新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フィアット アバルト グランデプント 【追加モデル】 / navi

クルマニュース

フィアット アバルト グランデプント 【追加モデル】 / navi

(2008/12/22)

スポーティなチューニングと装備が奢られたアバルト版グランデプント

フィアット アバルト グランデプント|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真の専用カラー、ビアンコ1色のみの設定となっている
フィアット車のチューニングで有名なアバルトが手掛けたモデル、アバルト グランデプントがラインナップに追加された。

搭載されるエンジンは1.4L直4DOHCターボで、組み合わされるミッションは6MTのみ。最高出力155ps、最大トルク20.5kg-m(スポーツブースト機能時23.5kg-m)を発揮し、強化されたブレーキはフロントにブレンボ製4ポッドキャリパーを装着。また、サスペンションにも手が加えられ、グランデプントに対してフロントスプリングのレートが20%高められている。
外観では専用デザインのフロントバンパーや17インチアルミホイール、レッドドアミラー、ブラックルーフスポイラーなどが奢られ、エアインテークの開口面積が拡大されるなど、アバルトであることを主張。また、グランデプントと比べフロント5mm、リア10mmトレッドが拡大されている。
一方内装は、スポーティなデザインのインパネや、ブラックレザー&レッドステッチのコンビとなるステアリングとシフトレバーを装着。シートはビルトインタイプのヘッドレストが採用され、ランバーサポートはもちろん大腿部までしっかりとホールドしてくれるスポーツシートになるなど、アバルト流チューニングが施されている。

価格はグランデプントの上級グレード、1.4デュアロジック テラに対し、37万円高の270万円となる。
グレードアバルト グランデプント
駆動方式2WD(FF)
トランスミッション6MT
全長×全幅×全高(mm)4060×1725×1480
ホイールベース(mm)2510
車両重量(kg)1240
乗車定員(人)4
エンジン種類直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1368
最高出力[kW(ps)rpm]114(155)/5500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]201(20.5)/5000
10・15モード燃費(km/L)
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/45
車両本体価格(万円)270.0
■発表日:平成20年12月17日 ■取り扱い:アバルト正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 BMW 8シリーズ│現時点で最高のグランツーリスモだ!(2019/06/20)
【試乗】フィアット 500X|ファッション性だけじゃない! 街中をキビキビと走る“フィアットらしさ”が増したモデルだ(2019/06/18)
【試乗】ジャガー Iペイス│かっ飛びプレミアムEV、これこそ現代の“韋駄天”だ!(2019/06/14)
【試乗】ボルボ XC90|絶景に似合うプレミアムSUV「XC90」試乗散歩 in 山形(2019/06/08)
【試乗】BMW Z4│オープンであることすら忘れさせる剛性の高い本格スポーツカー(2019/05/27)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV(2019/05/12)
2
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
3
down
【試乗】新型日産 デイズ|軽の進化が止まらない!一気に進化したデイズをテストコースで全開試乗!(2019/05/18)
4
keep
【試乗】トヨタ サクシードバン ハイブリッド|働く車、商用車をワインディングで試す!(2019/05/01)
5
up
【試乗】新型 スズキ スペーシアギア|デザインだけじゃなく走りもちゃんと力強いアクティブな軽自動車(2019/03/27)
6
down
【試乗】新型 トヨタ マークX “GRMN”|2019年モデルは限定350台! 国産最高峰のFR 4ドアスポーツセダンだ!(2019/02/22)
7
keep
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
8
keep
【試乗】新型 三菱 デリカD:5│悪路だけと思うなよ! 意外にもデリカD:5は峠最速ミニバンだった!?(2019/05/19)
9
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
10
up
【試乗】ジャガー Iペイス│かっ飛びプレミアムEV、これこそ現代の“韋駄天”だ!(2019/06/14)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027