新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱 ギャランフォルティス スポーツバック 【追加モデル】 / navi

クルマニュース

三菱 ギャランフォルティス スポーツバック 【追加モデル】 / navi

(2008/12/03)

優れた走行性能はそのままにハッチバックとしたスポーツバックを追加

  • 三菱 ギャランフォルティス スポーツバック|ニューモデル速報
  • 三菱 ギャランフォルティス スポーツバック インパネ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、写真の専用色パッションオレンジパール(有料色)を含む全7色が用意されている
“グローバル基準のスポーティセダン”をコンセプトに開発されたギャランフォルティスの走りの良さはそのままに、ハッチバックボディをまとったモデル、スポーツバックが追加された。

用意されるグレードは、ベーシックの「ツーリング」、充実した装備が与えられた「スポーツ」、ハイパフォーマンスモデルの「ラリーアート」の3モデル。エンジンは、2L直4DOHC(154ps/20.2kg-m)と2L直4DOHCターボ(240ps/35.0kg-m)の2種類。前者はツーリングおよびスポーツに搭載され、組み合わされるミッションは6速CVT、2WDと4WDを選択できる。後者のターボエンジンはラリーアート用で、ミッションはTwin-Clutch-SST、駆動方式は4WDのみ。
フロントマスクは、ギャランフォルティスのスポーティグレード「ラリーアート」のデザインを採用。新デザインとなるサイドからリアにかけては、クーペのようなボディラインが採用され、流麗なスタイリングの実現が目指された。
インテリアはギャランフォルティスの雰囲気が踏襲されるが、全グレード、内装色がブラック基調となり、スポーティな印象に。また、スポーツには視認性に優れたハイコントラストメーターや本革巻きステアリング&シフトノブが、ラリーアートには専用メーターやシート生地、アルミ製アクセル&ブレーキペダルなどが装着されている。
ラゲージルームは、簡単なレバー操作でスペースの拡充が図れるワンタッチフォールディングシートや2段階高さ調整カーゴフロア(ラリーアートを除く)などが採用され、容量もクラス最大級の345L(VDA法)が確保されるなど、ハッチバックらしく使い勝手に優れている。

価格は、ツーリングの2WDが192万1500円、4WDが213万1500円。スポーツは2WDが216万3000円、4WDが237万3000円。ラリーアートは301万3500円。
グレードツーリングスポーツラリーアート
駆動方式2WD(FF)4WD
トランスミッション6速CVTTC-SST
全長×全幅×全高(mm)4585×1760×1515
ホイールベース(mm)2635
車両重量(kg)138014801580
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1998
最高出力[kW(ps)rpm]113(154)/6000177(240)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]198(20.2)/4250343(35.0)/3000
10・15モード燃費(km/L)13.413.010.2
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/59レギュラー/55プレミアム/55
車両本体価格(万円)192.15237.3301.35
■発表日:平成20年12月2日 ■取り扱い:三菱モータース
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027