新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 エルグランド ブラックレザーナビエディション/エスプレッソレザープレミアムセレクション/ブラックレザーアーバンセレクション 【特別仕様車】 / navi

クルマニュース

日産 エルグランド ブラックレザーナビエディション/エスプレッソレザープレミアムセレクション/ブラックレザーアーバンセレクション 【特別仕様車】 / navi

(2008/11/12)

専用本革シートやオットマンなど人気装備が施された特別仕様車が3種追加

  • BMW 3シリーズ|ニューモデル速報
  • BMW 3シリーズツーリング|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真左のブラックレザーナビエディション、写真右のエスプレッソレザープレミアムセレクションともに全4色が用意されている
プレミアムミニバンとして高い人気を誇る日産 エルグランドに、ブラックレザーナビエディション、エスプレッソレザープレミアムセレクション、ブラックレザーアーバンセレクションの3種類の特別仕様車が追加された。

まずはブラックレザーナビエディション。ベースは350および250ハイウェイスターで、カーウイングスナビゲーションシステムや専用本革・サプラーレシート、運転席パワーシート、セカンドオットマンなどを特別装備。加えて350ハイウェイスターには、ツインモニターシステム、アラウンドビューモニターも装着される。
一方、エスプレッソレザープレミアムセレクションは、350ハイウェイスターがベース。ブラックレザーナビエディションと同様の特別装備に加え、地デジチューナーや電動カーテン、ブラッククオーツ調パネルが与えられ、よりラグジュアリーなモデルに仕立てられている。
最後のブラックレザーアーバンセレクションは、オーテックジャパンによる特別仕様車で、ベースは350および250ハイウェイスター ブラックレザーナビエディション。専用装備として、地デジチューナーやフロントプロテクター、スポーツマフラー、クリアリアコンビランプ、専用エンブレムが装着され、ラグジュアリーかつスポーティなモデルが目指された。

価格は、250ハイウェイスター ブラックレザーナビエディションが39万2700円高で、FRが361万7250円、4WDが394万1700円。350ハイウェイスター ブラックレザーナビエディションは63万4200円高で、FRが406万8750円、4WDが439万3200円。
エスプレッソレザープレミアムセレクションは89万6700円高で、FRが433万1250円、4WDが465万5700円。ブラックレザーアーバンセレクションは250ハイウェイスターが36万150円高で、FRが397万7400円、4WDが430万1850円。350ハイウェイスターが21万円高で、FRが427万8750円、4WDが460万3200円。
グレード250ハイウェイスター
ブラックレザー
ナビエディション
350ハイウェイスター
エスプレッソレザー
プレミアムセレクション
350ハイウェイスター
ブラックレザー
アーバンセレクション
駆動方式2WD(FR)
トランスミッション5AT
全長×全幅×全高(mm)4835×1815×19104860×1815×1910
ホイールベース(mm)2950
車両重量(kg)205020602050
乗車定員(人)8
エンジン種類V6DOHC
総排気量(cc)24953498
最高出力[kW(ps)rpm]137(186)/6000177(240)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]232(23.7)/3200353(36.0)/3200
10・15モード燃費(km/L)8.68.2
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/76プレミアム/76
車両本体価格(万円)361.725433.125427.875
■発表日:平成20年11月10日 ■取り扱い:日産ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027