新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 フェアレディZ 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

日産 フェアレディZ 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2008/12/01)

ショートホイールベース化と軽量化が施され
走りの性能にさらなる磨きがかけられた新型登場

日産 フェアレディZ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは新色のブリリアントホワイトパールやプレミアムアルティメイトイエロー、プレミアムルマンブルーを含む全8色が用意されている
コンセプト
軽量化&ショートホイールベース化により
世界トップレベルの運動性能を実現
日本はもとよりアメリカを始め、世界中に熱烈なファンを持つフェアレディZ。GT-Rとともに日産のスポーツカーの代名詞的存在だが、6年振りにフルモデルチェンジが施され、新型へと大幅な進化を遂げた。
「全ては走りのために」をキーワードとする新型フェアレディZは、より運動性能を高めるためにショートホイールベース化と大幅な軽量化が実施されている点が特徴だ。ホイールベースは100mm短縮され、ハンドリンクの向上に貢献。一方、安全性の強化や装備の充実を図りながら、100kgの軽量化が図られ、結果的に従来モデルとほぼ同等の車重に抑えられている。その効果がパフォーマンスの向上に与える影響は大きいはずだ。この新型は“日本を代表するスポーツカー”という代名詞にふさわしいモデルに仕立てられている。
バリエーション
高性能エンジンと斬新なミッションのコンビで
優れたパフォーマンスを獲得
グレードは、ボトムを担うベーシック、ラグジュアリーな装備が奢られたバージョンT、スポーティに仕上げられたバージョンS、そしてバージョンTとSの魅力を兼ね備えたバージョンSTの4種。エンジンは排気量を3.7LにアップしたV6DOHCで、VVEL(バルブ作動角・リフト量連続可変システム)が採用され、最高出力336ps、最大トルク37.2kg-mを発揮する。
組み合わされるミッションは6MTと7ATの2種類。ベーシックとバージョンSTは両者から選択可能だが、バージョンTは7AT、バージョンSは6MTのみの設定だ。なお、この6MTにはシフトチェンジ時にエンジン回転数を最適な回転数に制御するシンクロレブコントロールが世界で初めて採用されている。
ちなみに環境性能もきちんと考慮され、全グレード「平成17年基準排出ガス50%低減レベル」の認定を受けている。また、コンビメーター内には瞬間燃費や平均燃費などが表示される燃費表示機能も備わる。
価格は、ベーシックの6MTが362万2500円、7ATが372万7500円、バージョンTが399万円、バージョンSが409万5000円、バージョンSTの6MTが435万7500円、7ATが446万2500円。
内外装
内外装ともに“Z”らしさを残しつつ
“走る”気持ちを高めるデザインを採用
外装は基本的に先代のイメージが踏襲されているが、ブーメランモーションが採用されたヘッドランプとリアコンビネーションランプが全体のイメージを引き締め、新型であることを主張。また100mmのショートホイールベース化でドアの後ろが短縮されたほか、軽量化のためエンジンフードやドア、リアハッチゲートにアルミ合金が使用された。
一方、内装も三連サブメーターなど、フェアレディZらしさを継承しつつセンタークラスターパネルにダブルステッチが施された新合成皮革「ソフィレス」が採用されるなど、上質感の向上が図られている。加えてメーターパネルにはドライブコンピュータやウォーニング、メンテナンス情報表示機能を備えたマルチディスプレイが配され、機能性も高められた。さらにエンジンスイッチを押すと、速度計や回転計、三連サブメーターの針が振り切れるという、いかにもスポーツカーらしい演出が用意されている点も嬉しい。
POINT
1書道のとめ、はね、はらい的役割を
担うブーメランモーション
日産 フェアレディZ ヘッドライト|ニューモデル速報
2上質感とスポーティさを併せ持つ
一体感が追求されたコックピット
日産 フェアレディZ インパネ|ニューモデル速報
3肩部にワイヤーフレームを追加
優れたホールド性を実現
日産 フェアレディZ シート|ニューモデル速報
4VVELが採用された新世代エンジン
優れた性能と低燃費を両立
日産 フェアレディZ エンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードフェアレディZバージョンTバージョンSバージョンST
駆動方式2WD(FR)
トランスミッション7AT6MT7AT
全長×全幅×全高(mm)4250×1845×1315
ホイールベース(mm)2550
車両重量(kg)1490151015001530
乗車定員(人)2
エンジン種類V6DOHC
総排気量(cc)3696
最高出力[kW(ps)rpm]247(336)/7000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]365(37.2)/5200
10・15モード燃費(km/L)9.89.4
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/72
車両本体価格(万円)372.75399.0409.5446.25
■発表日:平成20年12月1日 ■取り扱い:日産ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027