタイリッシュかつスポーティなディーバと3つの個性が用意された。一方、内装も基本的なデザインこそ同様だが、ディーバにはブラック基調のインパネを採用するなど、キャラクターに合わせた差別化が図られている。
室内空間は、室内長2005×室内幅1295×室内高1315mmと従来モデルに対して室内高が30mm拡充され、十分なヘッドクリアランスを確保。さらに前後シートの距離が85mm広げられ、大人4人が快適に乗ることができ、加えて前席のヒップポイントを35mm高くすることで、良好な視界と乗り降りのしやすさが高められた。
装備面では、多彩なシートアレンジこそないもののコンビニフックや大型助手席トレイ、ドライバーズロアポケットなど、日常的に使いやすい収納を豊富に用意。また、軽自動車初となるバックモニター付オーディオが「C」を除く全車に標準装備された。さらに、さまざまな体格や衝突の状況に対応する運転席用i-SRSエアバッグシステム〈連続容量変化タイプ〉が採用されるなど、安全性の高さも見逃せない。
POINT
1洗練されたエアロが採用され
スポーティなディーバ
ホンダ ライフ ディーバ フロントスタイル|ニューモデル速報
2使い勝手と質感にこだわった
インテリアを採用
ホンダ ライフ インパネ|ニューモデル速報
3シート高を35mm高め
優れた前方視界を確保
ホンダ ライフ フロントシート|ニューモデル速報
4駐車をサポートする
バックモニター付オーディオ
ホンダ ライフ バックモニター付オーディオ|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレード   G     パステル  パステル ターボディーバ ターボ
駆動方式2WD(FF)4WD
トランスミッション4AT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×16103395×1475×1630
ホイールベース(mm)2420
車両重量(kg)810820840940
乗車定員(人)4
エンジン種類直3SOHC直3SOHC+ターボ
総排気量(cc)658
最高出力[kW(ps)rpm]38(52)/710047(64)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]60(6.1)/360093(9.5)/4000
10・15モード燃費(km/L)21.019.617.8
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/30レギュラー/31
車両本体価格(万円)103.425114.45130.2159.6
■発表日:平成20年11月6日 ■取り扱い:ホンダカーズ
クリックでタグの選択
最新ニュース
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
【試乗】ポルシェ 911 カレラ4S|高出力&ラグジュアリーに進む911に安定感をもたらす存在(2020/10/02)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
2
keep
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
3
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
4
keep
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
5
keep
【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化(2020/09/30)
6
keep
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
7
keep
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
8
up
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
9
keep
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
10
up
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027