新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 キューブ 【ニューモデル速報】 【新型車】 / navi

クルマニュース

日産 キューブ 【ニューモデル速報】 【新型車】 / navi

(2008/11/19)

愛着のわく“ヒューマニック”なデザインに純化
ユニークかつ上質な室内はリラックスできる空間に

日産 キューブ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、新色クラフトダンボール、オーガニックオリーブ、アッシュブルーの3色を含む全10色と豊富に用意されている
コンセプト
ひと目で分かる独特のフォルムは健在
グローバルカーながら日本らしさを主張
左右非対称のスクエアなフォルムや、「My room」を掲げたインテリアの作りが、ターゲットとした若い世代だけでなく多くの人々に受け入れられ、高い人気を獲得した先代キューブ。新型はそれを現代風にアレンジするようなカタチでフルモデルチェンジが施された。新型はひと目でキューブと分かるスタイル、ゆったりと気持ちいいインテリア、気楽に使えて気楽に走れるという3点を目指し開発された。さらに新型キューブは、日本だけでなく新たに米国や欧州などの海外市場への投入も予定されている。
特徴であるシートはさらに厚みを増すなどソファに近づき、見た目はもちろん座り心地も柔らか。さらに開放感や満足度を高めるガラスルーフや、そのシェードには開閉の2パターンのほかに、調光パターンとなるSHOJIシェードが取り入れられるなど、日本らしさを主張する車が目指されている。
バリエーション
1.5L直4DOHCとCVTの組み合わせで
快適な走りと低燃費を両立
新型キューブのグレードは、「15S」「15X」「15X Vセレクション」「15G」のFFモデル4種に、駆動方式にe-4WDを採用する「15S FOUR」「15X FOUR」「15X FOUR Vセレクション」の3種を加えた全7種類。用意されるエンジンは、最高出力109ps、最大トルク15.1kg-mを発生する1.5L直4DOHCで、組み合わされるミッションはCVTのみ。燃費性能もCVTオイルウォーマーやアクティブシフトコントロールなどの採用により、10・15モード燃費でFF車が19.2km/L、e-4WD車でも16.4km/L。数値自体はFF車が旧型より0.2km/L劣るが、実走行での低燃費が実現されているという。
価格は15Sの144万9000円から15X FOUR Vセレクションの192万8850円まで。ちなみに内外装に専用アイテムが装着されたファクトリーカスタム「ライダー」がオーテックジャパンから発売。価格はFFが187万9500円、e-4WDが210万7350円。
内外装
愛着の沸くエクステリアに
波紋ディテールのインテリア
“ヒューマニック”なデザインが目指された新型キューブ。先代に比べ、全長3890×全幅1695×全高1650mmと全長+160mm、全幅+25mm、全高+10mm拡充され、ひと回り大きくなっている。が、四角くコンパクトなボディや非対称バックドアなどは踏襲され、新たに角を落としたサークル型サイドウインドウ「ピクチャーフレームウインドウ」が採用されるなど、シンプルかつクオリティの高いデザインが目指された。
一方、インテリアはラウンドされた局面で構成されたインストルメントパネルやソファシート、さらに波紋をモチーフとしたデザインが各所に採用され、リラックスできる空間が演出された。加えて、室内長1950×室内幅1395×室内高1275mmと先代より+80mm、+55mm、+10mmそれぞれ拡大され、十分な広さのヘッドルームやニールームが実現されている。
装備面では、直射日光を拡散することで室内をやさしい明るさで包むSHOJIシェード、バックモニターとセットでオプション装着可能なディスプレイ付CD一体AM/FMラジオなど、こだわりの装備が用意されている点も魅力だ。
POINT
1キューブらしさが漂う
非対称のバックドア
日産 キューブ リアスタイル|ニューモデル速報
2ラウンドカーブが施された
使い勝手の良いインストルメントパネル
日産 キューブ インストルメントパネル|ニューモデル速報
3ウェービングカーブで身体に
フィットするソファシート
日産 キューブ シート|ニューモデル速報
4直射日光を拡散させて
明るい室内を実現させるSHOJIシェード
日産 キューブ ユーティリティ|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレード15S15G15X FOUR Vセレクション
駆動方式2WD(FF)4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3890×1695×16503890×1695×16803890×1695×1660
ホイールベース(mm)2530
車両重量(kg)117012101270
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)1498
最高出力[kW(ps)rpm]80(109)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]148(15.1)/4400
10・15モード燃費(km/L)19.215.6
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/45
車両本体価格(万円)144.9191.1192.885
■発表日:平成20年11月19日 ■取り扱い:日産ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027