新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ パッソセッテ/ダイハツ ブーンルミナス 【新型車】 / navi

クルマニュース

トヨタ パッソセッテ/ダイハツ ブーンルミナス 【新型車】 / navi

(2008/12/26)

コンパクトなボディながら7人がしっかり乗れ
臨機応変に使い分けられる7シーターコンパクト

ダイハツ ブーンルミナス|ニューモデル速報
↑ブーンルミナスに用意されるボディカラーは、写真のアクアマイカメタリックを含む全9色。トヨタへOEM供給されるパッソセッテも全9色となる
コンセプト
5ナンバー枠に収まるコンパクトボディに
7人乗り3列シートを搭載
ムーブなど、ハイト系軽自動車からのステップアップに応えるモデルとして企画されたモデルがブーンルミナス。全長4180×全幅1695×全高1620mmというコンパクトなボディながら3列シートを備え、7人が問題なく乗車できる車が目指された。
そのコンセプトは、気軽に使える7人乗り3列シートモデルの必要性を感じていたトヨタのニーズとも合致し、バッチ以外ほとんど変わらない兄弟車パッソセッテとして導入される。
ブーンルミナスでみると、ブーンに対して全長+580mm、全幅+30mm、ホイールベース+310mmとひと回り大きくなっているもののワンモーションフォルムが採用され、シンプルかつスタイリッシュなデザインによりサイズアップを感じさせない。また大開口リアドアを採用し、3列目シートからの乗り降りのしやすさを確保するなど、機能的で使いやすいモデルに仕上げられている。
バリエーション
1.5L直4+4ATのシンプルな構成
スポーティな装いのモデルも用意
ブーンルミナスのグレードはCL、CX、CXエアロの3種で、CXとCXエアロには4WDも用意される。一方パッソセッテはX、G、Sの3種で、全モデルに4WDが用意されている点と装備を厳選したCパッケージがGとSに設定されている点が異なる。
搭載されるエンジンは、両モデルとも最高出力109ps/最大トルク14.4kg-mを発揮する1.5L直4DOHCで、トランスミッションは4ATが組み合わされる。そのためCVT搭載車などと比べると燃費の面では多少辛く、10・15モード燃費は15.6km/L(2WD)となっている。
価格は、ブーンルミナスがCLの153万5000円からCXエアロ(4WD)の207万3000円まで。パッソセッテはX(2WD)の149万円からS(4WD)の203万3000円まで。ちなみにパッソセッテがオーディオレス仕様となるなど、標準装備の違いにより価格差が生じている。
内外装
7人が乗れる広さはもちろん
簡単操作のシートアレンジなど使い勝手も良好
外観はワンモーションフォルムが採用され、すっきりとした印象ながら個性的なリアコンビネーションランプを組み合わせることでスタイリッシュさを演出。一方内装は、2眼センターメーターやインパネシフトにより優れた操作性を実現しつつ左右への広がりを強調するデザインが目指された。
居住空間は、5ナンバー枠のコンパクトなボディながらロングホイールベースにより、室内長×室内幅×室内高は2550×1415×1310mmとビッグサイズ。さらにリアドア開口幅が最大935mmと広く、3列目シートへのアクセスも良好だ。また、シートアレンジはレバーを操作して背もたれを倒すだけの簡単操作で、2・3列目シートを倒せばフラットで広いラゲージスペースを確保することができる。
装備面ではUVカット機能付IRカットガラスや花粉除去モード付オートエアコンなど、女性に嬉しい快適装備が採用され、収納スペースも運転席アッパーボックスや助手席シートバックマルチポケット、インパネセンターロアトレイなど、室内各所に豊富に用意されている。
POINT
1フロントおよびリアのバッジ以外
共通デザインのパッソセッテ
トヨタ パッソセッテ フロントスタイル|ニューモデル速報
2運転者寄りにレイアウトされ
操作性に優れたセンタークラスター
ダイハツ ブーンルミナス インパネ|ニューモデル速報
3床を低くすることで大人でも
自然な姿勢で座れるサードシート
ダイハツ ブーンルミナス 2列目&3列目シート|ニューモデル速報
4最大奥行き1810mmを実現した
フラットなラゲージルーム
ダイハツ ブーンルミナス ラゲージ|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードパッソセッテ Gパッソセッテ Xブーンルミナス
CX
ブーンルミナス
CXエアロ
駆動方式2WD(FF)4WD2WD(FF)
トランスミッション4AT
全長×全幅×全高(mm)4180×1695×16204195×1695×1620
ホイールベース(mm)2550
車両重量(kg)119012301190
乗車定員(人)7
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)1495
最高出力[kW(ps)rpm]80(109)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]141(14.4)/4400
10・15モード燃費(km/L)15.614.615.6
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/42
車両本体価格(万円)173.5165.8173.5188.0
■発表日:平成20年12月25日 ■取り扱い:パッソセッテ カローラ店/ブーンルミナス ダイハツ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027